2018-01-19

日ノ出町 つけ麺はま紅葉

平成30年1月19日(金) 19:12訪問
太麺290g800円を食す。

昨年11月に日ノ出町駅近くにオープンの店に金曜日の仕事帰りに寄ってみた。横浜で京急を待って、次に来る電車が、日ノ出町にもとまる急行だったら、寄ってみようと思ったら、見事に急行がやってきた。

s-DSC01662_20180121110015a07.jpg

入り口近くの自販機で食券を買うのだが、メニューはつけ麺のみ。太麺と平打麺と細麺が選べる。麺の量は、200g、230g、260g、290gと30g刻みで同一料金だ。230gが並の量みたいだ。

カウンター席に座って、食券を女性店員に渡すと、まずは麺の量を確認される。もちろん290gでお願いした。これで中盛相当のようだ。さらに続けて、温盛と冷盛を聞かれるが、これは、冷盛でお願いした。

カウンターには、麺についての断り書きが貼ってある。ちょっと文意を把握しにくいが、国分寺の「つけ麺 紅葉」で修行したということらしい。
s-DSC01665_20180121110016f01.jpg

店内には製麺機が置いてあった。これで、その日に打った打ち立ての麺が食えるわけだ。
s-DSC01668_20180121110021e0d.jpg

スープのこだわり。
s-DSC01666_201801211100181cf.jpg

カウンター内の厨房は女性店員が注文を確認していて、男性店員が麺茹で等の調理を担当。どちらも若い。しかし、食品衛生責任者は女性のようだ。茹で時間は約10分。

のんびり待っていると、やがてできあがり。
s-DSC01669_20180121110024e1a.jpg

自慢するだけあって、さすがに麺はコシがあって、ねばりもあってうまい。麺自体の味もいい具合だ。スープは濃い目に作ってはあるが、どろどろというほどではなく、適度な酸味がすっきりとした後味だ。
s-DSC01670_20180121110025138.jpg

柔らかいコロっとしたチャーシュー。
s-DSC01671_20180121110027d89.jpg

なるとちん。
s-DSC01672_20180121110029eb4.jpg

よく噛んで、味わって麺を食い終えたら、スープ割りをお願いする。
s-DSC01673_201801211100300f7.jpg

手元で、柚子の皮をむいて、入れてくれているので、柚子の風味が効いていて、これまたさっぱりとうまい。
s-DSC01674_20180121110031346.jpg

じゅうぶん堪能して、完食。ごちそうさま。
s-DSC01675_20180121110033c42.jpg

【住所】  横浜市中区長者町9-140
【電話】  045-262-5055
【営業時間】[月] 11:00~14:30
[火・水・金~日] 11:00~14:30 18:30~23:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅より徒歩5分くらい。改札を抜け、京急ストアを越えて目の前のスクランブル交差点を横断して進む。川を渡り、信号2つ目を右折してすぐ。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター11席
【メニュー】つけ麺
       太麺800円 200g、230g、260g、290g
       平打麺800円 200g、230g、260g、290g
       細麺800円 200g、230g、260g、290g
       
       大盛400g100円 特盛500g200円
       ライス100円 チャーシュー丼250円
       味付玉子100円 メンマ100円 ザーサイ100円
       のり100円 岩のり150円
       水餃子(2個)100円 すだち100円
       辛味80円
       全部入り300円 チャーシュー350円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-11-01

伊勢佐木長者町 中華蕎麦 時雨

平成29年11月1日(水) 11:16訪問
中華蕎麦780円+出汁たまご100円を食す。

今日は伊勢佐木長者町へ出没。ちょっと早めの昼飯を食いにこの店を初訪問。
s-DSC00211_201711031417528ab.jpg

最初、店が地味すぎて、気づかず通り過ぎてしまって、また戻ってきてこの辺だと見当をつけてようやくわかった。
s-DSC00223_20171103141754de0.jpg

メニューは中華蕎麦がメインと思われるが、他にも色々な展開。ホロホロ南蛮キジつけ蕎麦なんていう名前にもそそられる。しかし、ここは基本の中華蕎麦からいってみよう。
s-DSC00212_20171103141754c48.jpg

まだ昼には間があるので、店内は先客5名だ。入口近くの自販機で食券を購入して、案内されるままカウンター席へ着いた。席は隣との距離が余裕があってゆったり目だ。店の内装にあわせて、あらかじめ木製のトレーがセットされている。レンゲと箸置きが一体となっていた、便利な道具が用意されていた。箸はちょっと高級そうな割り箸だ。こういう演出がラーメンへの期待を高める効果は大きい。
s-DSC00214_20171103141756d16.jpg

厨房にはメインの調理担当とサブと思われる男性2名。さらにホール係の女性店員が1名。ラーメンの種類によってスープを小さな鍋に小分けして温めているようだ。麺茹では深ざるで茹でて、平ざるにあけ、一度、二度空中でひっくり返して湯切り。

そろそろかな、と思ったら俺の中華蕎麦が出来上上がりだ。カウンター席は厨房に面しているのだが、カウンター越しではなく、外から回り込んで、提供された。
s-DSC00215_20171103141757459.jpg

さっそくスープを飲んでみる。こりゃ、うまい。まず印象的なのは、ほどよい醤油の切れ具合だ。そして、出汁も強すぎず、控えめながら、まろやかで、鶏の出汁や魚介の出汁が上品に効いている。
s-DSC00216_201711031417593ca.jpg

中くらいのストレート麺は、つるつるっと啜りがいい。噛みごたえもよくって、この麺も品のよい印象だ。
s-DSC00217_20171103141802dea.jpg

ラーメンには珍しい鶏の八幡巻き。これが予想通りjこのラーメン、いや中華蕎麦にぴったり合う。
s-DSC00218_20171103141804534.jpg

このチャーシュー、見た目以上に柔らかくて、麺を食っているうちにすでに崩壊気味。そのくせ、歯ごたえもしっかりしていた。
s-DSC00219_20171103141805bc0.jpg

とろ~とした具合が絶妙の玉子。味は幾分控えめながら、じゅうぶんうまい。
s-DSC00220_20171103141806277.jpg

そんなこんなで、あっという間に完食。ごちそうさまでした。
s-DSC00221_201711031418081c3.jpg

中華蕎麦というものの、和食のような繊細な印象。塩そばやつけ蕎麦も楽しみだなあ。
s-DSC00222_20171103141801981.jpg

【住所】  横浜市中区不老町2-10-5 三陣ビル 1F
【電話】  045-264-4809
【営業時間】[平日]11:00~14:00 18:00~21:00
       [土曜]11:00~14:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅から徒歩3分。出口2より出て、大通り公園水の広場をまっすぐ進む。道路に突き当たったら、万代町2丁目交差点を横断して、右折。少し進んで、最初の交差点のすぐ先。左側。
マップコード 8 676 528*38
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター6席 テーブル2席×4
【メニュー】中華蕎麦780円 塩蕎麦820円
      ホロホロ南蛮雉つけ蕎麦900円
      青唐辛子酸辛雉つけ蕎麦900円
      坦々蕎麦850円 
      替玉100円 つけ蕎麦大盛100円
      ◇トッピング
       特製トッピング300円 三種のお肉300円
       出汁たまご100円 
      ご飯小100円 ご飯150円
      お肉のっけご飯350円
【店舗web】Twitterhttps://twitter.com/_shigure_490

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-10-31

日ノ出町 らぁ麺's kitchenかわべ

平成29年10月31日(火) 11:44訪問
味玉らぁ麺780円大盛(1.5玉)無料+小ライス無料を食す。

今日も都合により日ノ出町でランチ。大通りから路地に入ったところで、この店は以前、野毛の麺家 真と名乗っていた店だ。
s-DSC00210_2017110109170428a.jpg

メニューは豚骨スープのラーメンがいろいろな展開で用意されている。さあて、何にするかな。とりあえず中に入ってみよう。
s-DSC00193_2017110109165006b.jpg

店内は以前と同じく喫茶店みたいなテーブル席が並んでいる。
家族経営らしい。女性店員がすぐに水とおしぼりをもってきてくれる。小さな子どもが一人で遊んでいるのが、何ともほほえましい。
s-DSC00200_201711010916582b3.jpg

テーブルの上に置いてあるメニューを開いて、改めて何を食おうかな。おすすめの厚切り炙りチャーシュー麺にスペシャル全のせらぁ麺。これはちょっと無理だなあ。
s-DSC00195_20171101091651dc6.jpg

隣のページにあった味玉をプラスしたらぁ麺に決めた。
s-DSC00196_20171101091653a2b.jpg

そして、ランチメニューの得得セット。麺大盛無料、小ライス無料って、結局全部無料のセットだ。結局、この無料サービスの誘惑に逆らえず、女性店員にお願いした。
s-DSC00194_20171101091655e94.jpg

厨房は客席からは見えない奥にあって、男性店員が調理をしている。

少し待って、まずは小ライスが運ばてきた。
s-DSC00199_20171101091657d6f.jpg

続いて、ラーメン大盛が運ばれてきた。写真だとわかりづらいが、ドンブリが大きいような気がする。いや大きいと思う。女性店員が、「チャーシューが小さかったので、2枚いれておきました」「それは、どうも」。決して小さくないように見える。
s-DSC00201.jpg

スープは、軽やかな豚骨出汁に、醤油味もさほどキレがない。まあ、悪くいうと飽きやすいかな。
s-DSC00202_20171101091701609.jpg

麺は、少し縮れのある太麺でやや長め。特に茹で加減などを聞かれないのが、好感だ。標準で、食べやすい加減だ。
s-DSC00205_2017110109170543f.jpg

そして、この店の特色がすぐにわかった。それが、このチャーシュー。普通のラーメンでも大胆な厚さと大きさのチャーシューが入っている。やや出し殻っぽいものの、柔らかくて食べごたえじゅうぶん。いや十分すぎる量だ。
s-DSC00206_20171101091706163.jpg

ライスは海苔で巻いて食べることにした。普通のコショーはあるのだが、ニンニクやブラックペッパーなどは置いていない。
s-DSC00207_20171101091708917.jpg

玉子はちょっと甘みがきついかな。
s-DSC00208_20171101091709b64.jpg

いやあ、食ったあ。すみません。スープは無理でした。ちなみにほうれん草が冷凍でなくてみずみずしいのがとってもよかった。
s-DSC00209_20171101091710e2e.jpg

支払いをしようと奥のレジに行ったら、さきほどの男の子がビデオを見ながら食事中。と、おもむろに自分のテーブルにあった小さなチョコレートをハロウィンのプレゼントだと手に握らせてくれた。なかなか素敵なサービスだ。さあて、腹も心も満腹になった。仕事に勤しむか。

【住所】  横浜市中区野毛町2-78
【電話】  045-231-1271
【営業時間】[火~土]11:30~0:00
       [日]11:30~20:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅下車徒歩5分くらい。改札を抜け、京急ストアを越えて目の前のスクランブル交差点を斜め左方向に渡り、桜木町方面に進み、宮川町3丁目交差点から3つめの路地を右に入り、一方通行を逆に進んだ右側。
マップコード 8 705 267*46
【駐車場】 なし

【席数】  
【メニュー】厚切り炙りチャーシュー麺1,200円 全部のせらぁ麺 1,200円
      カレーらぁ麺 880円 チャーシュー麺 880円
      野菜らぁ麺 880円 ねぎらぁ麺 880円
濃厚和風つけ麺(辛みそorゆず) 880円
      自家製カレーつけ麺880円
      味玉らぁ麺780円 辛みそ豚骨 780円
      豚骨醤油らぁ麺 680円
      和風醤油らぁ麺 680円
     ◇トッピング
       野菜盛(キャベツ&もやし&青菜)200円
       スライスチャーシュー200円
       角切りチャーシュー300円
       白ねぎ・辛味ねぎ200円
       のり(7枚)100円
       半熟味付けたまご100円
       特製メンマ200円
キャベツ・もやし・青菜(ボイル)各100円
       薬味ネギ100円 生たまご50円
       辛みそ100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-10-30

日ノ出町 らーめん楓 日ノ出町店

平成29年10月30日(月) 11:48訪問
味噌らーめん790円を食す。

今日は都合により、午後勤務。腹が減ったので、京浜急行の日ノ出町で下車。駅前にオープンして以前からちょっと気になっていたのだが、ようやく味噌ラーメンの季節到来という感ありで、初訪問した。
北海道ラーメンって、どさんこラーメンの昔から、ずうっとチェーン店が多いような気がするのだが、この店は蒲田、雑色、平和島、鶴見ってほぼ京急線沿いに展開するラーメン店。看板が大きくて、入りやすい雰囲気だ。
s-DSC00192.jpg

てっきり食券制かと思いきや、料金は後払いらしい。とりあえず、ひとり客なので、カウンターの空いている席に案内された。

お得なランチセットもある。餃子セットが魅力的だが、今日はちょっと腹に自信がないので、素直におすすめの味噌ラーメンにした。女性店員に口頭で発注する。水は最初の一杯は提供してくれるが、後は自分でポットから注ぐ。一応レモン水だ。

目の前の厨房から、野菜や肉を炒めるいい香りが漂ってくる。

と、思ったより早く、ラーメンが提供された。海苔の下に炒めた野菜がのっており、いわゆる札幌スタイルの味噌ラーメン。玉ねぎがうまそうだ。
s-DSC00186_201710312315456cd.jpg

スープは思いの外濃厚で、唐辛子が混じっており、すぐに体が温まる。しかも、どうも生姜も入っているように思われ、温まるを超えて暑い。とろっとしているのだが、こってり過ぎず、仕事前はこのくらいがちょうどいい。
s-DSC00187.jpg

麺は札幌「さがみ屋製麺」より直送。黄色い縮れ麺がいかにも北海道ラーメン。味噌スープをよく絡めてうまいんだな。
s-DSC00189_20171031231549811.jpg

チャーシューは平凡だけど、柔らかくて大きめ。
s-DSC00190_20171031231551505.jpg

ちょっぴり一味の効いたスープが食欲をかきたてる。顔が熱くなってきたので、スープは残しておしまい。
s-DSC00191_2017103123155210a.jpg

駅から近いし、ランチセットも魅力的なので、また来てみよう。
s-DSC00183_20171031231541ceb.jpg

【住所】  横浜市中区日ノ出町 1-18-1 オーシービル 1F
【電話】  045-262-2007
【営業時間】11:30~2:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅下車徒歩2分くらい。改札を抜け、京急ストアを越えて目の前のスクランブル交差点を斜め左方向に渡り、桜木町方面に進んだ右側。
マップコード 8 705 111*56
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター8席 テーブル4席×3 6席×1
【メニュー】塩らーめん650円 醤油らーめん650円
      味噌らーめん790円 つけめん790円
      大盛り120円増し
      餃子(5ケ)350円 黒豚大餃子(5ケ)400円
      ◇トッピング
       チャーシュー250円 特製バラチャーシュー300円
       バターコーン150円 バター50円
       コーン100円 のり50円 のりダブル100円
       メンマ100円 玉子100円
       キャベツ100円 もやし100円
       白髪ねぎ150円 魚粉無料

      小ライス100円 ライス150円 大ライス200円
      ギョーザ(6個)350円
      チャーシュー丼290円 鮭ごはん 290円
楓ごはん(冷しゃぶ丼)300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-09-09

日ノ出町 煮干し中華そば 麺屋 新星

平成29年9月9日(土) 18:46訪問。
味玉煮干し中華そば800円を食す。

思い立つことがあって日ノ出町のこの店を仕事帰りに途中下車して、初訪問してみた。
s-DSC02643.jpg

隣はひもの屋という屋号の店のようだ。しかし、看板の下の店舗は区別なく、この後入ってすぐにとんでもない店だということがわかった。
s-DSC02642.jpg

入口はこちらと書かれた案内にしたがって、左側の入口から入る。薄暗い店内には、食券自販機が設置してある。なんかこの前の濱星と似たようなメニュー展開だ。この前と同じように鶏白湯は避けて、煮干し中華そばに味玉をプラスしたメニューを選択した。
s-DSC02644_2017091015301489c.jpg

とりあえず、カウンター席に座って、店内を見回すと、酔客がやたらとうるさい。どうもこの店は、入口こそ違えども、店内は居酒屋とまったく同じで、運悪くやたらと声の大きいバカな集団とたまたまいっしょになってしまった。おかげで、ラーメンを食う客は何となく肩身が狭い。厨房にいる2人の店員も酔客の注文に振り回されている。
s-DSC02659_20170910154403d2d.jpg

早く食って出ようにもすぐにできないので、カウンターを観察。高円寺の煮干しラーメン店の姉妹店だそうだが、干物屋の煮干ラーメンでいいじゃないか。
s-DSC02645.jpg

卓上の調味料は自家製だそうだ。
s-DSC02647.jpg

あとで試してみよう。
s-DSC02646.jpg

そうして、ラーメンがカウンター越しに提供された。
s-DSC02648_20170910154410358.jpg

煮干しの味は控え目ながら、すっきりとキレのある味わい。煮干の嫌味がないのが特徴だ。
s-DSC02650_20170910160249a77.jpg

スープと玉ネギの相性がよくって、いっしょに飲むと、よりまろやかな印象だ。
s-DSC02652_201709101602510b0.jpg

この店も穂先メンマを使用。
s-DSC02653_201709101602544c3.jpg

味玉はまあ普通。
s-DSC02654.jpg

鶏チャーシューは小さいけど、癖がなく食いやすい。
s-DSC02655_20170910160842613.jpg

チェーン店の牛丼屋の肉みたいになってしまったが、薄めのチャーシュー。
s-DSC02657_20170910160845345.jpg

ごますりって言うけど、何だかんだ試したけど、調味料はすりごまがいちばんよかった。
でもしっかり、スープまで飲み干して完食。
s-DSC02658.jpg

おすすめはもちろん、ランチタイムです。
s-DSC02661_20170910160848fa0.jpg

【住所】  横浜市中区宮川町3-81 第一石川ビル 1F
【電話】  045-325-9500
【営業時間】11:30〜翌2:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅下車徒歩2分くらい。改札を抜け、京急ストアを越えて目の前の交差点を渡ったらすぐ。
マップコード 8 705 170*18
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター5席 ほか
【メニュー】濃厚煮干し鶏白湯そば750円
       味玉濃厚煮干し鶏白湯そば850円
       特製濃厚煮干し鶏白湯そば950円
       煮干し中華そば700円
       味玉煮干し中華そば800円
       特製煮干し中華そば900円
       濃厚煮干しつけ麺 並・中780円
       味玉濃厚煮干しつけ麺 並・中880円
       特製濃厚煮干しつけ麺 並・中980円
       濃厚煮干し辛つけ麺(ひかえめ・普通・激辛)並・中830円
       味玉濃厚煮干し辛つけ麺並・中930円
       特製濃厚煮干し辛つけ麺並・中1,030円

       麺の大盛り100円
       ​半つけタレ100円
       
       冷やし煮干し中華そば750円
       味玉冷やし煮干し中華そば850円
       特製冷やし煮干し中華そば950円
       冷やし辛煮干し中華そば780円
       味玉冷やし辛煮干し中華そば880円
       特製冷やし辛煮干し中華そば980円

        煮干し香る贅沢玉子かけご飯200円
       ミニチャーシュー丼150円
       小ライス100円 ライス150円
       ミニねぎとろ丼250円
       ミニ大山鶏たたき丼200円
       ―トッピングー
       味玉100円 玉ねぎ100円
       のり100円 青ネギ100円
       穂先メンマ150円 チャーシュー250円
       特製200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター