2018-03-20

小川流 厚木棚沢店

平成30年3月20日(火) 13:27訪問
らーめん【中】690円+味玉100円を食す。

今日は厚木の奥で仕事。雨模様で憂鬱な気分の中、ラーメン屋をさがす。少し走ると、いかにも趣のある店構えだ。自家製麺、しかも中盛も大盛も無料だ。さっそく入ってみよう。
s-DSC02436_20180429161913124.jpg

店に入ると、すぐに食券自販機が置いてある。メニューはらーめんとつけ麺の2種類。少し肌寒い今日は、つけ麺の気分ではなかったので、ラーメン中盛に玉子をつけてみた。男性店員にカウンター席に案内された。カウンターの上には味が薄い時用のラーメンダレが備えてある。いろいろ観察していると何となくチェーン店っぽい様子だ。
s-DSC02428_20180429161914a66.jpg

変わっているのは、ラーメンに入れるチャーシューをバラ肉か肩ロース肉か選べるところ。俺はロースを選択した。

しばらくしてラーメンのできあがり。
s-DSC02429_20180429161916a7f.jpg

スープは煮干し出汁ということだが、実際は節粉というか魚粉の方を強く感じる。これはこれで好きなので、まったく問題ない。
s-DSC02430_201804291619171cf.jpg

やや太めのストレート麺が力強いスープと合っている。
s-DSC02431_20180429161920631.jpg

肩ロースチャーシューはまあ、普通にうまい。
s-DSC02433_20180429161923f95.jpg

とろーりと黄身がはみ出す味玉。結構好みだ。
s-DSC02434_20180429161925238.jpg

最後は、ちょっと飽きてしまって、スープは少し残して、終了。
s-DSC02435_20180429161919075.jpg

ゆでたもやしとキャベツがのっていたりメンマもあって、これで大盛まで同じ値段なのがうれしい。

【住所】  厚木市棚沢177-3
【電話】  046-265-0044
【営業時間】[月~金] 11:00~15:00 18:00~23:30
        [土・日・祝] 11:00~23:30    
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道412号線を相模原方面に向かい、及川中原交差点を左折、荻野新宿交差点を直進、しばらく進んだ左手。
【駐車場】 10台(店舗前・横に5台と、通りの向かい側に5台分)

【席数】  カウンター7席、座敷2卓
【メニュー】らーめん 普(中)(大)690円
半ちゃーしゅー 普(中)(大)880円
ちゃーしゅー 普(中)(大)880円

      味玉100円 ちゃーしゅー1枚110円
      半餃子(3個)180円 餃子(6個)350円

      つけ麺 普(中)(大)740円
つけ麺半ちゃーしゅー 普(中)(大)930円
つけ麺ちゃーしゅー 普(中)(大)880円
      つけ麺 (特)840円 つけ麺半ちゃーしゅー(特)1,030円
つけ麺ちゃーしゅー(特)1,200円

      味噌つけ麺 普(中)(大)800円
味噌つけ麺半ちゃーしゅー 普(中)(大)990円
味噌つけ麺ちゃーしゅー 普(中)(大)1,160円
      味噌つけ麺 (特)900円 つけ麺半ちゃーしゅー(特)1,090円

     半ライス100円 ライス150円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-02

本厚木 明かり家 for you

平成29年5月2日(火) 11:47訪問。
ありがトマトらあめん800円+チーズごはん150円を食す。

今日は厚木の奥地で仕事だ。仕事前に腹ごしらえをしておこっと。どの店にしようかと悩みつつ、選んだのがここ。
s-DSC01676_20170507101353dd9.jpg

そして、この店の人気商品がトマトらあめん。おそらく。
s-DSC01660_20170507101355200.jpg

入口を入ってすぐの食券自販機で食券を購入すると、カウンター席に案内された。体の大きな男性と普通の男性の2名体制。開店からまだ間もないので、先客は2名。
しかし、次々と客が入ってくる。食券を声に出して確認するので、わかるのだが、ほとんどの客がトマトらあめんを発注している。

「紙エプロンをお使いになりますか?」ときかれたので、素直にお願いした。隣の女性一人客は、同じ質問につけた方がいいかを逆に尋ねていたが、愚問であろう。食い方次第だし、気になるならつければいい。俺の影響もあるのか、結局、つけていた。

カウンターの上には、夢のかけ箸というラベルを貼られた箸箱。開けてみたけど、ラーメン屋でよく見る箸が入っていた。意味がよくわからない。つまようじ係はあとで試したら、そのとおりだった。そのほかにも醤油入れに目玉を貼ったり、結構細かい。こういうのは、嫌いではない。

次いではカウンターにのせられたのが粉チーズとレモンのセット。トマトらあめんへの期待を高めてくれるセットだ。
s-DSC01661_2017050710135639f.jpg

そして、俺のラーメンと隣の女性のラーメンが完成。「チーズごはんは後で出しますね」とのこと。はい、お願いします。
s-DSC01664_20170507194015a72.jpg

どれどれ、スープからいただいてみよう。トマトベースのスープは確かにラーメンなのだが、ラーメンらしくはなく、むしろトマトスープ
。あれ、言っていることが同じような気がする。とにかく、出汁はラーメンほど強くなく、かといってトマト味だけでなく、しっかりと奥行きのあるスープだ。でも、印象はやはりイタリア料理のような。そんなことは気にせずうまいっす。一応ラーメンなので、ネギも入っているのだが、玉ネギの方がベストマッチ。表面にふられたバジルがいい。
s-DSC01665_20170507194017462.jpg

スープパスタならぬスープラーメン。麺の方はどうかな。中くらいのストレート麺。やや硬めがちょうどいい。本当にパスタでもおもしろいかもと思わせる。
s-DSC01666_201705071940180e3.jpg


具もちょっと変わっている。エリンギが意外にもマッチしていてとってもいい具合。これは絶妙。
s-DSC01669_20170507194021b4c.jpg

ラーメンなので、一応チャーシューはあるのだが、もはやチャーシューなくてもOKくらいの勢いだ。
s-DSC01670_20170507210813462.jpg

ホールトマトの食感もいい。
s-DSC01671.jpg

では、粉チーズを入れてみよう。ああ、もう完全にラーメンの一線を越えてしまった。もう後戻りできない。何となくラーメンに対する罪の意識とこの愉悦がたまらない。
s-DSC01668_201705071940190fd.jpg

ラーメンに夢中になっている間に、そっと提供されたチーズごはん。もちろん、これ単品で食うものではない。
s-DSC01672_20170507210816009.jpg

そのままスープにどぼんで、リゾット風になるのだ。とろけるチーズの具合がたまらない。
s-DSC01673.jpg

一杯で多様な楽しみ方ができる。途中でレモンを絞るのも忘れずに。ああ、うまかった。完食。ごちそうさま。
s-DSC01675_2017050721271501c.jpg

何となく女性的なイメージがした店だったが、意外にも男性2名での営業。でも、ボリュームもあって大満足。たまにはこういうのもいいねえ。
s-DSC01677_20170507212833eab.jpg

【住所】  厚木市中町2-10-14 増淵ビル 1F
【電話】  046-296-7710
【営業時間】[月~土]11:30~5:00 [日・祝]11:30〜23:00〔LO〕
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:小田急線本厚木駅から徒歩10分弱。北口に出てスクランブル交差点を駅を背に直進。中町3丁目交差点を右折。そのまま進んで、3つめの交差点を左に入り進んですぐの右側。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター10席 テーブル4人×2
【メニュー】ありがとうらあめん700円 味玉らあめん800円
      ねぎらあめん800円 チャーシューめん950円
      ねぎチャーシューめん1,050円
      オールスター☆らあめん1,050円 少なめらあめん 550円

      ありがトマトらあめん800円 チーズごはん150円
      明かり家風担々麺800円 コクまろありがとん塩らあめん800円

      大盛り・替え玉 100円

      つけめん700円 ねぎつけめん800円
      チャーシューつけめん950円 オールスターつけめん1,050円

      ◇トッピング
       大葉・チーズ50円
       味付けたまご・こねぎ増・白髪ねぎ増・メンマ増し・あおさ増し・旨辛肉味噌・ミニキムチ各100円
       チャーシュー(三枚)250円

      小ごはん100円・中ごはん150円
      たまごかけごはん 250円
      旨辛肉味噌丼300円 つくねチャーシュー丼350円
      豚の角煮ドーン(丼)300円
      まかない丼400円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-05-01

本厚木 東池袋大勝軒 節物語in本厚木

平成27年5月1日(金) 13:45訪問。
魚介つけめん680円+半熟味たまご+無料魚粉増量(節玉)を食す。

何かよく要領をつかめない店だ。今日は気温がぐんぐん上がって、昨日に引き続き、夏日だ。こんな日はつけ麺だな。よく下調べせずに駅から近いところに大勝軒があったので、ここに決めた。大勝軒といえば、つけ麺だ。しかし、看板の下には豚骨野菜盛りのメニュー写真が大きくのっており、こりゃ、ちょっと店を間違えたかな。まあ、入ってから決めようか。
s-DSC05303.jpg

店内は細長く、奥に厨房があり、片方の壁に向かってカウンター席、そして反対側にテーブル席が拵えてある。客はテーブル席に4名、カウンター席に3名。さて、どうしたものか、普通のつけ麺がなかったら、やめようかな。入口近くの食券自販機を見たら、魚介つけめんがあったので、ひと安心。なんてことはない、2枚看板の店だった。
s-DSC05304.jpg

つけめんに加えて、無料とあった、節玉のボタンも押してみた。女性店員に勧められて、カウンター席についた。カウンターは2段になっていて、上の段に割箸やレンゲの入った箱にティッシュペーパーが置いてある。そして、スープ割りポット。これはスープ割りが入っているようで、いちいち店員を呼ばなくて済むので、便利だ。
s-DSC05306.jpg

、下の段には調味料とニンニクにクラッシャー。壺の中には魚粉が入っていた。
s-DSC05305.jpg

しばらくして、まずは節玉が運ばれてきた。ネギつき。ざるそばについている、わさびとねぎみたいだな。
s-DSC05307.jpg

そして、運ばれてきた。俺のつけめん。
s-DSC05308.jpg

まずは、麺を食ってみる。水で締められていて、冷っとつめたいかと思いきや、思いっきり常温だった。
s-DSC05309.jpg

では、つけダレにつけて食ってみよう。濃厚なつけダレが麺によく絡む。大勝軒特有の酸味はほとんどなく、甘みはあるのだが、店名のとおり尖った節系の味わいが食欲をそそる。
s-DSC05310.jpg

チャーシューは厚いものが2枚。少しぱさぱさしているが柔らかくて、味付けも悪くない。
s-DSC05311.jpg

俺は、節粉は好きなので、さっそく入れてみた。
s-DSC05313.jpg

さらに、魚粉のうま味が広がって、いい感じだ。テーブルの上には魚粉もあるのだが、この節玉の方が印象がよい。
s-DSC05314.jpg

途中で、つけダレに埋もれていたナルトを発見。
s-DSC05315.jpg

最後は、味玉。濃い色合いの見た目どおりにうまい。半熟具合もなかなかよかった。
s-DSC05317.jpg

最後はスープ割り。
s-DSC05318_20150501222622ab7.jpg

意外とさっぱりとした味わいになって、ぐぐっと飲み干して、完食。
s-DSC05319.jpg

食っている間もぽつぽつと客が入ってくるが、野菜つけめんが人気のようだった。たぶん、豚骨野菜盛りというジャンルのようで、俺の食ったつけめんとは別ものだと思われる。何はともあれ、標準でもかなりの量で満腹。ごちそうさま。
s-DSC05320.jpg

【住所】  厚木市中町3-13-1 トリノビル1F
【電話】  046-295-5285
【営業時間】11:00~3:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:小田急線本厚木駅北口から徒歩5分くらい。北口に出て、駅を背に信号を渡り、直進した右側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席 テーブル4席×2
【メニュー】大勝軒魚介メニュー
      魚介つけめん680円 魚介あつもり680円
      魚介らーめん680円 無料魚粉増量(節玉)
      辛みつけめん780円 辛みあつもり780円
      辛みらーめん780円 無料激辛
      味噌つけめん730円 味噌あつもり730円
      味噌らーめん730円
      辛味噌つけめん780円 辛味噌あつもり780円
      辛味噌らーめん780円
      麺中盛り100円 麺大盛り150円

      豚骨野菜盛
      野菜つけめん680円 野菜あつもり680円
      野菜らーめん680円 無料野菜大盛り
      辛みつけめん780円 辛みあつもり780円
      辛みらーめん780円 無料激辛
      味噌つけめん730円 味噌あつもり730円
      辛味噌らーめん730円
      辛味噌つけめん780円 辛味噌あつもり780円
      辛味噌らーめん780円
      麺中盛り100円 麺大盛り150円

      ライス120円 半ライス80円
      塩ネギチャーシュー丼320円 辛ネギチャーシュー丼320円
      もちもち水餃子(5個)240円

      半熟味たまご100円 大判のり100円
      半チャー・味玉260円 チャーシュー260円
      スープin水餃子150円 自家製メンマ150円
      白髪ネギ150円
      ネギチャーシュー380円 のり・ネギ・水餃子380円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-12-16

厚木 自家製麺 囲

平成26年12月16日(火) 12:38訪問。
囲つけめん黒650円を食す。

今年一番の寒さだそうだ。しかも、あいにく冷たい雨が降っている。今日は厚木にやってきたので、駅から少し離れたこの店で昼食。人通りは少ないが、それでも、カウンター8席の店内は先客5名。自家製麺の店なので、つけ麺と決め込んできていた。これが、後悔の原因となった。
s-DSC03650.jpg

発注は口頭で。厨房に面して、ほぼ直線のカウンターがあり、やや広めの厨房内は、まだ若そうな男性店員が一人で調理から皿洗いまでこなす。ひとりで何もかもとなると、想像以上に大変だと思う。そういうしくみの店は、水のセルフサービスはともかくとして、食ったドンブリはカウンターにあげとろとか、大抵客に協力を求めるのが常だが、この店はそのような断り書きはない。つけ麺は茹で上がりまで少々お時間を頂ます、というくらいだ。
s-DSC03638.jpg

この男性店員が、店主なのかな。そうだとしたら、まあ、そうでなくとも、落ち着きぶりが素晴らしいと思う。つけ麺は黒と赤の2種類から選ぶ。黒は醤油ベース。赤は胡麻ベース。俺は黒にした。キッチンタイマーで測って、10分あまりでカウンター越しに提供された。
s-DSC03639.jpg

麺は太麺、中太、細麺から選べるのだが、俺は太麺にしてみた。角断面でうどん並の太さ。
s-DSC03640.jpg

表面はつるつる。弾力があって、柔らかいけど、コシがある。
s-DSC03641.jpg

つけダレは、しょう油にラー油が効いた感じ。かなり醤油が強めに効いている。ただ、出汁をあまり感じず、味に奥行きがなく、平面的な印象だ。
s-DSC03643_20141218211925afe.jpg

チャーシューは見た目は不愛想だけど、食ってみると適度な柔らかさとうまさ。
s-DSC03642.jpg

最後はスープ割りをお願いした。徳利で出された。
s-DSC03644.jpg

スープ割りは魚介系の出汁が入っているようだ。
s-DSC03646.jpg

合わせると、最初のつけダレとは、また違う風合いになって、楽しめた。
s-DSC03647.jpg

麺はとてもよかったけど、つけダレは今ひとつ、合わなかった。でも、完食。
s-DSC03649.jpg

俺以外の客は全員、ラーメンを食っていた。俺もやはり、ラーメンにすればよかった。激しく後悔した。
s-DSC03651.jpg
さらに、トッピングも全部のせにすればよかった。今度は訪れたら、絶対ラーメンを食いたい。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。

【住所】  厚木市寿町3-7-15
【電話】  
【営業時間】[月~土]11:00~14:30 18:00~0:30
【定休日】 日曜・祝日
【アクセス】電車で:小田急線本厚木駅北口から徒歩10分くらい。北口に出て、駅を背に信号を渡り、直進。2つ目の交差点、中町3丁目交差点を右折し、しばらく進んだ左側。居酒屋相模屋の先、職業安定所前交差点の手前。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席
【メニュー】白 塩ベース
      黒 醤油ベース
      赤 胡麻ベース
      囲らーめん 白黒赤 650円
      囲つけめん 黒赤650円
      冷やし囲つけめん 赤650円
      塩らーめん650円
      醤油らーめん650円 
      大盛50円増 特盛100円増
      ライス100円 小ライス50円

      ◇トッピング
       全部のせ(3つ)200円
       ちゃーしゅー150円 るーたん(味玉)50円
       のり50円

      一 麺の太さは「太麺」「中太」「細麺」からお選びいただけます。
      一 味の濃さ、麺の硬さのお好みがございましたらお申し付けください。
      一 囲つけ麺は、厚盛(あつもり)にする事もできます。お気軽にお申し付けください。
      ※ 囲つけ麺は茹で上がりまで少々お時間を頂ます。

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-06-13

本厚木 だるまのめ本厚木店

平成26年6月13日(金) 11:45訪問。
つけ麺850円を食す。

今日は本厚木出張。梅雨の合間の晴天。今年一番の晴天ではなかろうか。
暑いっす。今日は駅から近いところにしておこう。というわけで、この店に。やたら賑やかな外観。油そばの店なのかな。
s-DSC01130.jpg

店の入り口に食券自販機があるのだが、メニューが多すぎて基本が何かわからない。でも、もう今日はつけ麺って心に決めていたので、迷わず、といいたいのだが、どこにボタンがあるのか、探すのに戸惑いながら食券を購入。食券を買ったら、ホール係の若い女性店員がカウンター席を案内。食券を渡すと、すかさず、「ランチタイムで小ライスか黒烏龍茶がサービスです」というので、つけ麺にライスっていう構図が頭に浮かばなかったので、黒烏龍茶を選択。
s-DSC01131_20140616224706566.jpg

カウンターの上。基本は九州とんこつらしく、高菜や紅ショウガなどが置かれている。
s-DSC01118.jpg

そうこうしているうちに、黒烏龍茶が運ばれてきた。のどが渇いていたので、これはうれしいサービス。
s-DSC01119.jpg

つけ麺は7分後に到着。
s-DSC01120.jpg

麺は冷もり。
s-DSC01122.jpg

この姿はどこかで見たようなスタイル。海苔の上に魚粉がのる。
s-DSC01121.jpg

麺は、やや太目で水で締められて固めの仕上がり。ドロドロのつけダレは、まあ、麺によく絡みつく。豚骨魚介系でうま味はあるのだが、どこか物足りなさもある。
s-DSC01124.jpg

具材はすべてつけダレに入っている。メンマ、業務用かな。
s-DSC01126.jpg

小さくカットした、チャーシュー。柔らかめで、普通にうまい。
s-DSC01127.jpg

ボリュームは、価格の割に普通だったので、ぺろっと完食。スープ割りに個性も期待したのだが、壁を向いたカウンターに座らせられて、なんとなくスープ割りを頼むのも億劫になり、つけダレはそのままに終了。
s-DSC01129.jpg

全体的に可もなく不可もなくのつけ麺だったけど、それだけに今ひとつ個性的でないチェーン店的な印象が強く残った。もうちっとメニュー絞ってもいいのでは。

食いながら聞いていたら、やたらと、油そばが出ているようだった。俺は背を入口に向けていたので気づかなかったが、店員が勧めているのかもしれない。「油そばご注文のお客様は、ただいま野菜盛りか生卵が無料サービスです。」という女性店員の声を何度も聞いた。
s-DSC01132.jpg
今日は、思わず飛び込んだけど、おそらく再訪問はないと思う。この店のまた来たい(期待)度は、☆。

【住所】   厚木市中町2-4-11
【電話】   046-221-4707
【営業時間】11:00~6:00
【定休日】 無休
電車で:小田急線本厚木駅下車。徒歩3分くらい。本厚木駅北口を出て駅前通りの横断し、右折して進んだ道沿い。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター14席 テーブル席22
【店舗Web】http://www.usingroup.jp/darumanome/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター