2014-05-01

大和 こくまろ鶏らーめん 久久

平成26年5月1日(木) 11:36訪問。
久久(こくまろ)690円+味玉100円を食す。

久久にやってきた。といっても初訪問。久久は店名。仕事で出かけたついでに立ち寄った店。ここは以前、富志夢があったところ。昨年の6月にオープンしていたようだ。コンセプトは鶏と鶏のWスープ。でも看板をみてもいまひとつよくわからない。
s-DSC00588_20140502174918277.jpg

鶏白湯と鶏清湯のダブルスープということらしい。開店まもない時間なので、先客はなし。店内はにぎやかな貼り紙がたくさん。基本のラーメンは3種類。その中でも当店のメインラーメンと書かれた、メニューにした。店名を冠した久久。これがWスープで、他はあっさりとこってりみたいのようだ。
s-DSC00565_20140502174919d10.jpg

訪問時はちょうど店主の男性が外の黒板にPOPを書いていた。先客はなし。食券を渡すと、ゆで加減などを尋ねられたが、普通で発注。さらに、「あおさという海苔をサービスでのせられますが」。では、お願いします。
s-DSC00568_20140502181644200.jpg

あおさをさらにのせたい場合は有料。その他に調味料も用意している。
s-DSC00566.jpg

カウンターの上の調味料はコショウのみ。
s-DSC00567_20140502174922c32.jpg

深ざるで湯切り。仕事はていねい。約8分で到着。
s-DSC00569.jpg

カウンターにのせるときに、「ドンブリが熱いので、上の方をもってください」とていねいな注意があったが、本当に熱い。昨日は、最初から玉子が半分のっていたのを察知したのだが、今日は見落として、さらに味玉を追加してしまった。
s-DSC00570_20140502174949b0b.jpg

スープを飲んでみる。熱い!そして、味は、その名のとおり、コクがあってうまい。しかし、まろやかかというと、意外と味ははっきりとしている。とがってはいないが、丸くもない。
s-DSC00571_201405021749518d5.jpg

追加してもらった、あおさ。スープに溶かすと、格別だ。サービスありがとう。
s-DSC00574.jpg

麺は細麺。透明感のある、つるつるストレート。気持ち硬めがいい食感だ。
s-DSC00576_20140502183811577.jpg

しゃきっと、青梗菜。
s-DSC00578_20140502183813e12.jpg

長ネギと玉ねぎ、糸唐辛子。これもいい。ネギのうまみが合わさっていい。
s-DSC00579_2014050218381421e.jpg

揚げネギと香味油がよいアクセントになっている。
s-DSC00581.jpg

巻バラ肉のチャーシュー。軽く炙りがあって香ばしく、とろとろに柔らかくてうまい。
s-DSC00583_20140502184404ba5.jpg

最初からついていた味玉。
s-DSC00582_20140502184406b57.jpg

追加した味玉。とろとろで、味付けもちょうどいい。
s-DSC00586_20140502184407cc9.jpg

熱々のスープのうまみをいろいろな具材が引き立てていた。うまみがあって上品な一杯。完食。ごちそうさま。ドンブリの大胆な図柄も楽しい。
s-DSC00587_20140502185534ff2.jpg

店主のこだわりが随所に見える店。限定などもあって、通うと面白そうだ。忙しそうだったけど人柄のよさそうな店主も好感だった。
s-DSC00590_20140502184414ac2.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。

【住所】  大和市深見台1-12-17
【電話】  046-204-8324
【営業時間】月・水・木・日11:30~15:00 17:30~22:30 金・土11:30~15:00 17:30~24:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】小田急江ノ島線・相模鉄道線大和駅下車徒歩15分くらい。小田急線が南北、相模鉄道が東西を走り、クロスしているが、とにかく駅の東側方向に出て、南北を走る小田急線を背に東方向に進む。国道467号線にぶつかったら右折。そのまま道沿いに進み、とんでんという和食ファミリーレストランの先の交差点を左折した左側。
      車で:国道467号線を藤沢方面に向かい、光が丘交差点を左折し県道40号(厚木街道)に。左折して道沿いの左側に店。すぐに右折して小径に入り、その左側の駐車場の奥の一画が駐車可能。

【駐車場】 店の反対側に3台
s-DSC00589_201405021950245ff.jpg
【席数】  カウンター9席 テーブル6席×1
【メニュー】久々(こくまろ)690円 雫(しずく)五月限定680円 
      零(あっさり)640円 剛(がつこく)840円
      麺大盛100円
      半鶏叉焼丼200円 鶏叉焼丼350円
      ◇トッピング
       やわらか鶏叉焼200円 豚叉焼200円 味玉100円
       辛ネギ150円
      ランチタイムライス無料
      お昼のセット(11:30~15:00)久久(こくまろ)+半鶏叉焼焼丼800円
      女性限定笑顔セット880円

【店舗Web】http://ramen-hisabisa.com/index.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-03-12

中央林間 麺屋のすけ 中央林間店

平成26年3月12日(水) 13:37訪問。
らーめん赤300円+味付玉子100円を食す。

仕事で大和方面へ。駅の近くで便利なこの店。2回目の訪問。食ってみようかな、という気にさせる幟に誘われて入店。
s-DSC00806.jpg

店内は、結構とんこつ臭が漂っている。すぐになれるけど。以前と同じらーめん白にした。他に赤と黒。基本は塩とんこつだ。食券を買ってカウンター席に着く。先客は4名。白くて広い座りやすい椅子だ。麺固めで発注した。麺だけでなく、味の濃さや脂の量も選べる。
s-DSC00796.jpg

何となく常連が多い雰囲気。厨房内は男女2人の店員。手慣れた様子で、フレンドリーな対応。愛想はいいけど、ちょっとなれなれしくて緊張感がないような印象がした。さっと深ざるで茹でて、3分もかからずにカウンターにラーメンが置かれた。
s-DSC00793.jpg

スープは、白濁。替玉を前提にしているのか、麺はスープに沈んでいる。
s-DSC00794.jpg

見た目ほど豚骨っぽくなく、あっさりとした印象。そこそこコクもあって、あっさりしているけど、奥行きがある。
s-DSC00795.jpg

麺は、細麺ストレート。もっと細くてもいいかな。このスープにはこの細さがぎりぎりで、これ以上太いと合わないと思う。
s-DSC00798.jpg

太目のメンマ。歯ごたえがいい。
s-DSC00799.jpg

チャーシューは厚くて、柔らかい。味付けもちょうどいい。
s-DSC00802.jpg

テーブルの上にある白黒のゴマと紅ショウガをのせてみた。これはいまいち。やはり、このスープは何ものせないほうがいいようだ。テーブルにはおろしニンニクもあったけど。
s-DSC00801.jpg

玉子。半熟具合はとろ~り。いい感じの味付け。
s-DSC00803.jpg

携帯のクーポンを事前にチェックしていたので、替玉1玉分100円が無料になるけど、やっぱやめといた。腹は減っていたけど、そこまでこのスープと麺がうまく合っているかは疑問だった。でも、スープはしっかり飲み干して完食。
s-DSC00804.jpg

コクがあるけどあっさりしている、そんな印象の一杯だった。でも、臭いのとおりにもう少し濃厚な豚骨が俺としては好みだ。あとはもう少していねいでお客を意識した対応があると、もっといいかな。
s-DSC00805.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★。

【住所】  大和市中央林間 3-4-17
【電話】  046-283-1333
【営業時間】11:30~15:00 18:00~23:00(日曜は22:00まで)
【定休日】 日曜日

【アクセス】電車で:小田急江ノ島線・東急田園都市線「中央林間」駅西口徒歩1分。改札出て商店街を左に進んだところ。
以下、写真で案内。中央林間駅。
s-DSC00807.jpg

駅を背に左に。
s-DSC00808.jpg

一方通行道路を進む。
s-DSC00809.jpg

途中には、こんな店も。ねぎぶたらーめん。
s-DSC00810.jpg

少し地味だけど、右手の手前から2軒目。
s-DSC00811.jpg

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席

【メニュー】らーめん白600円 らーめん黒700円 らーめん赤700円
      醤油とんこつ650円 ピリ辛ゴマー麺700円
      中盛り(太麺のみ)100円 替玉(細麺のみ)100円 
      味たまご100円 温たまご100円  もやし100円
      メンマ100円 キクラゲ100円 高菜50円のり(6枚)50円
      チャーシュー(2枚)100円 ねぎ200円 岩のり100円
      マー油50円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-06-14

大和 麺や鐙

つけそば700円+煮たまご100円
2013_06_14_16_26_30.jpg


大和で仕事。昼飯を食い損ねて、15時過ぎの訪問。慣れない土地で迷いに迷って、ようやくたどり着いた。先客は男子高校生が4名。朝から雨が降ったり止んだりで、温度以上に蒸し暑く感じる。いつもなら、定番のメニューに行くところだが、今日は原則を無視して、つけ麺。この店での呼び名は、つけそば。そのつけそばは、2種類。あっさりコク深のつけめんと、濃厚ドロ系の丸濃つけそば。最近は、濃厚な方が一般的なので、ここはあっさり系を選択。


カウンターの中にいるアイドルタイムをこなす男性店員に口頭で発注。さっそく、調理にかかる。と思ったら、高校生が発注。それでも、俺の麺から茹でてくれていたみたいで、先に到着。つけダレにすべての具材がのるタイプ。見た目もきれいに仕上げてある。具材は、細かく刻んだチャーシュー、メンマ、ネギに海苔。
DSC_0011.jpg



麺は細めの腰のあるぷりぷりした麺。
DSC_0012.jpg


つけ感もなかなかよい。このつけダレは、なかなかバランスのよい魚介と豚骨と思われる出汁を感じる。際だってないけど、しつこくなく、品がよい。食い進むうちに顔を出す柚子の風味がアクセントになっていて、飽きさせない。
DSC_0015.jpg



玉子は普通にうまい。とろける感じがグッド。
DSC_0016.jpg



スープ割りをお願いすると、ステンレス製のポットにスープを入れて提供してくれた。スープ割りを注ぐと、がらっっと印象が変わってしまうものもあるが、ここのスープは予想どおり。悪くない。
DSC_0019.jpg



あわただしく食い終えたけど、印象はよかった。15時までだったら、大盛りも無料だったのが、残念。
DSC_0023.jpg
次はラーメンに挑戦してみたい。この店のまた来たい(期待)度は、★★★。


【住所】   大和市大和南1-2-12 太陽ビル1F
【電話】   046-262-3255
【営業時間】 [平日]11:00~1:00 [日・祝]11:00~0:00
【定休日】  無休
【アクセス】 電車で:相模鉄道、小田急線、大和駅から徒歩3分くらい。東側に出て横浜銀行を探す。その右手           にある三菱東京UFJ銀行の脇の大和銀座と書かれた路地を進んだ左側。
【駐車場】  なし
【席数】   カウンター7席 テーブル2席×1 8席×1

【メニュー】 鐙らぁめん690円 九条ネギらぁめん520円
       焼豚らぁめん930円 肉味噌らぁめん810円
       つけそば700円 丸濃つけそば800円
       唐神味噌らぁめん790円 バカ辛味噌らぁめん900円
       塩らぁめん690円 バカ辛ネギ塩らぁめん620円
       ◇トッピング
        焼豚300円 九条ネギ100円 煮たまご100円
        メンマ100円 バカ辛ネギ150円 炒め野菜100円
       焼きギョーザ310円 ライス150円 小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-06-11

鶴間 龍の髭

龍の髭(ニラそば塩味)900円+半熟味付卵120円
DSC01008.jpg

初訪問の店。12時半過ぎの入店で、意外と空いている。家族連れと2人連れの客が2組のみ。店内に入って、右手の食券自販機で食券を買うのだが、店名を冠した龍の髭ラーメンにしてみた。客にとって内容がよくわからないからだろうが、吹き出しでニラそば塩味と書いた紙が貼ってある。

カウンター席に腰をおろして、調理の様子をしばし観察。L字型のカウンターに囲まれた厨房内で男性店員が調理。まずは井ニール袋から大量のニラと玉ねぎを取りだし、中華鍋で炒める。ドンブリは麺を茹でる鍋の上で温めている。麺はよくもんで、深ざるで茹でる。あまり交通の便がよいとはいえない立地ながら、急に客が入り出した。心なしか、店員のスピードがあがったような。

ていねいに注いだスープにさきほど炒めたニラや具材をのせ完成。見た目にもニラが多い。さて、スープは塩味だが、あっさりというより、幾分濃いめの塩味が攻めてくる。ニラのあくの強さに負けない力強いスープだ。なぜか、ちょっと温めな感じもするが、気にはならない。スープだけでも悪くないところに、ニラとねぎの炒めた野菜がのり、相乗効果が出ている。

麺は細めのぼそぼそ加減のよいほぼストレート麺で、最初だけ意外な感じがしたが、これはなかなか合っている。麺にはもちろん、ニラが絡みつくが、それはそれで、ねらいどおりかもしれない。具材は、チャーシューにメンマ、のり。チャーシューは、麺を食ううちに、箸の刺激で崩れるくらい柔らかいもので、あっさりながらもうまい。メンマもしゃきっと歯ごたえがよい。追加の味付玉子も悪くはない。

しかし、よくよく考えると、このラーメンってなかなか非凡な発想だと思う。ややもすると、ニラに焦点が行きがちなところをうまくコントロールしつつ、塩のうま味を活かす絶妙なバランスがいい。この一杯900円を高いととるか、妥当ととるかは人それぞれか。しかし、味付玉子をのせると千円をわずかに超えるのは、ちょっと厳しいかな。もったいないから、スープまで飲み干して、完食。ちょっとスープ少なめに感じたけどね。

追伸:ホームページ見て、店主の温かい人柄を感じた。今度は、普通の塩ラーメンを食ってみたい。

DSC01009.jpg

【住所】   大和市林間1-1-1
【電話】   046-272-7788
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:小田急江ノ島線鶴間駅から5分くらい。、東口に出て、線路を左手に見ながら、線路沿いを進んだ右側。南林間駅からも同程度の距離。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター11席 テーブル4人掛け×3
【メニュー】醤油らーめん650円 ミニ醤油らーめん450円 つけ麺醤油730円
       龍のひげ900円 季節らーめん900円
       塩らーめん700円 ミニ塩ラーメン500円 つけ麺塩780円
       坦々麺900円 坦々つけ麺950円
       焼餃子400円 水餃子450円 トロチャーシュー4枚440円
       トロチャーシュー2枚220円 揚げネギ250円 韮もやし250円
       ジャンロウ250円 メンマ150円 半熟味付卵120円
       ライス200円 半ライス140円
【ホームページ】http://homepage3.nifty.com/ryunohige/index.htm

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-11-09

大和 ラーメン専門店 大和 しんたけ 2号店

しんたけラーメン600円+煮玉子のせ100円
DSC00450.jpg

以前に1号店というか、駅からかなり離れる店には行ったことがあるのだが、2号店ができるほど人気の店だとは知らなかった。こちらは駅からほど近い。近くには半蔵と壱鵠堂が軒を連ねており、少し脇に入った所に店がある。厨房を広めにとってあるせいか、もう少し客席が作れるのではと思われる造り。直線カウンターで席は6席のみ。12時20分くらいの現着で、先客は2名。食券自販機は置いていない。基本のしんたけラーメンを発注。さらに例によって玉子も発注。ラーメンと煮玉子といったら、しんたけラーメンですね、と言い換えされてしまった。何かこだわりがあるのでしょう。

発注し終わって、ぼうっとしていると、前金でお願いします、といわれ前金制だということを知った。深ざるで茹でて、背脂を振りまいて、何かをさらにドンブリに振ってできあがり。ちなみに店員は1名。まあ、席が6席しかないから一人でも十分なような気もする。水はセルフサービス。

さて、チャーシューにのっていたのは細かな柚子。スープは背脂とんこつで甘味の強いライトなスープだ。重層的に背脂が覆っている。 大きめのチャーシューの上に柚子が乗り、これが不思議な味わい。しかし、決して悪くはない。珍しくチャーシューから食った。柔らかくてうまい。薄いのはやむなしといえるが、しかし、柚子も一緒に食ってしまったなので、柚子風味は、すぐに消えてしまった。少しずつ柚子風味を味わうべきだった。縮れのある細麺は、スープとの相性は今ひとつかも。それから、玉子やはり最初から半分入っているのだった。店の前に写真を貼った看板が出ていたのによく見なかった俺がいけない。メンマは冷たかった。あとは小さな海苔。

柚子の魔法が消えると、完全な背脂とんこつで、しかも、さっぱりともこってりともつかないもので、これは最初のインパクトに比べると、尻すぼみな感じだ。最近、背脂が浮くラーメンをあまり食っていないので、これはこれでまあ、いいかという感じだ。食い終わって、カウンターにドンブリを上げようとも思ったが、カウンターがちょっと高いのでやめた。価格は高くないけどね。最後に、塩味はどんなことになっているのか、少し気になった。

DSC00455.jpg

【住所】    大和市大和東1-4-8
【電話】    
【営業時間】 11:30~14:30 17:00~スープなくなるまで
【定休日】  不定級
【アクセス】電車で:相鉄線・小田急江ノ島線大和駅下車。徒歩5分くらい。駅を降りて東北方面に出る。商店街を駅を背に北上。大和東二丁目交差点を右折した左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席

【メニュー】しんたけラーメン600円 チャーシューメン950円
       ネギラーメン750円 高菜ラーメン750円 ネギチャーシューメン1,100円
       塩ラーメン650円 塩チャーシューメン1,000円
       大盛100円 煮玉子のせ100円 メンマ増し100円 青ネギ増し100円
       焼きのり増し100円 ガーリクチップ100円 ガーリックオイル100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター