--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-11

相模大野 肉屋的濃厚そば 麺屋沼田

平成29年5月11日(木) 12:27訪問
濃厚鶏×鰹つけめん800円を食す。

今日は相模大野で仕事。仕事を終えて、お疲れ様ラーメンを食う。さあて、どこにしようか。ふらふらと駅前まで戻ってきて、このビルに吸い込まれてみた。相模大野モアーズ。飲食店は6階にある。
s-DSC01743_20170625100721ac0.jpg

この日は辛麺真空という店がちょうど開店した日で、店員が懸命に呼び込みをしていた。決して涼しくはないので、大量に汗をかくことが予想される辛麺はやめておこう。

そして、消去法で残ったのはあと1軒。おっとこちらは肉酒場。ちとボリュームがありすぎ。
s-DSC01745_201706251007231c1.jpg

こっちこっち。肉屋的濃厚そば。何が肉屋的かはわからない。
s-DSC01746_20170625100724dac.jpg

メニューは、こんな感じ。ちなみに右が肉酒場で左が麺屋。どちらも同じ経営で隣り合っている。厨房どうしもつながっているようだ。
さあて、何を食うか。普段なら濃厚醤油鶏白湯らーめんか肉屋の肉そばを選ぶのだが、今日はどちらもあまり気分がのらない。そこで、右下のつけめんを選択した。
s-DSC01747.jpg

入口近くに食券自販機があるので、食券を購入してカウンター席に座り、厨房にいる元気な女性店員に食券を渡す。
カウンターにはこんな解説が貼ってある。肉屋が創ったラーメン屋なので、肉にこだわりがあるみたい。
s-DSC01748.jpg

さらに調味料は黒七味やフルーツ酢など個性的なとり揃えが並ぶ。ほかに激辛ニラ、自家製辛味、白胡麻、刻みニンニクにホワイトペッパー。
s-DSC01749.jpg

そして、少し時間がかかって俺のつけめんができあがり。魚粉が海苔の上にのるスタイルはありがちかな。麺の上にチャーシューが2種類。さすが肉屋的。
s-DSC01751_20170625102154470.jpg

では、食ってみよう。
s-DSC01752_20170625102156ada.jpg

スープは濃厚な鶏白湯に鰹節粉が混じっていて、甘みのバランスがいい。普通にうまい。
s-DSC01753_20170625102157a11.jpg

長~い穂先メンマはちょうどいい固さと味付け。
s-DSC01754_201706251021586c1.jpg

2種のチャーシューは、まずは鶏から食ってみよう。癖がなくて、柔らかい。さすが肉屋のチャーシュー。
s-DSC01755.jpg

もう一方のチャーシューは、炙りの入った香ばしい仕上げ。もっと大きいとうれしい。
s-DSC01756_20170625103318b96.jpg

麺は普通盛りだとあっさりと終わるくらいの量。スープ割りをお願いすると、専用の容器に入れて提供してくれる。
s-DSC01760_201706251033197f0.jpg

さっぱりと魚介風味にしあがって、うまい。
s-DSC01761.jpg

完食してごちそうさま。
s-DSC01762.jpg

肉屋的濃厚そばは、結局濃厚鶏白湯の店だった。
s-DSC01763_20170625103324f2d.jpg

【住所】  相模原市南区相模大野3-9-1 相模大野モアーズ 6F
【電話】  042-705-3464
【営業時間】11:00~15:00 18:00~24:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:小田急線相模大野駅から徒歩1分くらい。北口に出て、右方向にあるモアーズの6階。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター10席
【メニュー】濃厚醤油鶏白湯らーめん900円 肉屋の肉そば880円
      濃厚鶏白湯らーめん700円 沼田の台湾まぜそば900円
      濃厚鶏×鰹つけめん800円 濃厚鶏×鰹辛つけめん850円
      淡麗鶏骨醤油らーめん700円ほか
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-12-26

相模大野 肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店

平成28年12月26日(月) 11:53訪問。
中華そば味玉入り830円を食す。

年末だけど、相模原に出張。相模大野では、わりと有名な店なのだと思う。駅から近くて、便利だ。もっと手前にある鼎という店とどちらに行こうかとと迷って、結局こっちを初訪問。
s-DSC00866_20161229195121115.jpg

店内はカウンター席のみで、入口近くに食券自販機がある。初めてなので、基本の中華そばにしようかと思ったが、ボタンを押す段になって、なぜか味玉入りを押していた。まっいいか。

先客は6名ほど。元気で親切な男性店員に食券を渡して、しばらく待つ。やがて、運ばれてきた。チャーシューが3枚のっているところが、看板にある肉煮干し中華そばの由来なのか?
s-DSC00860_20161229195123dd2.jpg

スープはいかにも煮干し!といった感じではなく、確かに煮干しは感じるが、他に鶏の出汁などと合わさって、極めて穏やかな印象。そして、気になったのは、この日の天候のせいでそう感じたのかもしれないが、スープが熱々でないにしても、少しぬるく感じたことだ。とはいえ、まずは飲みやすいスープという印象だ。
s-DSC00861_20161229195124aa7.jpg

麺はスープに優る気がした。小さい粒々が入る全粒粉入りで、自家製のようだ。中くらいの太さのストレート麺で、固くもなく、柔らかくもなくちょうどいい茹で加減だ。
s-DSC00862_20161229195126d97.jpg

チャーシューは厚くて柔らかな歯ごたえ。
s-DSC00863_20161229195127e27.jpg

150円でプラスした味付玉子だが、残念ながら俺には合わなかった。味付けがどうも濃すぎる。これは失敗した。
s-DSC00864_20170101103801215.jpg

うーん。何か今ひとつ迫力がないというか、俺には響くものがなかった。残念。スープを少し残しておしまい。
s-DSC00865_2017010110380255e.jpg

【住所】  相模原市南区相模大野3-18-3
【電話】  042-854-3333
【営業時間】11:00~15:00 18:00~24:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:小田急線相模大野駅から徒歩5分くらい。中央改札を出て、右方向北口に進み、モアーズを右手にみながら階段を降りて地上へ。そのまま直進して、信号のある交差点の次の交差点の左側。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター13席
【メニュー】中華そば680円 中華そば味玉入り830円
      中華そばメンマ入り880円
      黒煮干中華そば870円
      チャーシューメン930円 チャーシュー味玉入り1,080円
      チャーシューメンマ入り1,130円
      和え玉160円
      つけ麺780円 つけ麺味玉入り930円
      つけ麺チャーシュー1,030円 つけ麺メンマ入り980円
      味噌中華そば780円 味噌味玉入り930円
      味噌チャーシュー1,030円 味噌メンマ入り980円
      各種大盛100円
      味玉150円 メンマ200円
      ライス170円 小ライス120円
      チャーシュー丼380円
      麺大盛100円
【店舗web】http://www.suzuki-ramen.com/nikuniboshi/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-30

淵野辺 中村麺三郎商店

平成28年10月30日(日) 13:55訪問。
特製醤油らぁ麺980円を食す。

たまにはラーメン遠征。前から気になっていた、話題の店にやってきた。この時間でも外待ちが4名。しばらく待って、店員が次の方、どうぞ、ということで店内にようやく入れた。
s-DSC00374_2016110422402954c.jpg

店に入ると、男性店員に食券自販機で食券を買うよう促される。ここは、一番、左上の特製醤油にしてみた。
s-DSC00378_20161104224031f9f.jpg

カウンター席が一杯だったので、相席でテーブル席に案内された。厨房では別の男性店員が慣れた手つきで調理中。調理に集中しているように見えるが、店内への目配りも忘れない。外で並んでいるのに、なぜか無視して入ってくる客がいる。すると、店主らしきこの男性店員が、やんわりとではあるが、しかし、ぴしっと外で待つようにと伝えている。

俺のすぐ後から入ってきた客もそんな、いわゆる場の雰囲気が読めない男だったが、いっしょに調理されて、運ばれてきた。さすが特製。麺を覆うようにチャーシューや玉子がのっている。
s-DSC00380_20161104224032f52.jpg

きれいな油の層が浮いたスープは、鳥や豚骨、牛骨などの動物出汁や本枯節、煮干などの魚介系の出汁も合わせたもの。飲んでみると、キレのある醤油味が冴え、鶏の包み込むような味わい。魚介系の出汁は直接的にではないにしても、きっとこの豊かな味わいを支えているのだと思われる。理屈でなく、バランスがよく奥行きのある品のいいスープ。うまい。
s-DSC00381_20161104224034117.jpg

麺は茶色い粒々入り全粒粉。ああ、滑らかでいてしっとりとした啜りが、そしてこの弾力のある歯ごたえがとてもいい。細目のストレート麺をスープに絡ませて啜るのが楽しい。
s-DSC00382_20161104224035c52.jpg

ほんのり赤いチャーシューはしっとりとした歯ごたえで見た目どおりのうまさ。
s-DSC00384_2016111221422691e.jpg

少し柔らかめの穂先メンマ。
s-DSC00386_20161112214228140.jpg

鶏チャーシューは、さくっとして、ややスパイシーな味わい。これは、単体でもいけそうなくらい、うまい。
s-DSC00388_20161112214230ee0.jpg

さすが特製。もう一丁。バラチャーシュー。これもほどよい味付けと、柔らかい食感がよかった。
s-DSC00389_2016111221495649d.jpg

玉子は割り方を失敗。とろ~りとした半熟はこのラーメンによくあっている。
s-DSC00390_2016111221513798f.jpg

スープも麺も具もすべてよし。うまいねえ。完食。ごちそうさまでした。
s-DSC00391_201611122151389d9.jpg

並んでも食いたい気持ちがよくわかる店。また来たいねえ。
s-DSC00375_2016111222005378f.jpg

【住所】  相模原市中央区淵野辺4-37-23
【電話】  
【営業時間】11:30~15:00 18:00~21:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:JR横浜線淵野辺駅北口より徒歩10分くらい。北口に出て、横浜銀行に面した道路を線路沿いに右方向、町田方面に進む。2本めの左に入る細い路地を進み、直進し、2車線道路にぶつかったら、右折して少し進んだ左側。


【駐車場】 4台
【席数】   カウンター11席 テーブル4席
s-DSC00376.jpg
【メニュー】 特製醤油らぁ麺980円 味玉醤油らぁ麺850円
       海老ワンタン醤油らぁ麺950円 チャーシュー醤油らぁ麺950円
       醤油らぁ麺750円 
       特製塩らぁ麺1,000円 味玉塩らぁ麺880円
       海老ワンタン塩らぁ麺980円 チャーシュー塩らぁ麺980円
       塩らぁ麺780円 
       特製白湯らぁ麺980円 味玉白湯らぁ麺850円
       海老ワンタン白湯らぁ麺950円 チャーシュー白湯らぁ麺950円
       白湯らぁ麺750円

       チャーシューネギダレご飯300円 ご飯150円
       ちいさいご飯100円

       ◇トッピング
       海老ワンタン(3ケ)200円 煮豚チャーシュー200円
       鶏チャーシュー300円 九条ねぎ120円 味玉100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-23

相模原 大勝軒直伝 金太郎

平成27年9月23(水) 11:14訪問。
つけ麺(並)750円+半熟味玉100円を食す。

秋の連休最終日。出立が午後になると、渋滞にはまるのは必定。したがって、ちともったいないのだが、朝に新潟を出て、どこにも寄らずに帰途についた。都内を経由するのはためらわれたので、圏央道を経由する。しかし、夕べからあまりまともな食事を摂っていないせいか、腹が減ってきた。相模原で降りて、どこかでラーメンを食って行こう。

前から店は知っていたのだが、未訪問のままだったので、この機会に寄ってみようか。11時開店なのでちょうどいい。駐車場もすぐ近くで便利だ。
s-DSC07129.jpg

店に入ると開店早々だが6名の先客がいた。まずは、食券自販機で食券を購入するしくみだ。
つけ麺やラーメンといった大勝軒メニューと、とんこつ野菜や油そばという非大勝軒メニューの2系統に分かれている。そこまで、重く食うつもりもなかったし、初訪問なので、看板メニューであろう、つけ麺を選択した。
s-DSC07121.jpg

水はセルフサービスだ。カウンター上はきれいに整えられている。あらためて、客のようすを観察すると、ひとり客が多い。そして、ほとんどの客が、大量麺と具材のとんこつ野菜を食っている。この店は、このメニューが圧倒的に支持されているようだ。
s-DSC07122.jpg

調理の様子はあまりよく観察していなかったのだが、つけ麺なので、それなりに時間がかかるだろうと覚悟していた。しかし、存外早く提供された。おなじみの器だ。つけダレには玉子が1.5個。しまった、玉子がすでに標準で入っているのだった。
s-DSC07123.jpg

それでは、さっそく食ってみる。まず、感じるのは、麺が妙に温いこと。そして、ふにゃっとした食感。水での締め方が明らかに不足だ。しゃきっとしていない。残念。麺が減っていくにつれて、ゆで汁がドンブリの底にたまっているのがわかる。よって、せっかくのつけダレもどんどん薄まっていく。
s-DSC07124.jpg

つけダレは大勝軒らしさはあるが、水きりのあまさで台無しに。具材のチャーシューは、ほどよい味付けと柔らかさだった。
s-DSC07126.jpg

味玉は、最初からつけダレのスープにどっぷりと浸っているので、本来の味はいまひとつわからない。
s-DSC07125.jpg

麺を食い終えたら、ドンブリにかなり水が残っていた。割りスープはあえてお願いしなかった。
s-DSC07127.jpg

あとから来る客も全員が、とんこつ野菜ラーメンを食っていた。大勝軒直伝と謳ってはいるが、どうも、大勝軒メニュー以外が標準の店のようだ。今度来ることがあったら、別メニューを試してみたい。
s-DSC07131.jpg

【住所】  相模原市中央区清新7-1-1
【電話】  042-751-6628
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道16号線を八王子方面に向かい、相模原駅入口交差点を左折し、少し進んだ左側。


【駐車場】 店の手前の清新立体駐車場に停めると無料サービスあり
【席数】  カウンター11席 テーブル4席×3

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-26

小田急相模原 奨

平成27年4月26日(日) 12:52訪問。
細麺らーめん780円+味付けたまご100円を食す。

今日は相模原にやってきた。前々から行ってみたいと思っていたこの店を訪問。駅から近くて交通便利なのがありがたい。ここ小田急相模原と中央林間の駅前にそれぞれ店舗がある。
s-DSC05269_20150429110218d05.jpg

昼過ぎの訪問だが、半分くらいの客入り。まずは、入口近くの食券自販機で、食券を買うのだが、ここはおすすめと書かれた、一番左上位置にある細麺らーめんにした。定番らーめん、あっさり細麺と書かれている。カウンター席に座って、食券を男性店員に渡すと、とてもていねいな対応だった。

他にメインで調理をしている男性店員が1名。この店のうりは最深スープだそうだ。最深とは文字どおりもっとも深いところという意味のほかに、もっともすぐれていることの意もあるようだ。店の前の看板には3つのこだわりが書いてあった。
s-DSC05268_20150429105612eec.jpg

水はセルフサービス。厨房内では手際よく調理が進んでいる。しばらくして、俺のラーメンがカウンター越しに置かれた。手渡しでなく、きちんと手元に置いてくれるのがうれしい。
s-DSC05257.jpg

では、薀蓄は長いけど、短めにまとめた最深スープ(豚骨魚介スープ)を紹介。豚ゲンコツ、鶏胴ガラを3日間じっくり丁寧に煮ることでまろやかで臭みのない深いスープ。そこに厳選した鰹、数種類の魚ダシを合わせることで完成する奨TASUKUだけでしか味わえない極上の(最深スープ)、だそうだ。

3日間煮込んだということは、このスープは三日前から作り始めたということ。そう考えると感慨深い。大げさかな。
s-DSC05258.jpg

では、その味はどうだろうか。豚骨ベースに魚介風味が合わさっているのだが、どちらも尖らず、互いにうまく譲りあって、高めているようなバランスのよさ。意識して魚介風味を味わおうとすると、鰹節のうま味がのぼってきて、後味がいい。
s-DSC05259.jpg

細麺がおすすめということなので、細麺を選択した。黄色い縮れ麺が、確かにスープに合っていると思う。
s-DSC05260.jpg

チャーシューは、厚くて柔らかさと肉のほどよい固さがあって、うま味が味わえる。
s-DSC05265.jpg

玉子は、味はともかく見た目がNG。
s-DSC05262.jpg

その他に白髪ねぎや柚子などもうまくスープにマッチしていて、味わい深い一杯だった。
s-DSC05266.jpg

冷めないようにという配慮なのだと思うが、底がとがっていて、レンゲで掬いにくいので、最後はドンブリを手で持って、完飲。ごちそうさま。
s-DSC05267.jpg

残したスープの入ったドンブリをいったん回収してつくる雑炊も店のおすすめだそうだ。しかし、気がつけば、いつものようにスープは飲んでしまったので、いまさら後の祭り。
s-DSC05270.jpg

【住所】  相模原市南区松が枝町17-10
【電話】  042-743-5099
【営業時間】平日11:30~14:00 18:00~0:00
       土日祝11:00~15:00 18:00~0:00     
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:小田急相模原から徒歩3分くらい。南口より出て、ロータリーを越えて、左手に神奈川銀行を見ながら信号を左折し、そのまま直進。道なりに進んだイトーヨーカドーの手前、左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席
【メニュー】細麺らーめん780円130g 細麺・小盛り680円85g
      細麺・中盛り880円195g 細麺・大盛り980円260g
      太麺らーめん780円150g 太麺・小盛り680円100g
      太麺・中盛り880円225g 太麺・大盛り980円300g
      辛味らーめん830円 細麺か太麺かお選びいただけます
      辛味・小盛り730円 辛味・中盛り930円
      辛味・大盛り1,030円
      「黒」らーめん830円 小盛り「黒」730円
      中盛り「黒」930円 大盛り「黒」1,030円
      奨の鶏そば780円 鶏そば小盛り680円
      鶏そば中盛り880円 鶏そば大盛り980円
      つけ麺830円200g 麺大盛つけ麺100円400g
      超大盛つけ麺200円600g
      高校生らーめん600円
      チャーシュー増し250円 味付けたまご100円
      モロヘイヤ100円 メンマ増し100円
      ネギ増し100円 海苔増し100円 梅干し100円
      絆セット850円 雑炊270円 炊き込みご飯170円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。