2017-08-16

坂東橋 麺屋M

平成29年8月16日(水) 13:13訪問。
味玉煮干そば850円を食す。

今日は連休最後だが、職場に行く羽目になってしまった。幸い短時間だけだったけど、なんかなあ。京急に乗って帰る道すがら、途中下車で昼食をとって、自分をなぐさめてあげようかと思い、候補を2店、頭に描いた。次が普通電車だったら、黄金町、急行電車だったら弘明寺で降りようと決めた。普通が来たので、この店を初訪問。
s-DSC02438_20170816152500058.jpg

どうも煮干の店っていうのは、どSだのMだの、そういう名乗りをする店が多いのかな。

それは、さておき店内に入ると、まずは食券自販機が置いてある。先客は5名。初訪問なので、基本の煮干そばに味玉をプラス。
s-DSC02428.jpg

食券を買ったら、カウンターにあげて、出来上がりを待つ。水は銅製のコップに注いでくれる。店主とおぼしき男性がひとりでがんばっている。
s-DSC02429_201708161525035f8.jpg

俺の席が材料に近いのか、かすかに煮干しの香りがする。カウンターの上の調味料は七味とコショウのみ。
s-DSC02430_2017081615250485d.jpg

バーナーでチャーシューを炙っているなと思ったら、深ざるで湯切りをしている。見ている間に、一番最後に入った俺の分まで出来あがり。思いのほか、早い提供だった。
s-DSC02431_201708161525068d5.jpg

では、スープから味わってみよう。はっきりとした煮干しのうまみを感じる。普通の煮干ラーメンよりはっきりとした煮干し感があって、なかなか攻めてくる感じだ。そして、追いかけるかのようにショウガと醤油のうまみが重なっていく。これは、うまい。
s-DSC02432_20170816154135e38.jpg

手もみ麺と謳うとおり、茹でる前に手でよく揉んでいた。太さの違うこの縮れ麺を啜る快感がたまらない。
s-DSC02435_20170816154140d1d.jpg

そして、炙ったチャーシューは香ばしくて、弾力があって歯ごたえがいい。これまたうまい。
s-DSC02436_20170816154142d78.jpg

気がつけば、スープがわずかに残るのみ。そのスープを堪能して完食。ごちそうさまでした。
s-DSC02437_20170816154524b75.jpg

とても愛想のいい店主にうまかった、と告げると大変喜んでいた。やはり、作り手としてはうまいといわれることは格別何だろうなと改めて思った。これからは、なるべく億劫がらずに、うまかったと言おう。

それから、他の客に話しかけていたのだが、「海薫るそば」というのは和だし的で、油が本当に少なくてさっぱりと食えるようだ。次はそれだな。

帰り際に、火曜休みで11時から2時までと6時から10時までやってますので、またぜひと声をかけられた。
また寄せてもらいます。
s-DSC02439_201708161545261f9.jpg

【住所】  横浜市中区曙町4-45
【電話】  
【営業時間】11:00~14:00/18:00~22:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄ブルーライン坂東橋より徒歩3分。3A出口より地上にあがり、一歩通行道路を進行方向に緑地を右に見ながら直進。弥生町四丁目交差点を左折し、直進。曙町三丁目南交差点を横断したすぐ左側。
マップコード 8 675 287*83
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター8席
【メニュー】煮干そば750円 味玉煮干そば850円
      チャーシュー煮干そば1,050円 特製煮干そば1,050円
      海薫るそば750円 味玉海薫るそば850円
      チャーシュー海薫るそば1,050円 特製海薫るそば1,050円
      
      中盛り100円 大盛り200円
      味玉100円 細切りメンマ100円
      姫竹メンマ100円 九条ねぎ100円
      白ねぎ100円 のり50円
      ライス150円 半ライス100円
      チャーシュー飯250円
【店舗web】https://twitter.com/gingingin001
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-22

日ノ出町 ラーメン&カレー専門店 太源

平成29年6月22日(木) 15:51訪問
ラーメン680円+茶碗カレー370円を食す。

今日も外で仕事。これからもう一仕事あるのだが、腹が減ったので、日ノ出町で途中下車して、ラーメンを食うことにした。坂を上がった担々麵の新しい店は、中休みだったので、降りてきて、じゃあ逆に昔ながらの店にしようとこの店にやってきた。実に久しぶりだ。
s-DSC02088.jpg

店内はカウンターだけで、入ったらすぐに椅子みたいな狭い店だけど、昔からあるので常連が多そうな店だ。狭い厨房には年配の男性と元気のよい男性店員。こんな時間でも先客は3名。うちひとりは若そうな女性。

さて、何にしようかな。先客の食っているカレーがうまそうだな。ニンニクラーメンに惹かれるけど、まだ仕事あるしな。無難にラーメンと茶碗カレーにしてみた。口頭で発注すると、さっそく調理開始。せまい厨房ながら、チームワークがいい。

少しして、茶碗カレーが大き目の茶碗に盛られて提供された。スプーンじゃなくて、レンゲなのもラーメン屋っぽくていい。
s-DSC02078.jpg

肉や玉ねぎの具がわりとたくさん入っていて、良心的だ。味は辛いのが苦手な俺でも平気なくらいの辛さだが、いろいろな香辛料の味がミックスされていてスパイシーだけど、食いやすい。やはり、飲んだ後にちょっと腹を足すということを意識しているのかな。飲んでなくても、このくらいの刺激が俺にはちょうどいい。福神漬けもうれしい。
s-DSC02081.jpg

そして、次に提供されたラーメン。シンプルな見た目だけど、意外とこれがうないんだな。
s-DSC02082.jpg

スープは鶏や豚などの動物系に昆布や魚介の出汁を組み合わせたもので、奥行きのある優しいもの。生姜が効いていて、体によさそうだ。きちんとスープをつくっているていねいさを感じる。
s-DSC02083.jpg

少し縮れた麺。麺の茹で加減を最初にきかれたが、普通でお願いした。
s-DSC02084.jpg

きちんとカットしたチャーシューは、ほどよい固さ。
s-DSC02085.jpg

カレー&ラーメンではなく、ラーメン&カレー。やはりラーメンがメインだろうが、今回はふたつとも堪能して、満足。
s-DSC02087.jpg

常連が多い店らしく、俺が食っている最中にあとから入ってきた客も楽しく地元の会話をしていた。次はニンニクラーメン食いたいな。
s-DSC02089.jpg

【住所】  横浜市中区長者町7-117
【電話】  045-251-0855
【営業時間】平日・土曜日 11:00~翌 05:00 日曜日・祝日 11:00~翌 03:30
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅より徒歩5分くらい。改札を抜け、京急ストアを越えて目の前のスクランブル交差点を斜め左に横断して進む。川を渡り、そのまま直進して進んだ左側。
【駐車場】なし


【席数】  カウンター8席
【メニュー】ラーメン680円 ワンタン700円 
      ニンニクラーメン730円 メンマラーメン850円
      チャーシューメン880円 ワンタンメン850円
      カレーラーメン900円 チャーシューワンタンメン1,020円 
      カレーライス750円 茶碗カレー3700円 
      ライス(お新香付)210円 生玉子60円
      大盛120円増

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-11-02

桜木町 大ふく屋 横浜ワールドポーターズ店

平成28年11月2日(水) 12:46訪問。
煮干し中華そば780円を食す。

今日はみなとみらいで仕事だ。昼飯は未訪問のこの店にやってきた。フードコートのようだが、そうではなく、店の中に席が用意されている。
s-DSC00533_20161113105857b3f.jpg


さあて、何を食うかな。メニューは主に2系統のようだ。本格ガッツリ系ラーメンの野郎ラーメン。
s-DSC00534_20161113110054a96.jpg

そして、こっちは煮干しのメニュー。どちらにしようかな。やはり、こちらだな。理由は、仕事中なので、やはりニンニクは避けたい。しかし、この野郎ラーメンニンニク抜きだと本来の味ではなさそうな気がしたのだ。
s-DSC00535_20161113105901a69.jpg

食うべきメニューが決まったら、さっそく食券自販機で食券を購入。食券をホール係りの女性店員に渡すと、カウンター席に案内された。
s-DSC00536_20161113105902b91.jpg

秋深し、隣は何食う人ぞ。両隣とも野郎ラーメンを食っている。この店は、野郎ラーメンの店だ。

そして、俺の煮干中華そば。隣に比べると、どうもおとなしい。じゃあ、味で満足させてもらいましょう。
s-DSC00537_201611131059038ed.jpg

スープは、煮干というより魚介豚骨系の味わい。粘度が高く、どろっとしている。味わいは、わかりやすく、きつめではっきりとしたものだ。
s-DSC00538_20161116211848366.jpg

濃厚なスープには、太目の麺。ということのようで、ストレートな麺はようスープを絡めて、うまい。
s-DSC00539_20161116211849a30.jpg

太めのメンマもスープに合わせた仕様だと思われる。
s-DSC00540_201611162118515a9.jpg

厚みのあるチャーシューは柔らかくてほろほろ。これもスープによくあう。
s-DSC00542_20161116211852194.jpg

きれいなナルトは、G。
s-DSC00541.jpg

ゆっくり食って、満腹。スープは少し残してしまった。
s-DSC00546_20161116211854f4f.jpg

【住所】   横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ1階
【電話】   045-212-1008  
【営業時間】11:00~22:30
【定休日】 なし
【アクセス】電車で:みなとみらい駅から徒歩5分

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-02

山手  ラーメン大将 錦町店

平成28年6月2日(木) 16:10訪問。
ラーメン600円+味付玉子80円を食す。

今日も仕事で外出。昼を食い損ねて、出張先の近くでラーメン。ほかの大将へは行ったことが、ここ錦町店は初めての訪問。中途半端な時間なので、空いててよかった。s-DSC09175.jpg

俺みたいにこんな時間に腹を減らしている客がほかに3人。さあて何にするかな。店に入ると、意外にも共用の通路に自販機が設置してある。さあて、何にするかな。といってもあまり選択の余地はないので、楽ちんだ。
s-DSC09166.jpg

買って、さっそく男性店員に渡す。最近、あまり見なくなった不愛想な店員。その不愛想さがなかなかいい。

カウンター席に座って、しばらく待つと、ラーメンが提供された。
s-DSC09167.jpg

豚骨のうまみはしっかりあるが、こってりと対極のあっさりとした印象。コクもあるのだが、さらっとしている。なかなかおもしろい。
s-DSC09168.jpg

そして、いわゆる家系とは一線を画す細麺で、啜りやすい長さ。このスープにしてこの麺。ちょうどいい具合だ。
s-DSC09170.jpg

オーソドックスなチャーシューはややパサつき気味。
s-DSC09171.jpg

味付玉子は半熟と固形のバランスがおもしろくて、味つけもほどよい。
s-DSC09172.jpg

全体的にあっさりと食える一杯なのだが、どうもインパクトの強いラーメンを食いすぎてしまったのか、後半は飽きがきて、スープは残してしまった。
s-DSC09173.jpg

肉体派のみなさんがクルマを停めて訪れることが多いようだ。ワイルドな男たちに好まれる、実はあっさりといけてしまう一杯。訪問時は塗装工事中なのか、足場が組まれ、ネットがかかっていた。このマリンハイツにもう1軒ある、実はそっちが本命だったラーメン店は休み時間だった。残念。この立地だと、次にいつこれるかわからないけど、今度はその店も訪れてみたい。
s-DSC09176.jpg

【住所】  横浜市中区錦町17
【電話】  045-623-0175
【営業時間】6:30~18:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:国道133号線を通り、開港広場前から海岸を左に見ながら進み、山下橋交差点を直進し、首都高速をくぐり、そのままずっと直進し、北方消防出張所前交差点を左折し、次をすぐに右折した左側。

【駐車場】 なし
【席数】  

【メニュー】ラーメン600円 ラーメン(中)700円 ラーメン(大)750円
      ワカメラーメン700円 ワカメラーメン(中)800円 ワカメラーメン(大)850円
      キムチラーメン700円 キムチラーメン(中)800円 キムチラーメン(大)850円
      キムチワカメ800円 キムチワカメ(中)900円 キムチワカメ(大)950円
      つけめん650円 つけめん(中)750円 つけめん(大)800円
      チャーシューメン800円 チャーシューメン(中)900円 チャーシューメン(大)950円
      チャーシューメンワカメ900円 チャーシューメンワカメ(中)1,000円 チャーシューメンワカメ(大)1,050円
      チャーシューメンキムチ900円 チャーシューメンキムチ(中)1,000円 チャーシューメンキムチ(大)1,050円
      チャーシューメンキムチワカメ1,000円 チャーシューメンキムチワカメ(中)1,100円 チャーシューメンキムチワカメ(大)1,150円
      味付玉子80円 ギョウザ300円 のり増し100円
      半ライス100円 ワカメ増し100円
      キムチ増し100円 チャーシュー増200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-03-06

伊勢佐木長者町  新福菜館 伊勢佐木町店

平成28年3月6日(日) 12:21訪問。
中華そば(並)700円を食す。

新横浜ラーメン博物館で食って以来の再会。昨年の12月にオープンした店だ。京都ラーメンの源流だそうだ。
s-DSC08488.jpg

紆余屈折があって、現在、神奈川ではこの店のみのようだ。何につけ、名店はメニューがシンプル。この店の展開は中華そばと焼きめしの2種類。それを大中小織り交ぜてメニューを構成している。
s-DSC08489.jpg

日曜日の昼時とあって、並ぶほどではないが、多くの客が入っている。店に入ると、まずは食券を自販機で購入するよう、親切な男性店員が案内してくれる。俺は、焼きめしの気分ではなかったので、とりあえず中華そばにした。生卵をつけるか、迷ったけど、迷っているうちに、釣り銭が勝手にじゃらじゃら落ち始めたので、やはりやめておいた。

話は違うが、2002年に訪れたラーメン博物館の新福菜館の京都新福そばが850円、焼きめしが650円だった。うーん。

さて、親切な店員の案内でカウンター席についた。水はセルフサービスだ。
s-DSC08490.jpg

カウンター席は厨房に反対して壁に向き合っているので、焼きめしをつくっているらしい鍋を振る音が盛んに聞こえてくるが、様子は見えない。混んでいるので、なかなか大変なようだ。そうこうしてしばらく待っているうちに出来上がり。男性店員が運んできてくれた。
s-DSC08491.jpg

真っ黒なスープは、醤油の色に由来しているのだが、見た目よりとてもあっさり目だ。そうした見た目と味の違いも人気の秘密なのかもしれない。ただ、奇を衒ったラーメンではなく、しっかりとしたうまさが根底にあるので、また食いたくなる味わいだ。醤油のやさしい甘みがスープを飲む手を休ませない。
s-DSC08493.jpg

ストレート麺がスープを絡めてうまい。
s-DSC08495.jpg

たくさん入ったもやし。俺はもやしは本来、そんなに好きではないのだが、このもやしはスープに浸して食うと、なかなかいける。
s-DSC08496.jpg

ぺらっぺらだけど、柔らかくて味のあるチャーシューがたくさん入っている。このスープにはとてもよくあう。このチャーシューのスタイルでいこうと決めた調理人のセンスがすばらしいと思う。
s-DSC08500.jpg

さても楽しんだ後は、スープをすべて飲み干して完食。久しぶりの新福菜館。うまかった。またきなこ。
s-DSC08501.jpg

降りだした小雨の中、ひとり客を中心に次々と入ってくる。早くも人気店の賑わいだった。
s-DSC08502.jpg
やはり、基本の醤油をおさえておかないと。また来るぞ。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。

【住所】  横浜市中区伊勢佐木町2-60 オリエンタル共同ビル 1F
【電話】  045-251-7151
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅から徒歩約5分。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター11席
【メニュー】中華そば(並)700円 中華そば(小)600円
      中華そば(並・肉なし)600円
      チャーシュー麺(並)900円
      特大新福そば(生卵付き)900円
      小ぶたダブル(豚8枚)890円

      焼きめし(大)650円 焼きし(並)500円
      焼きめし(小)400円
      ライス(並)150円 ライス(小)100円

      小小セット(中華そば小・焼きめし小)1,000円
      並小セット(中華そば並・焼きめし小)1,1000円
      小並セット(中華そば小・焼きめし並)1,100円
      並並セット(中華そば並・焼きめし並)1,200円

      ◇トッピング
       九条ネギ150円 肉多め200円
       たまご50円 メンマ150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター