2014-06-02

新松田 博多豚骨らーめん酒風呂

平成26年6月2日(月) 12:21訪問。
小田原系ワンタン麺850円+味玉100円を食す。

新松田駅前に忽然と?ある、豚骨ラーメン店。しかしながら今回は、別のラーメンが目的。小田原系ラーメン。
s-DSC01001_20140604233329266.jpg

基本は博多豚骨系のようだが、熊本ラーメンも小田原系もある。
s-DSC01002_20140608174631b68.jpg

普通のラーメンでは、小田原系の特徴ともいえるワンタンが試せないので、ワンタンメンにしてみた。食券を買って、カウンター席に。といっても、カウンター席しかないのだが。先客は、若い男女連れと女性客。全員博多豚骨を食している。女性ひとり客は、小ライスを現金で追加していた。食券を渡すと、水とともに、小さな皿が置かれた。
s-DSC01004_2014060423333178e.jpg

餃子用かな?でも、餃子は発注していないのだが。
s-DSC01005_20140604233332670.jpg

約7分で到着。ドンブリの下に皿が置かれている。
s-DSC01006_2014060817543234a.jpg

ビジュアルは、小田原系の等色である黒ずんだスープにもやしなどの具材。なかなか、うまそうだ。
s-DSC01007_20140608175431b2c.jpg

スープは、油の層が表面に浮いていて、そのまま飲むと、かなりオイリー。かき混ぜて、味わうと醤油の味わいは、甘みが強めで、ライトな印象。豚骨出汁はさほど強くなく、かなりマイルドで、食い手を選ばない。それから、スープはかなり熱々。
s-DSC01008_201406081746333b1.jpg

麺は、平打ちのうねりがある、いわゆるピロピロと表現されるものだが、そのピロピロ感がかなり強めに出ている。この食感は相当好み。いいね。啜るたびに広がるピロピロ感がいつまでも新鮮で、飽きがこない。
s-DSC01013_20140608180445c95.jpg

チャーシューは、柔らかめだけど小さ目。チャーシューメンではないので、1枚だけ。
s-DSC01016_201406081804466ad.jpg

茶色いメンマは見た目ほど、味付けは濃くない。歯ごたえがいい。
s-DSC01015.jpg

そして、ワンタン。餡は餃子風。全部で4つ入っている。
s-DSC01017_201406081804495e6.jpg

餃子味もするのだが、第一印象では、生姜が結構際立っている。嫌いじゃないけど。
s-DSC01018_20140608180451d05.jpg

上にのっている三つ葉をときどき試すと、これがまた、いいアクセントになっていて、やや甘めのこのスープにしゃきっとした刺激をあたえる。
s-DSC01014_20140608180525650.jpg

最後は、玉子。ちょっと小さ目だけど、白身も柔らかくて、半熟具合はちょうどよい。
s-DSC01019_20140608180527513.jpg

気温は低いんだけど、湿度が高い。店は締切で、空調がないので、やたらと暑い。でもって、スープは断念。かなり残した。
s-DSC01020.jpg

今回は、この店のメインの博多豚骨をためさなかったけど、奥に厨房があるからなのか、豚骨臭はまったくなし。駅から近いのに、駐車場もあって、便利な店だ。店内は広く、テーブル席も用意できそうだが、カウンターのみなのは、店員のオペレーションのしやすさからかな。
s-DSC01022_20140608180530cd2.jpg
食べやすい、小田原系。自分で小田原系って名乗るのは珍しいような。この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  足柄上郡松田町惣領1315-1
【電話】  0465-84-5030
【営業時間】:11:00~14:00 17:00~翌 2:00 (日曜日のみ 11:00~22:00)
【定休日】 なし
【アクセス】電車で:小田急線新松田駅北口より徒歩3分くらい。駅を出て、左側にまっすぐ進んだ右側
【駐車場】 店横に5台
【席数】  カウンター18席
【メニュー】博多ラーメン630円 醤油豚骨ラーメン630円
      博多ネギ盛りラーメン700円 博多チャーシューメン900円
      博多ネギ盛りチャーシューメン980円 醤油とんこつラーメン630円 
      熊本ラーメン700円 濃厚魚介醤油ラーメン780円
      濃厚濃厚魚介つけ麺800円 味噌豚骨ラーメン(冬季限定)800円
      小田原ラーメン680円 小田原ワンタン麺850円
      小田原チャーシューメン950円 小田原チャーシューワンタンメン1,050円
      高校生までの限定 学生ラーメン500円
      替え玉・大盛100円
      ◇トッピング
       味玉100円 のり100円
       メンマ100円 辛味白ネギ150円
      チャーシューご飯300円 明太子ご飯300円 ミニねぎ飯150円
      ライス200円 小ライス100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-11-08

相模金子 拉麺屋 日昇亭

ワンタンメン900円
DSC00445.jpg

新規開拓も考えていたのだが、結局、久しぶりの日昇亭にきた。この近くにある味の大西ともちょっと違う、いわゆる小田原系の店。その大西のインスピレーションで、ワンタンメンを発注した。厨房をコの字型にカウンターが囲む。店内は女性2名、調理担当の男性1名。入店13時10分くらいで、水はセルフサービス、席は自由にみたいな感じだ。女性店員にワンタンメンを伝え、カウンター席につく。男性店員が麺を手で丁寧に麺を揉んでいる。相当時間をかけて、もんでいるが、茹で時間より長い。ピロピロの麺は、すぐにゆであがるようで、入れたらすぐに平ザルで湯切りしていた。

カウンター越しでなく、きちんと店内から運ばれてきたラーメンは、見た目具だくさん。ツルッとした舌触りがたまらないワンタンは6個。正確には数えなかったが、おそらく。羽のつるつる感がとてもよい。真ん中に小さな肉団子が入っているが、餃子味ではない。いやいや、まずはスープだ。やや甘味もある濃い醤油味がインパクト強烈。豚の出汁の具合もよい感じだ。麺は薄くて、幅広の縮れ麺。独特だ。幅広が不思議にうまい。

具材は、2種類の味わいの異なるチャーシュー。濃い味付けの小さめの柔らかチャーシューと大きめのかたみのあるチャーシュー、どちらもこのラーメンによくあっている。さらにこの店の特色らしいメンマ。ではなく、支那竹。よく煮込んであり、型崩れしているが、濃いめピリッとした味。結構甘みも強いが、スープに重なり、うまく調和がとれている。海苔は小さめでおまけの気分。ざくっと切ったねぎは風味がよい。

地元密着型なのか、強気の価格設定はそうでもないのか。床はちょっとベトつくが、ていねいな対応と真面目なラーメンづくりは、なかなか。ボリュームたっぷりで、スープ残して退散。

DSC004462.jpg

【住所】    足柄上郡大井町金子115-6
【電話】    0465-83-2260
【営業時間】 11:30~20:00
【定休日】  月曜日
【アクセス】電車で:JR御殿場線相模金子駅下車。徒歩10分くらい。駅を降りて線路を渡って、直進。相模金子駅入口交差点を左折し、国道255号線沿いに進んだ左側。
       車で:国道255号線を小田原方面に向かって、東名インター入口を過ぎ、金子交差点の少し先の左側。
【駐車場】 11台
【席数】  カウンター20席 座敷18席

【メニュー】ラーメン700円 少量薄味のお子様ラーメン600円
       もやしラーメン850円 サンマーメン900円 ラーメン特濃900円
       支那竹ラーメン900円 ワンタンメン900円 チャーシューメン950円
       支那竹ワンタン麺1,300円 支那竹チャーシュー麺1,300円
       チャーシューワンタン麺1,300円 もやしチャーシュー麺1,350円
       野菜炒りチャーシュー麺1,400円 支那竹叉焼雲呑麺1,500円
       日昇亭ジャンボ麺1,600円
       中盛り100円 大盛り200円

【ホームページ】http://r.gnavi.co.jp/b910700/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-06-10

相模金子 函館ラーメン照和

塩ラーメン600円+味玉子100円
CIMG2115.jpg

大井松田インター近くの店。この辺りは、結構ラーメン店があって、国道沿いに日昇亭があり、その反対車線側には味の大西、少し離れるが、線路の向こうに、らーめん滋味という店もある。照和はちょうど日昇亭の裏にあたり、さながらラーメンデルタという感じだ。

函館ラーメンは塩のようで、看板メニューも塩ラーメンだ。店の入り口にか各種紹介雑誌の切り抜きが貼られている。店の看板は、白地に黒でシンプルなもの。何となくこだわりがありそうな雰囲気。入ってすぐに、食券自販機があり、コインパーキングの精算機みたいなかんじで、メニュー番号を押すと、該当メニューが表示される。店内は厨房を巡って、L字型のカウンターがあり、反対側に板敷きにちゃぶ台が置かれてる。椅子はそば屋のような木の造りで、思いもの。店内は男性店員がひとり。先客は3名ほど。時間は正午の少し前だ。

出てきたラーメンは透き通ったスープに透明な油がうまそう。魚系出汁のうまみが前面に出て、塩のうまみが後からやってくる感じだ。麺は少し縮れのある細麺だが、これに粒々が入っている変わりもの。ラーメンの繁盛店2009というラーメン本によると、全粒粉を混ぜ込んだ特注麺だそうである。ちなみに全粒粉とは、ウィキペディアによると、胚乳だけを用いる通常の小麦粉と違い、小麦の表皮、胚芽、胚乳をすべて粉にしたものだそうである。さらに、引用すると、通常の小麦粉と比べ栄養価が高く、薄力粉と比較して3倍程度の食物繊維や鉄分を含む。ビタミンB1の含有量も高い。そのため、健康を目的として用いられることも多い。 不純物を多く含むため、粉の色はやや茶褐色を帯びる。製品はそれら不純物による独特の風味と食感を持つ。だそうである。

少し、のび気味のような感じもしたが、コシはあって、長めで、ボリューム感もあった。
その他に、メンマ、チャーシュー、ほうれん草、海苔さらに味付玉子。どれも悪くない。特にほうれん草は、ほうれん草らしい味がして、新鮮な素材を使っているようだ。チャーシューも柔らかくて、肉のうま味がしっかりあった。あとは、ナルトもいた。

スープまで飲み干して完食。黒いユニフォーム(といっても店員さん一人だが)の店員は、対応もていねいでなかなか好感。小田原系が多いこの辺りでは、貴重な一杯。値段も悪くない。

CIMG2119.jpg

【住所】  足柄上郡大井町金子182-3
【電話】  0465-83-5699
【営業時間】 11:00~14:00 17:00~22:00
【定休日】 水曜

【アクセス】車:国道255号線を小田原方面に向かって、東名インター入口を過ぎ、金子交差点を右折してすぐ。スーパーヤオマサ裏。
      電車:JR御殿場線相模金子駅下車。徒歩5分くらい。駅を降りて線路を渡って、小さな川の先を左折し、まっすぐに進む。
【駐車場】 店の前に駐車場可能。
【席数】  カウンター8席、板敷きちゃぶ台 5人掛け×2

【メニュー】塩ラーメン600円 味噌ラーメン750円 浜塩ラーメン750円 辛味噌ラーメン700円
      塩味つけ麺700円 野菜ラーメン850円 お子様ラーメン500円 限定ラーメン時価
      海の贅沢ラーメン980円
      大盛100円 特盛200円
      手作り餃子300円 ライス200円 半ライス100円 
      ◇トッピング
      チャーシュー300円 味玉子100円 メンマ100円 ネギ200円 のり100円
      バター100円 コーン100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター