FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-09-21

弘明寺 弘明寺丿貫

平成30年9月21日(金) 13:57訪問
煮干蕎麦800円を食す。

ずいぶん前に、まだ野毛のスナックで間借りで営業している頃に行ったことがあって、その後福富町で独立した店舗を構えているようだ。しかし、その店はまだ未訪問ながら、先に支店のようなこの店に来てしまった。
s-DSC04038.jpg

地下鉄を降りたら、あいにくの雨だが、小降りなので、外で待つのもそれほど大変ではない。しかし、昼の時間を過ぎても3人の外待ち客で、その後ろについて並ぶことにした。前に並んでいる男2人がラーメンにまつわる会話をしているのだが、残念ながらあまり参考にはならない。
s-DSC04029.jpg

しばらくして、ていねいな印象の女性店員に招き入れられて、ようやく店内に入れた。
初めての店だけからか、いやそうでない。何とはなしに緊張感がある。
メニューはわかりやすいのだが、基本と思われる煮干蕎麦と濃厚な煮干のニボプレッソとメニュー選択を悩んだが、ここは基本メニューの煮干蕎麦。ていねいな女性店員に発注した。

様子は見えないが、奥にある厨房で作られて、運ばれてきた。ざくっと切られた玉ねぎがとチャーシューがのるシンプルな見栄えだ。
s-DSC04030_20181007173630505.jpg

いわゆるセメント色のスープは名前のとおり、かなり煮干の味が強めに出ている。しかし、嫌いではない。いや、むしろ好きすぎて、もっと煮干の味わいが強くてもいいくらいだ。いずれにしてもピュアな煮干の味わいを強く感じられるのは好みだ。
s-DSC04031.jpg

ストレート麺が、また愛想がないけど、情が深い。噛みごたえがいい。
s-DSC04034_201810071736343d7.jpg

ローストビーフみたいんなチャーシューは、ローストビーフよりうまい。
s-DSC04036_20181007173636d36.jpg

基本の煮干蕎麦はシンプルだけど、スープと出汁のこだわりがはっきりと出た一杯。完食。
s-DSC04037_201810071736370d5.jpg

食い終えてから、追加で和え玉という、麺にタレがかかった品を頼む客が多かったが、俺はこの一杯で満足。ごちそうさま。
s-DSC04039_2018100717362813f.jpg

【住所】  横浜市南区通町4-111
【電話】  045-315-4632
【営業時間】 11:00~15:00
【定休日】 なし
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄弘明寺駅下車すぐ。出口2を出たら、目の前の鎌倉街道を井土ヶ谷方面にもどる。道沿いの左側。
【駐車場】 なし

【席数】   カウンター10席
【メニュー】 煮干蕎麦800円
       ニボプレッソ850円
【店舗web】twitterhttps://twitter.com/gumyouji_hechi
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-09-20

大井町 元祖博多 中洲屋台ラーメン 一竜 大井町東口店

平成30年9月20日(木) 13:30訪問
とんこつラーメン680円+替玉100円を食す。

今日は所用で大井町にやってきた。腹は減ったが、あまり時間をかけずにさっと食いたい。駅前に立ち食いそば、博多ラーメン、ともう1軒ラーメン屋が並ぶ。
s-DSC04014-2.jpg

うーん、あまり悩んでいる暇はないぞ。そばも早いけど、中をとって、やはり博多ラーメンだな。
s-DSC04028_20180924101855e26.jpg

食券自販機は外に備え付けられている。タッチパネル式のしゃれたものだ。案外、こういう方が使いにくいんだよな。でも基本のラーメンなので、迷うことはない。食券を買って、店内へ。
s-DSC04026_20180924101840e09.jpg

食券をカウンターに置くと、すぐに麺の固さをきかれる。俺は、固めでお願いした。
本当にすぐに出来上がり。気持ちがいいくらい、早い。
s-DSC04017.jpg

背脂がびっしりと浮かんだスープは、ライトな口当たりだけど、しっかりコクがある。でも、博多ラーメンってこんな感じだったかな。そんな疑問はさておき、背脂のせいか、スープは若干甘口だけど、嫌いではない。
s-DSC04018_20180924101845264.jpg

固めの細ストレート麺は、まあまあな感じ。
s-DSC04020_201809241018483b0.jpg

うーん、何か足りないような気がして、途中で、カウンターにあるトッピングを加えてみることにした。
s-DSC04022.jpg

選択は辛もやしと紅生姜。辛もやしが意外といい具合だ。
s-DSC04021.jpg

どうしようか迷ったのだが、俺の胃袋が許してくれなかった。現金100円をカウンターに置いて、替玉を固めでお願いする。あいよっとばかりに男性店員がさっと茹でてくれた。
s-DSC04023_20180924101852ab3.jpg

食い始める前にラーメンダレを加えて、さっと食うぞ。
s-DSC04024.jpg

麺が終わったら、さっさとおしまいにして、席を立つ。急いでいるときは、やはり、これだね。ごちそうさま。
s-DSC04025_201809241018429b8.jpg

【住所】  東京都品川区東大井5-3-9
【電話】  03-5781-0302
【営業時間】 11:00~3:00
【定休日】 なし
【アクセス】電車で:JR京浜東北線大井町東口を出て、すぐ。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター18席
【メニュー】中洲屋台とんこつラーメン680円 チャーシューメン930円
      ねぎラーメン830円 全部のせラーメン1180円
      赤ダレとんこつラーメン700円 赤ダレ味玉とんこつラーメン820円
      油そば700円
      しょうゆラーメン630円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-09-18

生田 煮干しらーめん てのごい屋生田店

平成30年9月18日(火) 12:44訪問
味玉煮干らーめん880円を食す。

今日は川崎方面で仕事。小田急線生田駅の近くの店。ちょうど駅の近くで、煮干しらーめんが目に止まったので、ふらっと入ってみた。
s-DSC04011_201809240913175f3.jpg

メニューは看板の煮干ラーメンのほかに、みそらーめんなどもあるが、迷わず煮干だ。食券を購入して、誰もいないカウンター席に着いた。先客はテーブルに4名ほど。俺の席からはちょうど厨房がみえる。店員は若い男性が2名だ。
食券をカウンターにおいたのだが、特に反応はない。でも、調理を始めたので、おそらくだいじょうぶだろう。チャーシューを切りながら、男性店員が大きなくしゃみをした以外は、黙々と仕事をしている。

そして、カウンターに聞き取れない言葉といっしょにラーメンが置かれた。小さなゆずがのっている。
s-DSC04002_20180924091305a44.jpg

スープは、煮干しだけではなく、鶏なども出汁として使っていると思われるが、バランスよく煮干しの風味がよく活かされている。コクがあるので、奥行きがあって、しつこくはないけど、飯がほしくなる。
s-DSC04003_20180924091307195.jpg

麺はやや縮れのあるもので、少しスープに圧され気味かな。
s-DSC04005.jpg

チャーシューはかなり大きめだ。
s-DSC04006_20180924091311c58.jpg

eみたいななると。
s-DSC04007_201809240913137a8.jpg

半熟具合がいい加減だった味玉は、気のせいかちょっとしょうがの風味を感じた。
s-DSC04008_201809240913147b6.jpg

ドンブリ底に煮干しのざらざらを残して、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC04010.jpg

帰る際には、「ありがとうございました」の声が聞けた。
s-DSC04012_20180924094958cde.jpg
【住所】  川崎市多摩区生田7-11-13
【電話】  044-922-0813
【営業時間】[月~金] 11:30~14:00 17:00~0:00
        [土・日・祝] 11:30~15:00 17:00~0:00
【定休日】 なし
【アクセス】電車で:電車で:小田急線生田駅北口を出て、通りを挟んだ反対側。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター8席、テーブル4人掛×2
【メニュー】煮干らーめん780円 味玉煮干らーめん880円 
      チャーシュー煮干らーめん1,080円 味玉チャーシュー煮干らーめん1,180円
      撫子みそらーめん830円 味玉撫子みそらーめん930円
      チャーシュー撫子みそらーめん1,130円 味玉チャーシュー撫子みそらーめん1,230円
      黒つけめん860円 味玉黒つけめん960円
      チャーシュー黒つけめん1,160円 味玉チャーシュー黒つけめん1,260円
      黒大盛100円 黒特盛200円
      とんこくらーめん780円 味玉とんこくらーめん880円 
      チャーシューとんこくらーめん1,080円 味玉チャーシューとんこくらーめん1,180円
      とんこく大盛100円 とんこく特盛200円
      ◇トッピング
       味玉100円 ネギ100円 メンマ100円
       のり100円 野菜100円 チャーシュー300円

      白ごはん100円 梅しらすごはん200円
      チャーシューごはん280円 ミニごはん150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-09-10

金沢八景 麺や 風まかせ

平成30年9月10日(月) 13:34訪問
中華そば600円を食す。

外出先で、急に降り出した雨を避けるように飛び込んだ。あと少しで、駅なのだが、昼飯も食っていなかったのでちょうどいい。
s-DSC03548_20180924083005581.jpg

以前に一度入ったことがあるのだが、あまり覚えていない。メニューはいろいろありすぎて迷ってしまう。とんこつか鶏ガラスープが基本のようだ。とんこつという気分ではなかったので、鶏ガラスープの中華そばを口頭で女性店員にお願いした。半ライスが無料サービスということなので、あわせてお願いした。

すぐに運ばれてきたラーメンは、海苔こそのっていないが、想像通りの中華そば。
s-DSC03543.jpg

味も悪くない。スープはすっきりとして、やさしい味わいだ。
s-DSC03544_20180924083010de9.jpg

麺も普通な感じ。
s-DSC03545_20180924083012265.jpg

ちょっと、炙り目のあるチャーシューはほろほろと柔らかくて、うまい。
s-DSC03546_20180924083013f3a.jpg

ライスをどうやって食おうかと考えたが、結局ラーメンのスープとともに飯をかきこむように食い終えた。やはり、餃子も頼めばよかった。でも、とりあえず満腹で、ごちそうさま。
s-DSC03547_20180924083007bca.jpg

特に印象に残る点はなかったけど、居心地のよさがいいところかな。店を出る頃には小降りになり、駅まで近いので助かった。

【住所】  横浜市金沢区瀬戸17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】[月~土]11:00~0:45 [日]11:00~22:45
【定休日】 
【アクセス】電車で:電車で:京浜急行金沢八景駅徒歩3分。南口からシーサイドライン乗場方面をめざして、直進し、大きな道路に突き当たったら、左折してすぐの左側。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター5席、テーブル(可変)2人掛×2 1人掛×1 4人掛×2
【メニュー】とんこつ
      あーめん600円 ネギらーめん800円 
      のりらーめん750円 肉らーめん850円
      チャーシューめん900円 高菜らーめん750円
      コーンらーめん700円 わかめらーめん700円
      火の玉らーめん700円 つけ麺750円
      三河鶏ガラスープ
      中華そば600円 まぜそば700円
      チャーハン600円 
      ライス150円 小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-09-09

横須賀中央 煮干そば平八

平成30年9月9日(日) 12:43訪問
煮干津軽800円を食す。

休日の今日は、少し出遅れて昼飯を食いに出たのだが、どこも近くのコインパーキングが満車だったりで、流れ流れて、安定、安心の平八にたどり着いた。
s-DSC03532_2018090917074486a.jpg

今日の限定は、津軽とこちらの荒炊特濃。鶏皮ごはんは、風に耐えきれず落ちてしまったようだ。
s-DSC03531_20180909152407209.jpg

よし、津軽に決めた。勇んで、扉を開けたら、何と満席。「少し、お待ち下さい」、失礼しました。
店の外で待つこと、数分。すぐに入れた。
今日は相棒の男性店員が「中盛ですか?」と確認するので、こっくりと頷き、カウンター席について出来上がりを待つ。
なかなか盛況だが、運良くまたもやあまり待たずに出来上がり。
s-DSC03533_201809091524149fa.jpg

アスファルトと替わり番こです、と掲示されているが、意味がよくわからなかった。まあ、このラーメンについては、特に理解していなくてもだいじょうぶだろう。

それにしても、見事な青っぷり。いや、緑っぷりだ。いわゆるセメントといわれるスープであることは間違いないが、この店では、さらに本格的な道路工事に使用するアスファルトとよばれる。
いずれにしても、よくも悪くも煮干しそのものの味がベースだ。しかも、これがまた濃厚な煮干し味で、最近食っていなかった、煮干しラーメンの真髄を食っている俺の喜びを、また別の俺が喜んでいるという状態がしばし続いた。
s-DSC03534.jpg

スープに浮かぶ、煮干しの皮の銀色の星屑がたまらない。

麺はいつものようにツレナイ表情なのに、噛めば優しいストレート麺。実は、麺だけでもうまいので、替玉だけでもいけそうだが、替玉だけの注文は不可だ。
s-DSC03535_2018090915241685e.jpg

今回のきくらげは俺には慣れなくて、ちょっと合わなかった。
s-DSC03536.jpg

自然と顔の端を赤らめてはにかむチャーシューは、歯ごたえ、味わいともに善き哉。
s-DSC03537_201809091524198ee.jpg

素直な味わいの鶏チャーシューも1枚。
s-DSC03538_201809091524213d1.jpg

久々の100%煮干しの一杯。うまかったあ。
ごちそうさまでした。
s-DSC03539.jpg

この前に、川たかにも行ったのだが、なぜか店頭にclosedの看板が掲げてあって、でも中は満席で、客が店内で待っていた。面倒なので、平八に来たけど、結果的には大盛り満足。
ときどき、おもしろいメニューが出るけど、やはり基本はこのセメント、いやアスファルトな一杯だな。
s-DSC03540_201809091524107a7.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。
マップコード 8 081 819*60
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1
【メニュー】煮干そば 700円
      煮干100%のダシ。煮干が丼に一杯です
      基本の味=醤油 塩もあります

      黒潮からの贈り物~
      荒炊煮干そば 特濃 ※数量限定 800円
      鶏・豚・煮干の三重奏。濃厚の煮干ダシをご賞味ください。

      右も左も、麺のオカワリが合う~

       全乗せ200円(焼豚ハーフ、煮玉子、海苔2枚)
       自家製煮玉子100円
       刻みネギ100円
       海苔5枚100円
       吊るし焼き燻製焼豚150円

      麺の量
       少な目 50円引
       並盛150g
       中盛190g0円 
       追い玉150g150円 
        ※油そば的替玉

      煮干油そば (汁なしの混ぜそばです) 750円  
       ※自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
         より濃厚にするなら卵黄50円か、自家製クリームチーズガーリックディップ添え100円
       ※麺量 並1.5玉 大盛2玉150円増し 少な目50円引き
      つけ生卵ダシ醤油100円
       すき焼きののようにつけてすする
 
     濃厚 烏賊ワタ煮干しそば(三角関係ベース) 850円

      麺のオカワリ
       煮干玉(温)150円 ハーフ100円
       冷や玉(冷)200円
       鉄砲玉セカンド クリームチーズヨーグルトソース&鰹節230円
       ハーフ130円

     メシをスープに吸収合併
      鉄砲メシ200円 秋刀魚メシ200円
      
       ライス100円
       おかかネギ丼150円
       自家製いりこダシ醤油をかけるネギとおかかを添えた 卵かけご飯200円
       ネギメカブ丼230円
       吊るし焼豚をのっけたチャーシュー丼350円 生卵のせ50円増
       ヒルメシタイム11:00~14:30 すべてのご飯メニューが50円引き
【店舗web】https://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。