--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-09

鴨宮 小田原らーめん いしとみ

平成29年5月9日(火) 13:44訪問
ワンタンメン900円を食す。

「今度、(飲みに)行こうぜ」とつい軽く言っても、ほとんど果たされない約束。同じようにいつか行こうと思っている店ほど、なかなか足を運べないものだ。ということで、今日は出張の足を少しのばして、この店にやってきた。小田原系の名店、いしとみ。
s-DSC01742_20170621233808a53.jpg

こんな時間でも、しっかりと先客がいる。しかも食っている間もぽつりぽつりと客がやってくる。さすがの人気店。引き戸を引いて、店内に入ると手慣れた感じの女性店員と厨房にはこれも手慣れた感のある調理担当の男性店員の2人体制。この後の仕事もあるので、軽めにワンタンメンを口頭で発注。

麺茹では、大きな鍋に麺を直接泳がせて、湯切りは平ざるで行う。昔はみんなこうだったんだけど、最近はほとんどがいわゆるデポで湯切りなので、かえって新鮮に映る。手際よく仕上げて、カウンターにのせられた。写りは悪いけど、カウンターの使いこんだ具合が歴史をかんじさせる。
s-DSC01733_20170622231334ec7.jpg

麺が見えないたっぷりのスープにもやし、のり、三つ葉、にメンマ、そして刻みネギ。
s-DSC01734_20170621233810335.jpg

では、濃い色のスープからいただくことにする。表面の油を混ぜながら、口に運ぶ。久しぶりに味わう小田原系。出しゃばらないけど、しっかり存在感のある豚骨のスープに独特の醤油味がたまらない。とがりすぎず、かといって小田原系の代表選手として、決して控え目すぎることもなく、老成されたバランス感がたまらない。
s-DSC01735_20170621233811982.jpg

そして、この麺。この縮れがたまらない。これは、よく茹でたほうがいい具合だ。だから、麺固めでなどと発注してはいけない。あくまで、店の嗜好に合わせるべきだ。
s-DSC01736_20170621233812f45.jpg

チャーシューも黒ずんでいるが、このスープと相性がとてもいい味付け。というより、チャーシューの煮汁をタレにしているかのようだ。ややパサパサ感はあるが、それもまたこのラーメンに合っている。
s-DSC01737_20170621233814606.jpg

そして、小田原系といえば、このワンタン。たっぷりの餡に大きい皮のぷにっとした感触がたまらない。ショウガ風味の中身もおいしくって、ボリュームもたっぷり。麺をすすり、スープを飲み、タイミングを見計らってこのワンタンを食うときが至福の瞬間だ。
s-DSC01738.jpg

濃い色合いのメンマは、色と同じくやや濃い目の味付け。でもうまい。
s-DSC01739.jpg

次の仕事が控えていることもあり、あまりゆっくりもできずなかったので、残念ながらスープは残した。
s-DSC01740.jpg

でも、この時間でも、いやこの時間だからか、腹ペコさんはいるもので、フルスペックのチャーシューワンタンメンの大盛りの客もいた。

久しぶりの小田原ラーメンだったが、今日は本当にラッキー。すっきりとして、コクのあるスープに独特の縮れ麺。そして、餃子を想わせるワンタンにチャーシュー。値千金の役者ぞろいの小田原ラーメン。
ごちそうさまでした。
s-DSC01741_20170622232549b1c.jpg

【住所】   小田原市酒匂1-23-31
【電話】   0465-47-2783
【営業時間】 11:30~20:00頃
【定休日】  水曜日
【アクセス】 電車で:JR東海道線鴨宮駅より徒歩15分くらい。改札を出て南口に出る。階段を下りたら、左に進む。線路と平行するように走るバス通りを左に進み四叉路を右に進む。少し進んで西湘高校入口交差点を左折して少し進んだ左側。
【駐車場】  南側の月極駐車場に3台、北側に約50m離れて4台

【席数】   カウンター15席

【メニュー】ラーメン700円 支那竹ラーメン850円
      ワンタンメン900円 チャーシューメン1,000円      
      チャーシューワンタンメン1,100円 
      ワンタン800円 チャーシューワンタン1,050円
      みそラーメン750円 みそチャーシューメン1,050円
      ねぎらーめん800円 ねぎわんたんめん1,050円
      ねぎちゃーしゅう1,100円 ねぎちゃーしゅうわんたんめん1,250円
      ねぎみそらーめん850円 ねぎみそわんたんめん1,100円
      ねぎみそちゃーしゅうめん1,150円 ねぎみそちゃーしゅうわんたんめん1,300円
      チャーハン・カレーライス700円
      ライス200円 半ライス100円
      ギョウザ400円
      ゆでワンタン400円

      ギョウザセット(ラーメン+ギョウザ+半ライス)950円
      カレーセット(ラーメン+半カレー)950円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-05-12

鴨宮 しおさい

平成27年5月12日(火) 12:00訪問。
鶏そば730円+超絶!!煮たまご100円を食す。

今日は鴨宮駅近くのこの店にやってきた。久しぶりの鶏白湯。評判がよさそうなので、楽しみだ。
s-DSC05420.jpg

店内に入り、食券自販機で、一番左上にある基本の鶏そばの食券を購入すると、親切な男性店員がおにぎりのサービスを勧めてくれるので、遠慮なくいただくことにした。先客は2名。荷物が多かったので、テーブル席を使わせてもらった。ちょうど、奥の正面が厨房で、男性店員が調理を開始した。

ほどなく、おにぎりとラーメンが運ばれてきた。これはいわゆる、ゴマ塩のむすびだな。ラーメンの方には金ゴマが振ってある。
s-DSC05422.jpg

スープは塩ベース。出汁はモミジ主体の鶏白湯に洋風鶏出汁(フォンド・ヴォライユ)を合わせたWスープだそうだ。そして、味は鶏の出汁が全面的に出ており、こってりとした印象もあるが、鶏なのでしつこさはまったくない。鶏のうま味がよく出ていて、塩味のほうは、控えめというかやさしい、まろやかな味わいだ。
s-DSC05423.jpg

麺は全粒粉使用の細麺。これも啜り感と味わいがいい。
s-DSC05424.jpg

へえ。玉ねぎが入っていたよ。
s-DSC05425.jpg

チャーシューも鶏肉。癖がなくて食いやすい。2枚も入っていた。
s-DSC05426.jpg

大ぶりなメンマは、見た目のままに歯ごたえがよくて、楽しい。
s-DSC05428.jpg

そして、超絶!!な、煮たまご。割り方が変になってしまったけど、いい味加減だった。
s-DSC05429.jpg

いやあ、うまかった。スープも飲み干して完食。むすびもごちそうさま。
s-DSC05430.jpg

ホール係りの男性店員は、失礼ながら見かけによらず、とってもていねいで、食い終わった後も気持ちよく店をあとにした。
s-DSC05419.jpg

【住所】  小田原市南鴨宮3-19-8 長田ビル 1F
【電話】  0465-46-8881
【営業時間】平日11:00~14:30 17:00~21:30
        土曜11:00~21:00
        日曜・祝日11:00~21:00
【定休日】 なし 
【アクセス】電車で:鴨宮駅南口から徒歩5分くらい。駅前ロータリーの先にある道路を駅を背にまっすぐ進む。右手に郵便局が見えたら少し先の左側。

【駐車場】 3台。
【席数】  カウンター5席 テーブル4席×3
【メニュー】塩
      鶏そば730円 鶏チャーシューそば950円
      香味ネギそば620円 つけそば 800円
      牛乳らーめん800円 鶏魚介だしらーめん780円
      醤油
      鶏らーめん730円 鶏チャーシューめん950円
      香味ネギらーめん620円 つけめん 800円
      お子さまらーめん500円 濃厚らーめん900円
      ◇トッピング
      超絶!!煮たまご100円 のり(5枚)100円
      メンマ100円 玉ネギ100円 豆苗100円
      鶏チャーシュー(2枚)150円
      九条ネギ150円 岩のり150円
      ごはん(小)100円 ごはん(中)180円
      ごはん(大)250円
      in the rice200円 やきとり丼430円
      やきとり丼(小)280円
      ぎょうざ350円
      麺大盛り100円
【店舗web】http://www.ra-men-siosai.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-06-10

鴨宮 麺処とらたま

平成26年6月10日(火) 12:07訪問。
塩煮卵ラーメン880円を食す。

s-DSC01094.jpg

今日は小田原方面へ外出。最近は外出が多いので、自分の中のラーメンデータベースを更新しながら、ベストな店をあらかじめあたりをつけておくのだが、それも忙しくなって、直前に調べたりすることも多くなってきた。今回は、あれこれ調べて、この店に決めてきた。
s-DSC01095.jpg

俺の好きなラーメンは方向性はどうあれ、バランスのよい一杯だ。店はすぐわかったのだが、当初駐車場が地味すぎてわからなかった。通り過ぎてまた戻って確認すると、店から2軒ほど先にある駐車場内の一画にあった。
s-DSC01073.jpg

ちょうど昼時の訪問だが、先客は3名。店員は男性2名。徐々に客が入ってくる。店主とバイト、または修業中みたいな感じだ。この店は、料金後払いのようで、とりあえず席について発注。塩が基本だというのは、確認済みだったので、いつものように玉子がついた品にした。

カウンターテーブルの上はきれいに並べられている。
s-DSC01084.jpg

発注から約5分で提供された。下にていねいに皿が敷かれている。こういう手間をかけるのは、店の誠意が見えて好感だ。
s-DSC01077.jpg

スープが多めのビジュアル。麺が見えないけど、スープで食わせるラーメンかともとれる。
s-DSC01079.jpg

それで、スープのなのだが、あっさりではない。だけど、しつこさはない。豚、鶏、魚介系の合わせスープらしいのだが、出汁メインで、あっさり目かと思いきや、塩ダレがはっきりとした味わい。
s-DSC01080.jpg

麺は、水分多めでプリッとしていて、表面もつるっといている。四角い断面で、スープとの相性もいい具合だ。
s-DSC01083.jpg

こだわりをもって作っているでしょう、と思えるメンマ。太目で歯ごたえ、味付けがいい。
s-DSC01087.jpg

チャーシューは、かなり大き目。だからといって、薄いわけではなく、厚みもある。柔らかくて、持ち上げたら、渦巻の真ん中が抜けてしまった。味付けもよい。
s-DSC01089.jpg

スープを飲む進むと、下の方に柚子が隠されていた。これがまた、スープを合わせると何ともいえず、よい風合いだ。
s-DSC01091.jpg

いやあ、うまかった。スープまで飲み干して、完食。ごっちそうさま。
s-DSC01093.jpg

昨日に引き続き、この店も良店だった。
s-DSC01096.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。

【住所】   小田原市酒匂5-5-16
【電話】   0465-49-3329
【営業時間】[月~土] 11:00~14:30 17:00~22:00
        [日・祝] 11:00~15:00 17:00~21:00
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:国道1号線を下り、印刷局入口交差点を右折した、左側すぐ。
【駐車場】 店の少し先左側の駐車場内に2台分。
s-DSC01097.jpg

【席数】  カウンター5席 テーブル4人×3
【メニュー】塩
      塩らーめん780円 岩のりらーめん880円
      煮卵らーめん880円 野菜らーめん930円
      ばたーコーンらーめん980円 ちゃーしゅーらーめん1,080円
      みそ
      みそらーめん880円 煮卵らーめん980円
      ちゃーしゅーらーめん1,180円 ばたーコーンらーめん1,080円
      野菜らーめん1,030円
      つけめん(200g)770円 中華そば750円
      ◇トッピング
       煮たまご100円 岩のり100円 ばたー100円
       コーン100円 野菜150円  めんま200円
       ちゃーしゅー300円
      大盛り+100円

【店舗Web】http://blog.livedoor.jp/odawara1toratama/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-03-13

小田原 まるぼし食堂

平成26年3月13日(木) 15:18訪問。
特製中華そば870円を食す。

仕事で小田原へやってきた。冷たい雨が降っている。今日も昼に飯を食う時間がなかった。あと30分早くついていたら、余裕だったのだが、残念。めぼしい店は14時くらいで、昼営業が終わってしまうので、通し営業で、比較的駅から近いラーメンテーマパークのらーめん宿場町に。近くに小林屋とか餃子の王将とかもある。
s-DSC00831.jpg

3軒の店が入っている。失礼ながら、おそらく1番人気がないのではと思われる店。ということは、すでに1軒閉店しているし、もしかしたら、ということもありえそうなので。恐る恐る階段を下りていくと、真ん中の博多ラーメン翔龍は高校生が屯していて、落ち着いて食える雰囲気ではない。で、左端のまるぼし食堂は、空いていそうだ。店の前には、定食のメニューが。中華そば専門店といいながら、定食?よく見たら、中華そばと、ライスと一品だった。それにしても、こりゃ、学生ねらいかな。
s-DSC00812.jpg

で、こちらの看板には復活の文字が。じゃ、これにしてみよう。ちなみに手前の席についている若い2人組の客が非常に下品な食い方をしていた。
s-DSC00813.jpg

食券を買って、店内へ。ガラガラ。
s-DSC00816.jpg

その先客2人のそばのテーブルに着いたのが、失敗。大きな音でげっぷをしたり、わざとくちゃくちゃと音を立てて食ったり。言いたくはないけど、この田舎者。厨房は、開口部から見えるようになっている。
s-DSC00815_20140315105206ee6.jpg

先客のようすにすっかり食欲が減退した頃にラーメン到着。見た目はうまそう。
s-DSC00817.jpg

スープは、化調も入っているかな。でも鶏と鰹からとった出汁ということで、少しとがった醤油の具合とのバランスは悪くない。
s-DSC00819.jpg

麺は、小田原系みたいな縮れた平打ちっぽいもので、スープの絡みはいい。
s-DSC00820.jpg

甘めの味付けのメンマはちょっと味が濃い。
s-DSC00822.jpg

チャーシューは3枚。歯ごたえがあって、肉肉しい。普通にうまい。ナルトもきれい。
s-DSC00824.jpg

玉子は切らないでほしいけど、ビジュアルとしては切ったほうが絵になる。
s-DSC00823.jpg

最初に「大盛無料です」、といわれたので、大盛にしたら、それなりに量がある。食っているうちに、さらにガキ3人が入ってきた。こいつらも鬱陶しい。厨房のバイト少年の知り合いみたいだ。これが元凶だな。さらにモチベーションが下がった。
s-DSC00826.jpg

一生懸命食って、スープは少し残した。
s-DSC00828.jpg

何か、客層がよくない店だった。そもそも、中華そば専門店って書いておきながら、味噌ラーメンやらサンマー麺やら。一体どうしたいのやら。さらに、毎週月・金曜日は中華そば650円が490円って、基本のラーメンを値下げする自虐的なサービスまで。隣はすでに閉店していたけど、この店は大丈夫だろうか。後で、調べたら、この店、小田原系ということらしい。ふうん。
s-DSC00818.jpg
ラーメンは悪くないけど、運が悪かった一杯。この店のまた来たい(期待)度は、☆。

【住所】   小田原市栄町2-8-18 長崎屋ビルB1階
【電話】   0465-21-1500
【営業時間】 11:00~21:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:JR小田原駅から徒歩7分くらい。東口から駅を背に左側の一歩通行路を進み、みずほ銀行の交差点を右折して少し進んだ右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター3席 テーブル4席×4 2席×4
【メニュー】特製中華そば870円 中華そば650円 サンマー麺770円
      塩ラーメン650円 味噌ラーメン750円 ワンタン麺780円
      タンメン680円 つけ麺780円 学生ラーメン550円
      ミニラーメン480円 お子様ラーメン480円
      背脂入味噌ラーメン750円 背脂入辛味噌ラーメン850円
      背脂入ワンタン麺780円 背脂入特製中華そば870円 
      背脂入中華そば650円 背脂入塩ラーメン650円
      ◇トッピング
      チャーシュー280円 味玉110円 メンマ120円
      もやし120円
      鯵フライ定食830円 鶏唐揚げ定食880円 コロッケ定食830円
      餃子定食830円 チャーシューご飯330円 半チャーハン330円
      小ライス120円 チャーハン600円 ライス170円
      鯵フライ350円 鶏唐揚げ450円 コロッケ300円 餃子230円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-02-19

根府川 小田原西大勝軒

平成26年2月19日(水) 17:09訪問。
特製もりそば900円を食す。

s-DSC00593.jpg

国道135号線沿いに海が見える。道路のすぐ上には線路が走り、根府川駅が近い。残念ながら、最初からここがお目当てではない。今回は、湯河原近くの目星をつけていた店が、もしかしたらと思っていたが、行ってみたら、駐車場は空いていたものの、やはり行列で、目的地が長いので、逆算すると、ここは諦めて仕事に向かわないと約束時間に間に合わないかも。しかたなくそのまま車で目的地に。仕事を終えて、最初の店はもう閉まっている時間なので、なんとなく店を決めかねながら、帰路についた。そこで、見えたのが、この看板。
s-DSC00616.jpg

誘われるようにがら空きの駐車場へ車を滑らせる。店に入ると客は俺ひとり。店員は2名。調理の男性とアルバイトかと思われる女性店員。まずは、食券を自販機で買う。思い切って特製にした。遅すぎる昼飯に空腹感はピークだが、おおもりは何と麺とスープが2倍。無難に普通で。店内は広い。どこでもOKといわれたので、とりあえず6人掛けテーブルに。
s-DSC00608.jpg

カウンターの奥が厨房。
s-DSC00610.jpg

店員さんがもってきたコップが妙にカラフルで、かえってもの哀しい。
s-DSC00596.jpg

ちょっと寒々しくもある。調味料は平凡。ニンニクもある。
s-DSC00598.jpg

待つこと約7分。つけ麺、いや、もりそばにしては早い。でも、ほかに客は誰もいないし。ていねいにお盆で登場。
s-DSC00599.jpg

特製は麺にも具がのる。白髪ネギ。ちょっと得した気分。
s-DSC00600.jpg

いまどきは、もっと太い麺もあるけど、中くらいの太さかな。弾力があって、表面もつるつる。麺だけ食ったが、嫌味なく素直なうまさが伝わってくる。
s-DSC00602.jpg

つけ汁は、大勝軒独特の甘みと酸味が効いた味で、期待どおり。大勝軒のイメージを崩すことのないうまさ。
s-DSC00603.jpg

特製なので、玉子や大きなチャーシューも相乗り。
s-DSC00601.jpg

つるっとした麺の食感とつけ汁の甘いのに飽きない酸味と辛味のバランスが最後までいける。とりあえず、具材の紹介。チャーシュー。大きい。カットしたものが2つ。歯ごたえのいい硬さ。
s-DSC00604.jpg

メンマ。ほどよい硬さ。
s-DSC00606.jpg

玉子。とろっとろではないけど、いい半熟具合。
s-DSC00605.jpg

女性店員が、俺の食い進む具合を見ていてくれて、麺がなくなる頃にグッドなタイミングで、スープ割りを運んできてくれた。
s-DSC00609.jpg

保温性の高いポットから、適当に注いでみる。少しずつ注いで、自分の好みに味調整できるのがいい。
s-DSC00612.jpg

スープの量は結構多い。
s-DSC00613.jpg

スープは、無理せず残した。といっても、スープだけだとちょっと飽きたっていうのが本当のところだけど。
s-DSC00614.jpg

平日のこのくらいの時間だと、車の往来もまあまあ少なく、食い終わっても後から入ってくる客はいなかった。でも、客の側からみると、大勝軒といううブランドは一定以上の期待ができる安心感があるのでは。週末ねらいかな。以前は知名度の高い、こちらの店だったようで、いまだ駐車場には名残が。
s-DSC00592.jpg

観光地にあることが、プラスなのかマイナスなのか。難しいけど、面白い。がんばれ。
s-DSC00615.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★。


【住所】  小田原市根府川161 シーサイド丸松ビル 1F
【電話】  0465-43-8044
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】 年中無休
【アクセス】車で:国道135号線を熱海方面に向かって下り、進んだ左側。
【駐車場】 店の横に10台分 
【席数】  テーブル6人×4 カウンター6席 座敷4×2

【メニュー】中華そば680円 もりそば700円 あつもり700円
      特製中華そば880円 特製もりそば900円 特製あつもり900円
      メンマそば850円 もりなま750円 あつなま750円
      ワンタン麺920円 もりメンマ870円 あつメンマ870円
      チャーシュー麺980円 もりワンタン940円 あつワンタン940円
      大勝軒そば1,120円 もりチャーシュー1,000円 あつチャーシュー1,000円
      大勝軒もり1,140円 大勝軒あつもり1,140円
      辛味中華そば730円 辛味もりそば750円 辛味あつもり750円
      辛味特製中華そば930円 辛味特製もりそば950円 辛味特製あつもり950円
      やさい中華そば780円 やさいもりそば800円 やさいあつもり800円
      各大盛150円 
      ざる中華700円 特製ざる中華900円
      ◇トッピング
       生玉子50円 味付玉子100円 青ねぎ150円
       のり(10枚)150円 辛味トッピング50円 野菜100円
      ギョーザ(5個)350円 皿ワンタン400円 皿チャーシュー450円
      皿メンマ350円 ビールのお友200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。