2015-03-24

星川 らぁめん直

平成27年3月24日(火) 19:23訪問。
らぁめん700円を食す。

先週末に来たばかりだが、事情があって再訪問した。孤独に夜食の男性諸氏が3名ほどいらっしゃった。
s-DSC04847.jpg

先週はなかったのだが、店のFacebookによると、日曜日から始めたようで麺が2種類になった。標準は細麺の卵麺だが、卵なしの太麺も選べる。太麺は卵麺よりモチモチ感があるそうだ。こういうのに、いつも迷うんだよな。食券を渡す直前まで迷っていたが、やはり、卵麺だな。
s-DSC04831.jpg

そして、これは先回少し後悔したので、忘れずに伝えた。「煮干し強めでお願いします」。
s-DSC04832.jpg

先回と同じく店主ひとりで切り盛りしている。俺の前の客のラーメンがすべて提供されているので、あまり待たずに出てきた。
s-DSC04833.jpg

ああ、やはりこの方が俺の好みだ。煮干しは、少し強めに前面に出ているが、ちょうどよいバランス感で、醤油のとがった部分も前ほど気にならない。標準がやさしすぎた印象なので、このくらいの煮干し感で、俺にはちょうどよく感じられた。
s-DSC04834.jpg

麺もスープに合っていると思うが、太麺はどうなのかな。
s-DSC04838.jpg

2種類のチャーシューは、どちらもやや硬めの食感なのだが、こちらはやや癖のある味わいだった。今日は意識していたので、余計そう感じられたのもしれない。
s-DSC04842.jpg

こっちは少し硬さはあるが、癖のない肉の味わいだった。
s-DSC04841.jpg

おっ、煮干しの破片を発見。確かに後半は、意識すると煮干しのうま味が重奏的に伝わってきた。
s-DSC04844.jpg

バランスのいい一杯。今日も完食。ごちそうさま。
s-DSC04845_2015032421394289e.jpg

俺が食い終わったら、誰も客がいなくなったので、店主と少し話をした。見かけどおりに実直そうな人柄だった。ぜひがんばってほしい。さらにラーメンをもっともっと進化させてほしい。ちなみに、事情というのは忘れ物。そういう事情がなくても、また寄ろうかな。限定もおもしろそうだし。帰りに、「またお待ちしてます」と言われた。
s-DSC04848.jpg

【住所】  横浜市保土ヶ谷区和田1-1-19
【電話】  080-9981-6953
【営業時間】11:00~14:00 17:00~20:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:相模鉄道星川駅から徒歩10分。北側改札を出て、左方向に降りる。駅を背に川を渡り、突き当りの道路を左方向に進み、道路を渡って、帷子川を左に見ながら川沿いに進む。少し進んで、右に入る細道を進み、国道16号線に突き当たり、左折し進んだ国道16号線沿い。
     
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター7席
【メニュー】らぁめん並700円 らぁめん大800円
      味玉らぁめん並800円 肉玉らぁめん並900円
      海老ワンタンらぁめん並900円 特製らぁめん並1,000円
      ちゃあしゅう丼300円
      マッシュルーム塩らぁめん限定10食800円
【店舗web】facebookhttps://www.facebook.com/pages/%E3%82%89%E3%81%81%E3%82%81%E3%82%93%E7%9B%B4/567481143397136
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-03-21

星川 らぁめん直

平成27年3月21日(土) 13:28訪問。
らぁめん700円を食す。

今日は外出先に直行直帰だ。たまには相鉄線沿線で途中下車もいいかなと思い立って、星川で下車した。ねらいは、昨年7月に開店したこの店だ。
s-DSC04817.jpg

16号線沿いに歩いていくと、ラーメンの幟が見えてきた。鶏と煮干し出汁であっさりと旨い「本気のらぁめん」だそうだ。店内に入ると、L字型カウンターがあり、先客は1名。厨房は、カウンター内ではなく、さらに奥にあるようだ。

まずは、食券自販機で、食券を買うのだが、らぁめん以外は並盛の値段で大盛にできるようだ。迷ったが、味玉も最初から半分入っているようなので、ここはやはり、基本のらぁめんにしておこう。
s-DSC04802.jpg

若い男性店員に食券を渡すと、奥に入って調理を開始した。この店員が店主のようだが、実直そうな印象だ。いろいろ見ていると、奥にテーブル席があるようだ。しかし、店主ひとりで営業しているようで、テーブル席までは手が回らないためか、仕切られていて、暗くなっていた。

壁には、煮干し味をより強くできるとの、貼り紙があった。こういう要望もあるのかな。煮干しは好きなので、少し迷ったが、初訪問なので、まずは店が標準で提供するラーメンを味わうべし。だな。
s-DSC04816.jpg

タレをドンブリに入れて、何やらぐるぐるとかき混ぜていた。そうこうしているうちに、タイマーが鳴って、ラーメンができあがった。いただきます。
s-DSC04804.jpg

シンプルな外見は、いたって普通のラーメンにみえる。これで、海苔とナルトをのせると、中華そばの外見になりそうだ。
s-DSC04805.jpg

スープは鶏と煮干しだそうだが、どちらもとがりすぎないバランスのいい仕上がりになっている。確かに煮干し好きには、煮干しの味わいを意識しづらいので、物足りないと感じるかもしれない。それはよいとして、醤油ダレのせいなのか、最初の印象は、やや癖があるように感じた。
s-DSC04808.jpg

黄色いがかったストレート細麺は、癖がなく表面がつるっとしていて、啜り心地がいい。
s-DSC04811.jpg

小さ目のチャーシューが2枚のっていたが、これは好きになれなかった。硬くはないのだが、味付けというより、肉自身が癖のある味に感じた。
s-DSC04813.jpg

半分のっている玉子は、スープをすっており、味わいもスープなりといったところだ。
s-DSC04814.jpg

全体的に控え目なスープのため、あっさりとした印象で、量もさほど多くないので、ぺろりと完食。ごちそうさま。
s-DSC04815.jpg

食い終えて、悪いところはまったくないのだが、やはり煮干しを強めにしてもらえばよかったかなと思った。俺が食っている間に3人の客が入ってきた。いずれもランチサービスで麺大盛にしていた。俺の青いドンブリとは違って、大盛りは赤いドンブリで提供されるようだった。
s-DSC04818.jpg

【住所】  横浜市保土ヶ谷区和田1-1-19
【電話】  080-9981-6953
【営業時間】11:00~14:00 17:00~20:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:相模鉄道星川駅から徒歩10分。北側改札を出て、左方向に降りる。駅を背に川を渡り、突き当りの道路を左方向に進み、道路を渡って、帷子川を左に見ながら川沿いに進む。少し進んで、左に入る細道を進み、国道16号線に突き当たり、左折し進んだ国道16号線沿い。      
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター7席
【メニュー】らぁめん並700円 らぁめん大800円
      味玉らぁめん並800円 肉玉らぁめん並900円
      海老ワンタンらぁめん並900円 特製らぁめん並1,000円
      ちゃあしゅう丼300円
      マッシュルーム塩らぁめん限定10食800円
【店舗web】facebook https://www.facebook.com/pages/%E3%82%89%E3%81%81%E3%82%81%E3%82%93%E7%9B%B4/567481143397136 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-05-26

星川 麺や神音 

平成26年5月26日(月) 18:08訪問。
塩玉子らぁめん780円を食す。

今日も仕事で外出。しかし、ランチタイムを逃して、仕事を終えてからの昼食。めずらしく相鉄線利用だったので、特急(だった思う)が停まる星川で途中下車。駅から少し離れたこの店に入った。
s-DSC00918_20140527000102ef7.jpg

しかし、実のところ、最初にめざしたのはこの店。いちゆふ。
s-DSC00917.jpg

17時から開店のはずなのだが、どうも営業していないようだ。隙間から店内を覗いたが、営業気配なし。河岸を変えざるをえない。仕方なく駅の反対側に移動。
s-DSC00916_20140527000106425.jpg

この店舗は、たびたび変わるのだが、倒れたとみたら新たな挑戦者がわいてくる。その中でも、この店は頑張っているようだ。国道に面しているで、かなり派手な外観で目立っている。中は意外に地味。表にあるメニューには、いろいろなラーメンがメリハリなく書かれているので、迷う。
s-DSC00938_20140528234435f92.jpg

店内に入ると、入口に食券自販機が置かれており、ゆっくり思考する間もないので、おすすめと書かれた塩とんこつにしてみた。先客はゼロ。お好きな席にどうぞ、ということなので、ひとり客だけど、テーブルに座った。食券を渡すと、麺の細さの選択。細麺と太麺から選ぶが、ひとりしかいない男性店員に、「ちなみにおすすめはどちら?」かを尋ねると、ためらわずに、「細麺です」とのこと。うーん、客が知りたいのはそういうことなんだよね。細麺がおすすめですが、お好みにより太麺もあるって、書くか、もしくは自信があるなら、最初から細麺でいいじゃないか。選択肢が多いことは、必ずしも親切ではない。
s-DSC00922_201405282344373f0.jpg

店内は半分はカウンター、半分がテーブル。最初から調理人とホール係りを分けないことを前提とした造作のようだ。
s-DSC00936_20140531233126298.jpg

テーブルの上には小ぶりな調味料。
s-DSC00932_201405312331225c8.jpg

さすがに早い。約3分で到着。サラダ菜を引いた上に具材をトッピング。なかなか斬新で色合いもいい。
s-DSC00923_20140529233423f4c.jpg

そこで、店員の一言、「替玉とか、あったら言ってくださいね」。ああ、なるほど。替玉があるんだ。しかも現金OK。食う前に教えてくれるのは、ありがたい。
s-DSC00935_201405312257015c0.jpg

スープは、どちらかといえばライトな豚骨だが、油分が多いいので、こってり感はしっかりある。
s-DSC00927_20140529233426f72.jpg

麺は細いストレート。ぼそっとした感じはないが、まあままスープにはあっているかな。
s-DSC00928_201405292334273d0.jpg

中央に盛られた玉ねぎのみじん切りと鶏ひき肉がスープの印象を少しずつ変えるしくみ。
s-DSC00931.jpg

大き目なチャーシュー。厚みがあり、しかも大き目。柔らかくて、味付けもグッド。
s-DSC00934.jpg

スープは少し残した。コクはあるけど、さらっといける一杯。たまには、こういうのもいいかも。
s-DSC00937_20140531234807ca4.jpg

国道に面した立地。黄色と黒の目立つ外観。
s-DSC00940_20140531234809906.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横浜市保土ケ谷区峰岡町2-113-2
【電話】  045-340-0520
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:相模鉄道星川駅から徒歩10分強。改札を出て右方向に降りる。駅を背に川を渡り、そのまま進んで、国道16号線を渡った左側。      
【駐車場】 1台
【席数】  カウンター10席 テーブル席4人×3
【メニュー】特 神音らぁめん(塩or醤油)980円
      塩とんこつらぁめん680円 塩チャーシューましまし麺1,000円
      塩キャベツらぁめん830円 塩玉子らぁめん780円     
      醤油とんこつらぁめん680円 醤油チャーシューましまし麺1,000円
      醤油キャベツらぁめん830円 醤油玉子らぁめん780円  
      炙り味噌らぁめん750円
      ふんわり溶き玉子のせ坦々麺750円
      伝説の超極太まぜそば880円
      つけ麺2014ver.(塩or醤油)780円
      麺中盛100円
      ◇土日限定 鶏ガラ 極み 塩らぁめん680円
              鶏ガラ BLACK 醤油らぁめん680円
      ◇トッピング
       炙りチャーシュー320円 玉子100円
       のり(7枚)100円 キャベツ150円
       ほうれん草150円 辛ねぎ200円
      麺替玉100円
      半ライス110円 たまごかけご飯150円 
      チャーシュー丼250円 マヨチャーシュー丼320円
      鶏そぼろ丼350円 半炒飯320円
      焼餃子(6ケ)320円 焼餃子(10ケ)500円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-09-26

天王町 つけめん桜の如く

平成25年9月26日(木) 13:10訪問。
味玉つけめん900円を食す。

DSC04469.jpg


真田太平記DVD。関ヶ原で西軍が負けた。「秀忠軍3万8千、上田に引きつけて遅らせたというのに、なぜじゃ」と、真田昌幸。なぜ?が多い関ヶ原の戦事情。
今日は、からっと晴れ上がった気持ちのいい秋日和。仕事の途中で、天王町駅前のつけめん店を初訪問。6月に開店した店だ。入口に食券自販機。麺の量はわからないが、小とか大盛り、特盛は別になっている。小があるって事は、標準で結構量が多いのかも。後で調べたら、300グラムだそうな。


13時を過ぎて、先客は2名。すぐ近くの客が、こっちに汁が飛び散るのではないかと気になるほど、豪快に麺を啜っていた。客が少ないせいもあって、店主らしき男性店員は余裕がある働きぶりだ。茹で時間がかかるとの注意書きがあったが、約8分で到着。
DSC04451.jpg


麺はきれいに整えられていて、食いやすい。麺だけ食ってみたが、しっかりとした印象。つるつるとした食感がいい感じだ。弾力もあってうまい。
DSC04452.jpg


つけスープは、豚骨などの動物系と魚介系が合わさったもので、混沌したうま味のバランスはなかなか。
DSC04453.jpg


太めの麺との相性はグッド。
DSC04455.jpg


具材は、チャーシューにこだわっているみたいで、豚バラ肉チャーシューと豚バラ軟骨チャーシューの2種類を入れているそうだ。いずれも角切り状態。チャーシューはこんな感じ。
DSC04456.jpg


軟骨チャーシューはこんな感じ。俺はあまり好みではない。
DSC04460.jpg


メンマは普通かな。
DSC04457.jpg


卓上は、酢やにんにくも。
DSC04450.jpg


気になったのは魚粉。
DSC04458.jpg


入れた。入れすぎたかな。少し後悔した。
DSC04459.jpg


味玉。これはいい味付けだった。
DSC04461.jpg


スープ割りは、最初からポットに置いてある。
DSC04464.jpg


入れた。
DSC04465.jpg


魚粉をやや入れすぎたかもしれないが、よい具合の味加減になった。
DSC04466.jpg


熱々でないのが、残念だが、うまし。ほぼ完食。
DSC04467.jpg


濃厚な魚介と動物系出汁のスープと麺のバランスはよく、いい意味で想像どおりの味であった。これなら、基本で800円でも高くない、と思えるかは、人ぞれぞれ。それにしても、BGMがひたすら演歌というのは、俺にはつらかった。食い終わったら、さっさと退散した。
DSC04472.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。


【住所】  横浜市保土ケ谷区岩間町1-6-4 1F
【電話】  045-332-1211
【営業時間】(月~金)11:00~15:00 18:00~22:00
      (土・祝)11:00~21:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:相模鉄道天王町駅徒歩1分くらい。駅を出て横断歩道を渡り、すぐ右折。すぐ先の路地を左折。少し行った左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席 テーブル4席

【メニュー】つけめん800円 あつもり800円
 中華そば750円
      小つけめん(味玉付き)800円 小あつもり(味玉付き)800円
 小中華そば(味玉付き)750円
辛つけ900円 辛あつ900円 辛中華そば850円
      大盛(1.5倍)100円 特盛(2倍)200円
      全部のせ特製つけめん1,000円 全部のせ特製あつもり1,000円
      全部のせ特製中華そば1,000円
      赤城盛りつけめん1,400円 赤城盛りあつもり1,400円
      赤城盛り中華そば1,300円
      ◇あとのせ
      半チャーシュー150円 チャーシュー300円
      辛味100円 味玉100円 青菜100円
      メンマ100円 ねぎ増し100円 のり(小6枚)100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-06-25

鶴ヶ峰 せんだい

ラーメン並盛680円+味付け玉子100円
DSC03856.jpg



なかなか、訪れる機会のなかった店。昼時に何度かクルマで通りかかったが、近くのコインパーキングがいっぱいだったり、そもそも店の裏に駐車場があるのも知らなかったり、で躊躇していた。いつかと、いいながら調査不足だったが、今回は、きちんと営業時間や駐車場も確認しての訪問。昼抜きで17時半頃に現着。さすがに空いている。店の裏の駐車場に駐めて入店。

先客は1名。最新式みたいな喋る食券自販機が設置されている。ボタンではなく、液晶パネルにタッチする方式。お好みも自販機のメニューで指定できる。でも、面倒でも、そのくらいのコミュニケーションは客と店員とで直接交わした方が、いいとは思うが。俺は面倒なので、この好みの選択は無視した。水はセルフサービス。水を汲んで、入口に近いカウンター席に腰をおろした。


厨房内は若そうな男性店員が1名。なかなか感じがいい。深ざるにて麺茹で開始。その間にキャベツを切って、仕込み中。しばらく待つと、慣れた手つきで調理して出来上がり。臭みはまったくない。キャベツも追加しとけばよかったかな。スープは、油でごまかすことなく、純粋に豚骨のうまみがする。スープの管理がきちんとしているようで、俺がぼんやり見ている限りでは、寸胴を定期的にかき混ぜていた。このスープが秀逸。こうしたいわゆる家系的な豚骨醤油では、どこかブレがあって邪気のあるスープが多く、何か違うよな、という印象が多いが、この店は、なるほど、うならせる。癖がなく、コクがあり、濃厚なのにしつこさをかんじさせない。
DSC03857.jpg



そして、スープもよかったが、麺もとても感心した。太さこそ一定だが、何ともいえないアンバランスな方向性で、鋭角に折れ曲がる麺。平打ちみたいな麺のぷりっとした押し出し感がいい。
DSC03863.jpg




具材はまったく家系っぽく、ホウレン草やのりやチャーシューなのだが、どれも悪くない。ホウレン草はわりと多め。冷凍にありがちなくたっと疲れた感じはない。
DSC03859.jpg


厚めのチャーシューは、見た目以上に柔らかく、箸でくずれる。チャーシューのうま味をしっかり感じられる。
DSC03860.jpg



ちょっと味の変化を求めて、ブラックペッパーをふってみた。これもよくあう。スープの基礎体力は十分だ。
DSC03861.jpg



追加した味玉は半熟具合もいいが、ショウガっぽい味つけが冴えていた。
DSC03864.jpg




家系っぽい具材だが、家系とんこつ醤油とはひと味違う、純粋なスープと屈折麺が、とかくなれ合い的な印象が多いこれらのラーメンの常識を覆すよい刺激に満ちた一杯。
DSC03866.jpg
これは満足度高い。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。


【住所】  横浜市保土ケ谷区川島町1496
【電話】  045-383-8008
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:環状2号線を新横浜方面に向かい、環2市沢上町交差点を左折。道なりにしばらく進み、つきあたりを左折した左側。
【駐車場】 店の裏に5台くらい、近隣のコインパーキング3台分。店の入口に掲示。
【席数】  カウンター10席

【メニュー】ラーメン並盛680円 中盛780円 大盛880円
      味は4種類から選ぶ
      とんこつ醤油 とんこつ味噌
      とんこつ唐辛子味噌 とんこつ塩
      ◇トッピング
       ダブルチャーシュー360円 チャーシュー180円
       ねぎ100円 のり100円 メンマ100円
       コーン100円 もやし100円 きゃべつ100円
       きくらげ100円 味付き半熟玉子100円 
      ライス150円 小ライス100円

【ホームページ】http://www.ramen-sendai.jp/



theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター