--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-03-05

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年3月5日(日) 11:13訪問。
鯛干しと鰆煮干しスープ 春そば870円を食す。

春よ、来い。早く来い。というわけで、今回の期間限定麺はその名も春そば。魚偏に春と書いて、さわら。さらにめでたい、鯛の出汁。こりゃ、春から縁起がいいわい。
s-DSC01289_20170320182614b1c.jpg

11時の開店に少し遅れたら、満席。少し待って、カウンター席に案内された。食券を買って、いつものように確認されるので、いつものように中盛でお願いした。

ほとんどの客が春そばを注文しているようだ。期間限定が木曜日から始まって、最初の日曜日だから、当然かな。

店主が、いつものように手際よく調理して、出来上がり。カウンターにのせてくれた。いつもの限定と同じく麺を覆うように具だくさんだ。細かなあられ玉が色とりどりで、華やかだ。
s-DSC01291_20170320182616d55.jpg

では、スープから、味わわせていただきます。何ともやわらかな出汁の風味。しかしながら、はっきりとした塩味が全体を引き締めている印象で、さまざまな具が色あせないよう出しゃばらないが、かといってぼんやりとしていない、絶妙なバランスだ。
s-DSC01292_20170320182617abe.jpg

細目で長めのストレート麺は、さっぱりとした印象だ。これだって、計算づくにちがいない。
s-DSC01293_20170320182618c58.jpg

揚げネギは、時限装置のように、溶けだすと、味が変わって面白い。
s-DSC01299.jpg

では、数多くの具の紹介。春そばには春の具ということで、菜の花。薄味で風味がいかされている。
s-DSC01301_20170320184124163.jpg

竹の子も春を感じさせる。
s-DSC01297.jpg

三つ葉もいいアクセントだ。
s-DSC01296_20170320184130d80.jpg

それでは、どんどんいってみよう。肉団子。いろいろ仕込んであって、ゆえに大き目になったみたいだ。これだけで味わっても楽しい。
s-DSC01295_20170320182620b45.jpg

さらに、食感が楽しい、むき海老。
s-DSC01300_201703201841255d1.jpg

いつものチャーシューは2枚。これも、いつものようにうまい。
s-DSC01303.jpg

これだけでもいいじゃないか、と思いきや、サービス魂の鶏チャーシュー。柔らかくて、素材をいかす味つけがたまらない。
s-DSC01304_20170320185151fa0.jpg

好物の玉子を最後の方まで残しておいたら、スープに水没して、麺がくっついてしまった。
s-DSC01305_201703201851529cb.jpg

あられちゃんは、見た目に華やかだけでなく、こんな風に飲んでも楽しい。
s-DSC01302_20170320185806628.jpg

今回の限定もおいしかった。どうもごちそうさまでした。
s-DSC01306.jpg

今日も次から次へと客が入ってくる。まさしく老若男女に人気のある地元の優良店。贔屓にさせていただきます。
s-DSC01308_20170320185807a47.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
【駐車場】 隣地に2台分


【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんどメニュー
      はまんど700円 白湯そば700円
      辛子そば750円 釜玉油そば(平打麺)700円

      はまんど横須賀オリジナルメニュー
      【鶏系スープ】鶏そば780円  特製ラーメン820円
      【煮干系スープ】煮干そば680円 コクにぼねぎそば800円
      【ごまだれ系】坦々麺850円 汁なし坦々麺850円

      つけめんメニュー
      煮干つけ麺750円 坦々つけめん850円
      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-01-08

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成29年1月8日(日) 13:11訪問。
境港産 平子煮干そば(真鰯)800円を食す。

連休2日目の今日は、昨日今日の2日だけの限定を食いにやってきた。
s-DSC00985.jpg

昼過ぎにやってきたら、満席だったので、用事をすませて、再度訪問。そうしたら、先客は1名に減っていた。店主に、口頭で発注。いつものように中盛無料を確認されたので、中盛でお願いする。

今日は休日なので、店主と男性店員の2名体制。さほど待たずに出来上がり。男性店員が運んできてくれた。ずいぶんと具だくさんだ。
s-DSC00986_20170108162237576.jpg

ところで。平子煮干は、真鰯を原料にした煮干で、片口鰯を原料にした片口煮干に比べ、臭みが少なく、あっさりとした出汁になるそうだ。鳥取県境港産。

そして、そのスープは、確かに苦みが少なく、あっさりとしている。これは、飲みやすい。
s-DSC00988_20170108162239ae6.jpg

麺はいつもの長めのストレート麺で、少し固めの茹で具合がちょうどいい。
s-DSC00989_20170108162240301.jpg

ひと口大にカットされた水菜やバラ海苔など、今回は具材もあっさりを演出。
s-DSC00990_20170108162242b5e.jpg

いつものレアなチャーシューに加えて、このチャーシューがいいんだな。スモークな味わいが癖になる。
s-DSC00992_201701081701082d6.jpg

これまた、燻製のうずら卵。味つけは甘めで、ちょっと苦手だった。
s-DSC00993_2017010817010967a.jpg

今日の一杯もうまかった。いつもの濃厚でとがった煮干もいいけど、このやわらかい煮干もいいねえ。今日も完食。ごちそうさまでした。
s-DSC00994_201701081701111bd.jpg

最近、他店でも煮干ラーメンを食う機会があるのだが、やはりこの店の純煮干の味を知ってしまうと、次第にどこか物足りなく感じてしまう今日この頃だ。
今年もよろしくお願いします、と店主にあいさつして、店をあとにした。外は、あいにくの本降りの雨で、傘をさす手が冷たくなっていく。さあて、明日はどこに行こうかな。
s-DSC00996_2017010817011224b.jpg
【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~15:00 17:30~22:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1

【メニュー】七代目 荒炊 煮干そば750円 
       鶏、豚拳骨で大量の煮干を炊いた〝ダシがどS"な一杯
       ※大盛り不可。油そば風の“追い玉”旨し!

       煮干そば  あっさりダシ650円
       強火で炊き込んだ“煮干100%”のダシ。煮干しが全面に出ている一杯です。
       苦手な方はご遠慮を
        基本の味=醤油。塩味もあります

       黒煮干700円
        ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険。初心者進入禁止。
        醤油を三枚肉や香味野菜で煮詰めた“たまりダレ醤油”をタレにし、煮干しダシを合わせています。醤油がガツンと効いているダシです。

      煮干油そば 淡麗仕立て750円 濃厚仕立て800円  
       ※油そばは自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
         より濃厚にするなら卵黄50円
       ※麺量 並1.5玉 大盛2玉150円増し 
        基本の味=醤油&塩 冷&塩もございます
 
      ◇トッピング
       全乗せ200円(豚バラ、煮玉子、海苔2枚)
       自家製煮玉子100円 人気の燻製うずら玉1こ40円
       刻みネギ・海苔5枚各100円
       吊るし焼き燻製焼豚150円 わかめ50円
       バラ海苔まみれ150円
      麺の量
       普通150g 中盛190g0円 大盛300g200円
       追い玉150g150円 ※油そば的替玉

【店舗web】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-11-01

御花畑 珍達そば 団子坂店

平成28年11月1日(火) 13:03訪問。
珍達そば700円を食す。

今日は仕事は休み。朝方から降っていた雨はやんで、絶好の行楽日和。今日も秩父にやってきた。途中から国道299号を通ってきたが、紅葉にはまだ少し早い山が気もちいい。山も空も高い。

そして、昼飯は秩父名物、珍達そば。市役所のすぐそばで駅からも近い。関東甲信越で有名な、あの珍達そば、初訪問だ。関八州に甲信越といえば、戦国の世なら、北条に武田、上杉の領内でも有名ということだ。
s-DSC00392_20161113094855255.jpg

店の前はこの時間でも外待ちもできるようだが、俺が訪れたときはちょうど、カウンター席があいていた。カウンター席に座って、ホール係りの女性店員に珍達そばを注文する。俺は見送ったが、いっしょに餃子を発注している客がほとんどだった。ほとんどの客が珍達そばを発注していた。あとからひとりで来た女性客も「ちんたつ」と発注していた。
s-DSC00393_20161113094856718.jpg

さて、どんなラーメンが出てくるものか。しばらくして運ばれてきたのが、これ。スープはドンブリからあふれんばかり、その上にざく切りのネギが一面にのせられている。
s-DSC00394_20161113094858cc9.jpg


ネギのたっぷりと浮いたスープを飲んでみる。熱々なのはもちろんのこと、ネギの風味と醤油の風味があいまってやや甘めの味わい。そして、意外なのはゴマ油の風味が効いていることだ。これが、またこのネギや豚バラ肉とうまくあって、何ともいえないうま味だ。素朴でうまい。
s-DSC00395_2016111309485949e.jpg

極細のストレート麺は、多めの量。案外、コシも強くて啜るのが楽しい。
s-DSC00396_201611130949016fb.jpg

麺とスープ、味わっているうちに、体はぽかぽか。汗が出てきた。何とも不思議にうまかった。
s-DSC00399_20161113101959562.jpg

これは確かに秩父名物だな。機会があったら、また食いたい。
s-DSC00403_20161113102001ead.jpg


【住所】   埼玉県秩父市東町23-4
【電話】   0494-22-1571  
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:秩父鉄道御花畑からすぐ。市役所向かい。
s-DSC00398_20161113102004d0b.jpg




【駐車場】 店頭3台
【席数】  カウンター5席 テーブル5席×6 座敷4人×2

【メニュー】 
s-DSC00401_2016111310200242f.jpg

【店舗web】http://www.chintatsusoba.jp/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-24

秩父 麺屋たつみ喜心秩父店

平成28年10月24日(月) 13:47訪問。
味玉秩父吉田の味噌らーめん940円を食す。

今日は土日出勤の振替休日。前々から行ってみたかった秩父の史跡巡り。天気もよく、秋の気配を感じながらの小旅行が楽しい。昼食は秩父神社近くの人気店に来てみた。もうじき昼営業終了の時刻なので、店内は数人の客で、すんなりと入れた。
s-DSC00253_201611030827501f7.jpg

店の前には日替わりのメニュー看板。本日は〈豚骨の日〉だそうだ。一番下に秩父味噌のメニューがある。これが常設のメニューだと思われる。
s-DSC00240_201611030827522c1.jpg

入口近くに食券自販機が設置されているが、食券も一番上の列が秩父味噌シリーズなので、これが標準メニューに違いない。今回は味玉秩父味噌を選択。食券を買うそばから、女性店員が脇で待っている。食券を渡すと辛さを0から5までの数値でたずねられる。俺はゼロを選択。これが、レギュラーで辛さを加えない状態だ。
s-DSC00241_2016110308275254c.jpg

厨房に面したカウンター席に着く。カウンターが高いので、調理の手もとまでは見えないが、男性店員2名が調理中。味噌ラーメンは中華鍋で野菜を炒めるスタイルだ。

カウンターの上には水やコップ、調味料が整然と並べられている。
s-DSC00243.jpg

巻きすの中は何か気になったので、あけてみたらレンゲだった。
s-DSC00244_2016110308275514a.jpg

しばらくして、ラーメンが先ほどの女性店員により運ばれてきた。てっぺんにのせられたおろしショウガがいい。俺の好みのスタイルだ。
s-DSC00245_20161103084154b1a.jpg

秩父の大豆で作られた味噌を中心に4種類の味噌をブレンドしてあるそうだ。とろみのあるスープを飲むと、コクがあって、甘みがあって奥行きのあるこの味噌独特のうま味が広がる。これは、ワイルドそうでいて、見た目より、品がいい。辛味を加えることを前提にしているからであろう、辛味ゼロだと、少し甘みを強めに感じる。しかし、それはそれで俺の好みだ。
s-DSC00246_201611030841558c0.jpg

太目の丸い麺は、何となくうどんみたいな見た目だが、弾力といい啜りのよさといい、このスープによく合っている。
s-DSC00247_20161103084156b77.jpg

力強いスープに麺には、具も負けじと、極太のメンマ。歯ごたえがいい。
s-DSC00248_201611030841586c2.jpg

チャーシューも大きくて、しかも肉厚。柔らかくて、これもこの味噌ラーメンのイメージどおり。うまい。
s-DSC00250_20161103085551ad4.jpg

味玉は、ほくほくって感じかな。ほどよい味付け。
s-DSC00251_201611030854266bf.jpg

残してはもったいない。麺もスープも食いつくして、完食。ごちそうさま。
s-DSC00252.jpg

食い終えて、店を出たら、看板が準備中に変わっていた。間にあってよかった。
s-DSC00254_201611030854293ea.jpg

【住所】  埼玉県秩父市宮側町19-1
【電話】  0494-24-6683
【営業時間】11:30~14:00 18:00~21:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:秩父鉄道秩父駅より徒歩3分くらい。駅を背に直進し、秩父駅入口交差点を渡った左側。


【駐車場】 7台
【席数】  

【メニュー】 秩父味噌820円 味玉秩父味噌940円
       チャーシュー秩父味噌1,040円 味玉チャーシュー秩父味噌1,160円
       とんこつ660円 味玉とんこつ780円
       チャーシューとんこつ880円 味玉チャーシューとんこつ1,000円
       つけめん820円 味玉つけめん940円
       チャーシューつけめん1,040円
       味玉チャーシューつけめん1,160円
       他にもメニューあり
【店舗web】http://tatsumikishin.web.fc2.com/index.html 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-07-19

浦和 麺屋ORIGAMI

平成27年7月19日(日) 13:22訪問。
味玉ORIGAMIらーめん820円を食す。

今日は仕事ではなく所用にて浦和にやってきた。今日から梅雨明けだ。それにしても暑い。散々報道されているのだが、埼玉は暑いということを本当に実感した。地の底から熱気がくるような気がする。しかし、暑い時こそ、うまいラーメンが食いたくなるものだ。ということで、浦和駅から少し離れた、この店を初訪問。
s-DSC06232.jpg

節のある材木を使った趣のある外観が、いかにも凝ったラーメンを提供してくれそうな期待を高める。店内は暗めの造りだが、落ち着いた雰囲気で、おまけに涼しい。
s-DSC06219.jpg

食券自販機の前でしばしボタンを眺めていたら、さりげなく男性店員が近づいてきて、味玉らーめんが一番人気です、というので、特製と迷ったのだが、仰せに従って味玉らーめんを選択。相席になりますが、という断りつきで、小上がりの席に案内された。一見ラーメン店と思えないくらい、洒落ていて、何より清潔感がある。

食券自販機ですでに食券を購入済みなのだが、テーブルにはメニューも置いてあった。しかし、単にメニューではなくて、ラーメンそれぞれの特徴が書いてあって、むしろその意味合いの方が強いのかな。待っている間に読むことで、次来た時のラーメンをどうしようかと思案を練ることもできる。
s-DSC06215.jpg

厨房は客席からは離れているので、見えない。あれこれと妄想をしているうちに、ラーメンが運ばれてきた。
s-DSC06220.jpg

大きなロゴが駄趣味だけど、背の高いドンブリは筍みたいな筋模様が面白いデザインだ。
s-DSC06221_20150722211222d04.jpg

真上から見ると、うわ、いかにもうまそうな。レンゲにのせられた玉子が洒落ている。のりはあおさ。
s-DSC06223.jpg

では、スープからいただくことにしよう。大量の鶏ガラと煮干しを使用した鶏ガラ魚介スープだそうだ。煮干しと言われて意識しないと、あまり感じないくらい自然なうま味が出ていて、さらにやさしい口当たりの醤油味がとても上品な味わいだ。まったく癖がないので、逆に没個性かというとそんなこともなく、奥深い味わいが感じられる。鶏と煮干しという組み合わせは初めてだが、マイルドだけでぼやけているわかでもなく、うまい。メニューに書いてあるとおり、煮干しのえぐみはまったく感じない。
s-DSC06224.jpg

麺は一見、ストレートだけど、持ち上げると、軽く縮れのあるもので、スープをよく絡める。弾力があってコシもある。かなり長めなので、箸でからめるのは通常より少な目がよさそうだ。
s-DSC06226.jpg

チャーシューは一見ベーコンみたいな薄いものだが、見た目ほど味は薄っぺらではなく、しっかりとしたものだった。
s-DSC06228.jpg

味玉も割ると、黄身がとろけだしてくる。味付はしっかりしていてうまい。
s-DSC06229.jpg

スープに溶けだしてくるあおさも醤油味とよく合っていた。最後にスープを味わっていたら、柚子があったように思えたが、気のせいだろうか。やさしくて、味わい深い一杯。味わって完食。この出汁は醤油でないとダメなのだろうなと思っていたが、やはり塩味の設定はないようだ。
s-DSC06231.jpg

しじみの塩らーめんというのもうまそうだな。でも、今度はいつ来られるか、何しろ今回初めて浦和に来たので。でも、もしかしたらまた機会があるかも。
s-DSC06233.jpg
上品で上質なラーメンだった。ごちそうさま。

【住所】  埼玉県さいたま市浦和区仲町2-10-12
【電話】  048-831-0800
【営業時間】(月~金)11:00~14:30 17:00~22:00
【定休日】 日曜日の夜・月曜日(祝日の場合は翌日の火曜日) 
【アクセス】電車で:JR浦和駅から徒歩15分。西口から出て左に進み、交番前を右折し、駅を背にしながらまっすぐ進む。浦和駅西口交差点を右折し、しばらく行った仲町交差点を左折。うらわ美術館を左に見ながら直進。さらに進んだ左側。


【駐車場】 なし
【席数】カウンター11席 小上がり6席×2  

【メニュー】味玉ORIGAMIらーめん(醤油)820円 特製ORIGAMIらーめん(醤油)920円
      ORIGAMIらーめん(醤油)720円
      【夜限定】煮干の醤油らーめん(あっさり)750円
      しじみの味玉塩らーめん(あっさり)850円 しじみの特製塩らーめん(あっさり)950円
      しじみの塩らーめん(あっさり)750円
      味玉しじみの醤油らーめん(あっさり)850円 特製しじみの醤油らーめん(あっさり)950円
      しじみの醤油らーめん(あっさり)750円

      味玉ORIGAMIつけ麺(こってり)870円 特製ORIGAMIつけ麺(こってり)970円
      ORIGAMIつけ麺(こってり)770円
      和風つけ麺(あっさり)750円 鶏のタンタンつけ麺(こってり)720円
      味噌つけ麺(こってり)750円 辛味噌つけ麺(こってり)780円
      【夜限定】つけ麺の麺をモチモチ麺に変更

      麺大盛100円 麺特盛150円 中盛り50円
      地鶏の玉子かけご飯150円 ピリ辛肉味噌ご飯200円
      ライス100円 半ライス50円

      味玉100円 チャーシュー150円 メンマ100円
      アオサ100円 特製仕様200円
      水餃子(5個)300円 水餃子(3個)200円

【店舗Web】https://ja-jp.facebook.com/pages/%E9%BA%BA%E5%B1%8B-ORIGAMI/153596248136109

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。