2017-09-09

日ノ出町 煮干し中華そば 麺屋 新星

平成29年9月9日(土) 18:46訪問。
味玉煮干し中華そば800円を食す。

思い立つことがあって日ノ出町のこの店を仕事帰りに途中下車して、初訪問してみた。
s-DSC02643.jpg

隣はひもの屋という屋号の店のようだ。しかし、看板の下の店舗は区別なく、この後入ってすぐにとんでもない店だということがわかった。
s-DSC02642.jpg

入口はこちらと書かれた案内にしたがって、左側の入口から入る。薄暗い店内には、食券自販機が設置してある。なんかこの前の濱星と似たようなメニュー展開だ。この前と同じように鶏白湯は避けて、煮干し中華そばに味玉をプラスしたメニューを選択した。
s-DSC02644_2017091015301489c.jpg

とりあえず、カウンター席に座って、店内を見回すと、酔客がやたらとうるさい。どうもこの店は、入口こそ違えども、店内は居酒屋とまったく同じで、運悪くやたらと声の大きいバカな集団とたまたまいっしょになってしまった。おかげで、ラーメンを食う客は何となく肩身が狭い。厨房にいる2人の店員も酔客の注文に振り回されている。
s-DSC02659_20170910154403d2d.jpg

早く食って出ようにもすぐにできないので、カウンターを観察。高円寺の煮干しラーメン店の姉妹店だそうだが、干物屋の煮干ラーメンでいいじゃないか。
s-DSC02645.jpg

卓上の調味料は自家製だそうだ。
s-DSC02647.jpg

あとで試してみよう。
s-DSC02646.jpg

そうして、ラーメンがカウンター越しに提供された。
s-DSC02648_20170910154410358.jpg

煮干しの味は控え目ながら、すっきりとキレのある味わい。煮干の嫌味がないのが特徴だ。
s-DSC02650_20170910160249a77.jpg

スープと玉ネギの相性がよくって、いっしょに飲むと、よりまろやかな印象だ。
s-DSC02652_201709101602510b0.jpg

この店も穂先メンマを使用。
s-DSC02653_201709101602544c3.jpg

味玉はまあ普通。
s-DSC02654.jpg

鶏チャーシューは小さいけど、癖がなく食いやすい。
s-DSC02655_20170910160842613.jpg

チェーン店の牛丼屋の肉みたいになってしまったが、薄めのチャーシュー。
s-DSC02657_20170910160845345.jpg

ごますりって言うけど、何だかんだ試したけど、調味料はすりごまがいちばんよかった。
でもしっかり、スープまで飲み干して完食。
s-DSC02658.jpg

おすすめはもちろん、ランチタイムです。
s-DSC02661_20170910160848fa0.jpg

【住所】  横浜市中区宮川町3-81 第一石川ビル 1F
【電話】  045-325-9500
【営業時間】11:30〜翌2:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅下車徒歩2分くらい。改札を抜け、京急ストアを越えて目の前の交差点を渡ったらすぐ。
マップコード 8 705 170*18
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター5席 ほか
【メニュー】濃厚煮干し鶏白湯そば750円
       味玉濃厚煮干し鶏白湯そば850円
       特製濃厚煮干し鶏白湯そば950円
       煮干し中華そば700円
       味玉煮干し中華そば800円
       特製煮干し中華そば900円
       濃厚煮干しつけ麺 並・中780円
       味玉濃厚煮干しつけ麺 並・中880円
       特製濃厚煮干しつけ麺 並・中980円
       濃厚煮干し辛つけ麺(ひかえめ・普通・激辛)並・中830円
       味玉濃厚煮干し辛つけ麺並・中930円
       特製濃厚煮干し辛つけ麺並・中1,030円

       麺の大盛り100円
       ​半つけタレ100円
       
       冷やし煮干し中華そば750円
       味玉冷やし煮干し中華そば850円
       特製冷やし煮干し中華そば950円
       冷やし辛煮干し中華そば780円
       味玉冷やし辛煮干し中華そば880円
       特製冷やし辛煮干し中華そば980円

        煮干し香る贅沢玉子かけご飯200円
       ミニチャーシュー丼150円
       小ライス100円 ライス150円
       ミニねぎとろ丼250円
       ミニ大山鶏たたき丼200円
       ―トッピングー
       味玉100円 玉ねぎ100円
       のり100円 青ネギ100円
       穂先メンマ150円 チャーシュー250円
       特製200円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-09-05

関内 拉麺 弁ten

平成29年9月5日(火) 12:09訪問。
味玉醤油らーめん850円を食す。

昨日に続いて今日も研修。今日の昼はどこに行こうかな。と考えるまでもなく、予習済みだ。休み時間は12時から13時までなので、混むことも想定して、昼休みになった途端、脱兎のごとく店に向かう。そして、向かった先がこの店。弁天通りにある弁ten。
s-DSC02601_20170906221553867.jpg

正午過ぎだけど、店内はまだまだ席に余裕がある。自販機で食券を購入して、カウンター席へ着いた。初訪問なので、迷うことなく醤油らーめん。味玉もプラスしてみた。
s-DSC02593_20170906221556772.jpg

カウンターと椅子の高さのバランスが合わなくて、どうにも居心地がよくない。おまけに荷物を置く棚があったり、荷物用の籠が用意されていたりするわけではないので、カバンの置き場に困る。かといって、直接床に置くのは嫌なのだ。仕方なく、椅子の背にかけたら、客だけでなく店員まで当たるので、ついには膝にのせてラーメンを食う羽目になった。ちょっとした気遣いが店の印象を左右する。第一印象は気の置けない、ではなく、気のきかない店となってしまった。

店員は3名。ホール担当の女性、黒いTシャツの元気のよい男性、コック服の男性の3名だ。俺の前につけ麺が続けざまに入ったようで、時間がかかっている。これは、ひょっとして午後の研修に間に合わないかも、という嫌な予感が頭をよぎる。

厨房の様子を観察していると、深ざるで茹でた麺を一旦平ざるにあけてから、かなり何度も湯切りしている。これは麺がいたまないものだろうか。まっ、素人考えなのかもしれない。仕事ぶりを拝見していると、少し余裕がなさそうな気がした。

そして俺のラーメンが運ばれてきた。見た目はかなりシンプル。海苔はない。
s-DSC02594.jpg

ネット情報では、支那そばや出身だそうだ。期待しつつ、スープをすする。第一印象は、うどんやそばのつゆみたいな印象。油ではなく、すっきりとした出汁と尖った醤油味が前面に出ており、ともすれば奥行きの浅そうにみえるところを、後半の後味で持ち直すといった感じだ。こういうスープは好きな部類だ。
s-DSC02595.jpg

続いて麺。細めのストレート麺は、素直な啜り感で、これまたすっきりとした印象。つるっとした食感は細いうどん的でありながら、スープを絡めた噛みごたえはやはり、キレのあるラーメン。
s-DSC02596_20170906221559389.jpg

細目が合いそうだが、意表をついて極太のメンマ。
s-DSC02597_201709092016476b5.jpg

脂身ありのちょっと小さ目のチャーシュー。
s-DSC02598.jpg

普通の印象の味玉。
s-DSC02599_201709092016504ea.jpg

もったいないのでスープも飲み干して完食。
s-DSC02600_2017090920165141b.jpg

出来上がりを待っている客ばかりで、出てくるのが遅いのではと冷や冷やしたけど、案外早く提供されてよかった。
午後の研修にも無事間にあった。
s-DSC02602-2.jpg

【住所】  横浜市中区弁天通3-48 弁三ビル1F
【電話】  
【営業時間】11:00~15:00/17:00~23:00 [土曜] 17:00~翌3:00
【定休日】日曜・祝日
【アクセス】電車で:JR根岸線関内駅北口から徒歩10分弱。関内駅北口駅を背にまっすぐ進む。弁天通三丁目交差点を右折したすぐの右手。
マップコード 8 706 328*82

【席数】  カウンター11席、テーブル4人×1、 2人×4
【メニュー】特製醤油らーめん1,050円 醤油らーめん750円
      味玉醤油らーめん850円 ワンタン醤油らーめん950円
      チャーシュー醤油らーめん1,000円
      特製塩らーめん1,050円 塩らーめん750円
      味玉塩らーめん850円 ワンタン塩らーめん950円
      チャーシュー塩らーめん1,000円
      特製鶏白湯らーめん1,050円 鶏白湯らーめん750円
      味玉鶏白湯らーめん850円 ワンタン鶏白湯らーめん950円
      チャーシュー鶏白湯らーめん1,000円

      味玉100円 のり100円 ネギ100円
      メンマ100円 ワンタン4個200円
      チャーシュー250円
      大ライス200円 ライス150円 半ライス100円
      玉子かけご飯250円 チャーシュー丼350円
      ミニチャーシュー丼250円
      日替り炊込みご飯 350円

      各種大盛り100円
【店舗web】https://twitter.com/ramenbenten

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-09-04

伊勢佐木長者町 戸みら伊

平成29年9月4日(月) 17:24訪問。
戸みら伊らぁめん750円を食す。

研修が終わってぶらぶらと伊勢佐木町を歩いて帰ることにした。そこで、ちょっと洒落た店構えのラーメン屋を発見。
s-DSC02604_20170905214454b9e.jpg

メニューもちょっと凝ったイラストで、わかりやすいんだんかわかりにくいんだか、わからない。ラーメンはともかくつけ麺はうまそうに見えるかは、見る人の空腹具合に依存するかもしれない。
s-DSC02580.jpg

店内に入ると、こんな食券自販機が置いてある。あれ、店名のついたメニューより豚骨魚介らぁめんがおすすめなのかな。しかし、ここはあえて店名を冠した戸みら伊らぁめんを選択した。
s-DSC02581_20170906192307a4e.jpg

上手に日本語を話すホール係りの男性店員に案内されてカウンター席についた。カウンターには謎の調味料が置いてある。あとで試してみよう。
s-DSC02582_20170905214459524.jpg

少し待って運ばれてきた。立体的に飾られたネギや菜っ葉がちょっとしゃれている。
s-DSC02583_2017090521450033c.jpg

鶏とんこつとメニューに書いてあったが、どちらかというと濃厚鶏白湯みたいな印象だ。とろりとしたスープは、重すぎず軽すぎずで、コクもある。
s-DSC02584_20170906193909d16.jpg

かなり縮れの強いやや太目の麺は、茹で加減が難しいのか少しムラがある気がした。でも、この食感、嫌いではない。長めなので、目一杯ほおばってはいけない。
s-DSC02586_2017090619391122d.jpg

しゃっきっとした水菜は、とろりスープの組み合わせが意外で楽しい。
s-DSC02587_20170906193912642.jpg

濃い目のメンマ。味付まで濃いわけではなかった。
s-DSC02588_20170906193913608.jpg

炙ったチャーシューは柔らくて、少し濃い目の味付けがスープにあっている。
s-DSC02590_20170906193915ea5.jpg


外装にたがわず内装も洒落ているけど、ラーメン自体は気取らず普通にうまい感じだった。スープは少し残してしまった。替玉や大盛が意外と安いので、食える時なら大盛がいい。
そういえば、例のスパイスを入れるのをすっかり忘れてしまった。
s-DSC02605_20170906195036563.jpg

【住所】  横浜市中区伊勢佐木町2-91 第2イセビル
【電話】  045-261-6680
【営業時間】11:00~6:00
       [日・祝]11:00~0:00
【定休日】なし 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅から徒歩5分くらい。3B出口から地上に出て、ワシントンホテルを右に見ながら直進。長者町五丁目交差点を過ぎ、2つ目の交差点を右に入ってすぐの右側。
マップコード 8 676 693*61
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター10席 テーブル4席×3
【メニュー】特製魚介らぁめん900円 豚骨魚介らぁめん750円
      炙りチャーシューらぁめん980円
      特製魚介全部のせらぁめん1,080円
      戸みら伊特製らぁめん~鶏とんこつ~900円      
      戸みら伊らぁめん750円 戸みら伊炙りチャーシューらぁめん980円
      戸みら伊全部のせらぁめん1,080円
      四川担々麵880円 チーズ担々麺930円
      つけ麺 ~魚介 鶏とんこつ~880円
      特製つけ麺1,030円 辛つけ麺880円
      香味らぁめん~鶏とんこつ~(あっさり)700円
      
      麺大盛り30円 麺替え玉50円
      炙りチャーシュー280円 煮玉子100円
      極太メンマ150円 旨ネギ150円
      岩のり100円
      
      チャーシュー丼300円 たまごかけご飯220円
      旨ネギ丼250円 
      ごはん130円 小ごはん100円

      焼餃子300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-09-04

関内 麺匠濱星

平成29年9月4日(月) 12:10訪問。
味玉入り煮干しそば830円を食す。

今日はめずらしく外での研修だ。昼休みが12時から13時までのきっかり1時間なので、あらかじめ行く店を決めていた。昼休みになったら、急ぎ足で向かった。近所の勤め人御用達の店らしく、店内満席で店外に行列ができていた。しかし、この程度なら昼休みで食い終えて午後の研修には間にあうだろう。
s-DSC02568.jpg

メニューは濃厚煮干しそばと煮干そばの2種類。濃厚は濃厚な鶏白湯に煮干しスープを合わせたもので、厳密には濃厚鶏煮干そば、一方の煮干そばは大量の鶏ガラスープに国産片口鰯の煮干に、鰯、鯖、うるめの節をブレンドしたものだそうだ。まあ、どちらを選んでも鶏スープに煮干しの組み合わせだ。

迷うことなく、煮干そばにした。10分ほど待って、食券を買うことができたが、窮屈な店内はカウンター席が少ないので、ひとり客をさばききれず、4人テーブルに相席で案内された。

とにかく客をさばくことだけで頭がいっぱいのようで、あまり感じのよくない男性店員に食券を渡した。相席の客は隣の椅子に移動したらしく、勝手に移動しないように注意されていた。

しばらくして、俺のラーメンが運ばれてきた。麺が見えないような盛り付けだ。
s-DSC02570.jpg

スープは、煮干しの嫌味な部分をうまく隠していて、すっきりとしたうま味が味わえる。煮干のインパクトを求めると物足りないのだが、その分、鶏ガラスープとのバランスがよく、構えずに食えるところがいいところだ。
s-DSC02571.jpg

細目のストレート麺も特に癖なく、当たり前にうまい。
s-DSC02572.jpg

海苔の下に少し刻み玉ネギが隠されており、これがなかなかスープとの相性がよい。もっと、前面に出しても面白そうだけど、食い手を選んでしまうかな。
s-DSC02573_201709051911265bd.jpg

特徴をだそうと努力しているのか、穂先メンマ。ちょっと柔らかめだった。
s-DSC02575_201709051944335f5.jpg

味は悪くないけど、大きさの割に何とも薄いチャーシュー。
s-DSC02576_20170905194434efa.jpg

味玉はややとろっとした半熟で、味つけは普通。
s-DSC02574_20170905194436899.jpg

スープの後味がすっきりなところがいいところ。完食。
s-DSC02577.jpg

ことなかれ的な感じもするけど、案外バランスよくまとまっていた。鶏+煮干しというカテゴリーなら、とても満足できる一杯だ。
s-DSC02578.jpg

急いで、食い終えて午後の研修にも間に会った。
s-DSC02579_20170905195333b23.jpg

【住所】  横浜市中区弁天通2-28 ライオンズマンション関内 1F
【電話】  045-228-9150
【営業時間】[月~金、祝日]11:00~0:00
       [土]11:00~21:00
       [日]11:00~18:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:JR根岸線関内駅北口から徒歩10分弱。関内駅北口駅を背にまっすぐ進む。弁天通三丁目交差点を右折し直進した左手。
マップコード 8 707 272*30
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター5席 テーブル2席×2 4席×2
【メニュー】 濃厚煮干しそば
       並盛780円 味玉入り880円
       特製960円 麺大盛り+100円
       煮干しそば
       並盛730円 味玉入り830円
       特製910円 麺大盛り+100円
       濃厚煮干しつけ麺
       並盛810円 味玉入り910円
       特製990円 麺大盛り+100円
       濃厚煮干し辛つけ麺
       並盛860円 味玉入り960円
       特製1,040円 麺大盛り+100円

       ホエー豚のネギチャー丼200円
       ​煮干し香る贅沢玉子かけご飯250円
       小ライス100円 ライス150円

       ―トッピングー
       味玉100円 玉ねぎ増し50円
       のり増し50円 青ねぎ増し100円
       穂先メンマ増し150円 ホエー豚のチャーシュー増し200円
       特製180円
【店舗web】https://www.facebook.com/hamaboshihonten/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-08-16

坂東橋 麺屋M

平成29年8月16日(水) 13:13訪問。
味玉煮干そば850円を食す。

今日は連休最後だが、職場に行く羽目になってしまった。幸い短時間だけだったけど、なんかなあ。京急に乗って帰る道すがら、途中下車で昼食をとって、自分をなぐさめてあげようかと思い、候補を2店、頭に描いた。次が普通電車だったら、黄金町、急行電車だったら弘明寺で降りようと決めた。普通が来たので、この店を初訪問。
s-DSC02438_20170816152500058.jpg

どうも煮干の店っていうのは、どSだのMだの、そういう名乗りをする店が多いのかな。

それは、さておき店内に入ると、まずは食券自販機が置いてある。先客は5名。初訪問なので、基本の煮干そばに味玉をプラス。
s-DSC02428.jpg

食券を買ったら、カウンターにあげて、出来上がりを待つ。水は銅製のコップに注いでくれる。店主とおぼしき男性がひとりでがんばっている。
s-DSC02429_201708161525035f8.jpg

俺の席が材料に近いのか、かすかに煮干しの香りがする。カウンターの上の調味料は七味とコショウのみ。
s-DSC02430_2017081615250485d.jpg

バーナーでチャーシューを炙っているなと思ったら、深ざるで湯切りをしている。見ている間に、一番最後に入った俺の分まで出来あがり。思いのほか、早い提供だった。
s-DSC02431_201708161525068d5.jpg

では、スープから味わってみよう。はっきりとした煮干しのうまみを感じる。普通の煮干ラーメンよりはっきりとした煮干し感があって、なかなか攻めてくる感じだ。そして、追いかけるかのようにショウガと醤油のうまみが重なっていく。これは、うまい。
s-DSC02432_20170816154135e38.jpg

手もみ麺と謳うとおり、茹でる前に手でよく揉んでいた。太さの違うこの縮れ麺を啜る快感がたまらない。
s-DSC02435_20170816154140d1d.jpg

そして、炙ったチャーシューは香ばしくて、弾力があって歯ごたえがいい。これまたうまい。
s-DSC02436_20170816154142d78.jpg

気がつけば、スープがわずかに残るのみ。そのスープを堪能して完食。ごちそうさまでした。
s-DSC02437_20170816154524b75.jpg

とても愛想のいい店主にうまかった、と告げると大変喜んでいた。やはり、作り手としてはうまいといわれることは格別何だろうなと改めて思った。これからは、なるべく億劫がらずに、うまかったと言おう。

それから、他の客に話しかけていたのだが、「海薫るそば」というのは和だし的で、油が本当に少なくてさっぱりと食えるようだ。次はそれだな。

帰り際に、火曜休みで11時から2時までと6時から10時までやってますので、またぜひと声をかけられた。
また寄せてもらいます。
s-DSC02439_201708161545261f9.jpg

【住所】  横浜市中区曙町4-45
【電話】  
【営業時間】11:00~14:00/18:00~22:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄ブルーライン坂東橋より徒歩3分。3A出口より地上にあがり、一歩通行道路を進行方向に緑地を右に見ながら直進。弥生町四丁目交差点を左折し、直進。曙町三丁目南交差点を横断したすぐ左側。
マップコード 8 675 287*83
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター8席
【メニュー】煮干そば750円 味玉煮干そば850円
      チャーシュー煮干そば1,050円 特製煮干そば1,050円
      海薫るそば750円 味玉海薫るそば850円
      チャーシュー海薫るそば1,050円 特製海薫るそば1,050円
      
      中盛り100円 大盛り200円
      味玉100円 細切りメンマ100円
      姫竹メンマ100円 九条ねぎ100円
      白ねぎ100円 のり50円
      ライス150円 半ライス100円
      チャーシュー飯250円
【店舗web】https://twitter.com/gingingin001

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター