--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-14

反町 横浜家系ラーメン中島家

平成29年5月14日(日) 11:51訪問
ラーメン680円+味付け玉子100円+ライス(小)100円を食す。

中島家、ああ中島家、中島家。
反町に移転してから初訪問。いきさつはともかく、あのどうにも行きづらい立地から考えたら、駅から徒歩数分の夢のような場所だ。
s-DSC01792.jpg

日曜日なのに仕事だ。横浜に行くのだが、ひと駅足を延ばして、反町へやってきた。ひと駅なのに底が深すぎて降りて上がって、時間がかかる。そして、家系ラーメンの名店にたどりついた。

中盛も考えたが、今日はラーメンライスな気分なので、ライスのボタンを押してみた。さらに味玉も追加。日曜出勤だの自分にぷち贅沢で報恩。
a href="http://yeria.blog45.fc2.com/img/s-DSC01793_20170627210658877.jpg/" target="_blank">s-DSC01793_20170627210658877.jpg

店内は清潔で、厨房にはあの男性店員が淡々と調理中。お久しぶりです。もちろん話をしたこともありません。生姜が標準で備えてあるのがうれしい。昼少し前で半分くらいの客入り。
s-DSC01794_20170627210154652.jpg

まずはライスがやってきた。これがきたってことはラーメンの出来上がりも近いぞ。
s-DSC01795_20170627210155bb9.jpg

いまどきの深ざるではなく、平ざるでていねいに湯切りをするのが、真の家系だ。お好みはすべて普通でお願いして、出来上がり。
s-DSC01796_20170627210157827.jpg

スープは甘すぎず、しょっぱすぎず。かといってマイルドではない、力強さ。鶏油の加減も絶妙で、もう絶品と思えたのは、最近家系的ラーメンばかりだったからだろうか。
s-DSC01797.jpg

この麺もいい。やや固めのような気がするが、それがまたいいんだな。
s-DSC01798_20170627210700327.jpg

仕事が控えているので、残念ながら、ニンニクは試せなかったのだが、おろしショウガだけでも十分グッド。
s-DSC01799.jpg

そして、海苔がまたいい。ちゃんと潮の香りがするのだ。このために追加したライスを巻いて食う幸せをかみしめる。
s-DSC01800.jpg

ワイルドなチャーシューは、燻製ではないけど、これも嫌いではない。肉厚で楽しい。
s-DSC01801_20170627210703d9e.jpg

やや固めの味付玉子。
s-DSC01802_20170627210704a23.jpg

もうどうにも止まらず、スープも飲み干して、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC01803_20170627212851d4d.jpg

店主の顔をみたせいもあるが、何かほっとするラーメン。さあて、これから仕事に精を出すかな。
s-DSC01804_20170627212852bbe.jpg

【住所】  横浜市神奈川区反町1-5-12 シティコープ反町 1F
【電話】  045-313-1176
【営業時間】11:00~21:00 
【定休日】 火曜 
【アクセス】電車で:東急東横線反町駅から徒歩3分くらい。駅を出たら、目の前の国道1号線を右に進む。線路をくぐり、反町交差点を右折。そのまま、まっすぐ進んだ右側。田ぶしの手前。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター15席
【メニュー】ラーメン680円 ラーメン中盛780円
      ラーメン大盛880円
      のりラーメン780円 キャベツラーメン830円
      ネギラーメン830円 レタスラーメン830円
      合わせ野菜ラーメン880円 チャーシューメン880円
      のりチャーシューメン980円 キャベツチャーシューメン1,030円
      ネギチャーシューメン1,030円 
      ライス(小)100円
      味付け玉子100円 のり100円 キャベツ150円
      ネギ150円 レタス150円 合わせ野菜200円
      チャーシュー200円 薬味増し100円
      ほうれん草増し150円
      麺中盛100円 麺大盛200円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-13

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成29年5月13日(土) 20:28訪問
副産物そば750円+自家製煮玉子100円を食す。

土曜日でも仕事。休んでもいいのだが、何でも自分でやりたい性分なので人に任せられない。まっしかたないか。そんな日の夜はたまには、飯を食って帰ろうかな。横須賀中央で下車。遅い時間だけど、やっているかな。と思ったら、Z旗があがっていて開いていた。
s-DSC01791_20170625192354cdc.jpg

「まいど」の声に誘われて、カウンター席について、口頭で発注。 中盛まで無料なのだが、最近はもう何も言わなくても麺量は中盛で、一応軽く確認がある程度だ。
s-DSC01790_201706251928299f1.jpg

今回は先回迷ったこのメニュー。副産物そば。鶏と煮干のスープ。一条流がんこ家元ご指導だそうだ。しかもあるときだけの提供。

s-DSC01779_20170625192355807.jpg

すぐに作りはじめ、すぐに提供された。前回よかったので、今回も煮玉子を追加した。
s-DSC01780_20170625192356d40.jpg

スープは、いつもの煮干だけに比べると、ゆるやかな寛がりのある印象。やはり、異なる由来の出汁を加えると、思いのほかの相乗効果が出るようだ。
s-DSC01781_20170625192358442.jpg

そして、食ううちに癖になるぼそっとしたストレート麺。噛みごたえがあって、よく噛むとさらにうまい。
s-DSC01782.jpg

よろしかったらどうぞ、と後から提供されたすりおろしショウガ。これは、ありがたい。
s-DSC01783_20170626233646330.jpg

このくらいが、ちょうどいい。これはうまい。ショウガは本当にすばらしい。
s-DSC01784.jpg

チャーシューは2種類。鶏のチャーシューは嫌味がなく、淡白なうまみで、このくらいの大きさがちょうどいいんだな。
s-DSC01785_20170626233649a78.jpg

こっちは大きいのがうれしい、レアチャーシュー。噛みごたえあって、肉のうまみが広がる。
s-DSC01786.jpg

以前は甘すぎる味付けだと思っていたが、最近そうでもなくなってきたメンマ。
s-DSC01787.jpg

最後の楽しみは玉子。とろっと飛び出た黄身がたまらなくうまい。また頼んでしまいそうだ。
s-DSC01788_20170627203948782.jpg

今日も完食。ごちそうさま。
s-DSC01789.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。
【駐車場】 なし



【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1
【メニュー】煮干そば  あっさりダシ 650円
       強火で炊き込んだ“煮干100%”のダシ。煮干が全面に出ている一杯です。
       苦手な方はご遠慮を
       基本の味=醤油 塩もあります

      黒煮干そば750円
       ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険。初心者進入禁止。
       醤油を三枚肉や香味野菜で煮詰めた“たまりダレ醤油”をタレにし、煮干しダシと合わせています。醤油がガツンと効いているダシです。

      煮干油そば 淡麗仕立て 750円 濃厚仕立て800円 (油そばは汁なしです)  
       ※油そばは自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
         より濃厚にするなら卵黄50円
       ※麺量 並1.5玉 大盛2玉150円増し
       基本の味=醤油&塩 冷&塩もございます
 
      ◇トッピング
       全乗せ200円(豚バラ、煮玉子、海苔2枚)
       自家製煮玉子100円
       人気の燻製うずら玉1こ40円
       刻みネギ100円
       海苔5枚100円
       吊るし焼き燻製焼豚150円
       わかめ50円
       バラ海苔まみれ150円

      麺の量
       少な目 50円引
       並盛150g
       中盛190g0円 
       大盛300g200円
       追い玉150g150円 
        ※油そば的替玉

      ミニ丼
       ライス100円(11:00~14:30は50円)
       葱丼120円 生卵ネギ丼200円
       葱めかぶ丼200円 鶏そぼろ丼250円
       山芋とろろご飯290円

【店舗web】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-12

かしわ台 麺屋万年青

平成29年5月12日(金) 12:00訪問
塩とんこつ670円+味玉100円+替え玉100円を食す。

この日は座間で仕事。意外とラーメン屋が乏しいエリアのようだ。気がついたら座間ではなく、綾瀬に入っていた。久しぶりにやってきた麺屋 万年青。といっても、移転前のことなので、ここに越してからは初訪問だ。
s-DSC01764_20170625131820b37.jpg

ラーメンはかなり種類が多い。
s-DSC01766.jpg

ランチセットもある。さあて何を食うか。これは、迷い始めるときりがないぞ。
s-DSC01767.jpg

結局、当店イチオシ!のPOPにしたがって、塩とんこつにしてみた。入口近くの食券自販機にて食券購入。
s-DSC01769_2017062513182623f.jpg

先客は2名。カウンター席について、食券を渡す。陽気そうな店主の男性が常連客と会話しながら調理を開始。どうやら、常連客は汁なし担々パクチーのせを食っているようで、パクチーについての評価を楽しそうに話し合っている。パクチーって、あうのかな?


カウンターの上は調味料類がひととおりそろっている。
s-DSC01770_20170625132629379.jpg

そうこうしているうちに俺のラーメンが完成。
s-DSC01771.jpg

以前食った時と変わらない印象だ。スープは、すり白ゴマとマー油のような香ばしいニンニク風味の油が浮いている。シンプルそうだけど、コクがあって、なかなかの味わい。
s-DSC01772_20170625132632cc8.jpg

麺は細めのストレート麺で、九州ラーメンみたいな印象だ。ぼそっとした食感は悪くない。ちょっと麺の量は少なめに感じる。
s-DSC01773_201706251326335f5.jpg

チャーシューは、柔らかくてうまみがある。もう少し厚みがあるとさらにうれしい。
s-DSC01774.jpg

うまい。しかし、もの足りない。そうかそんなときのための替え玉。この場合は、食券を買わず現金でOK。固めで発注した。
s-DSC01775_20170625182852662.jpg

具がなくなりさびしくなったので、卓上のすりごまをふりかけてみた。固めの麺がいい食感だ。つるつる、どんどん食い進む。
s-DSC01776_20170625182853d7d.jpg

最後まで残しておいた味玉。やや固めの半熟具合で、味つけもほどよい。
s-DSC01777_20170625182854d14.jpg

コクがあるのに、しつこくない。こってりしすぎない。ついつい替え玉までいってしまったが、完食。ごちそうさま。
s-DSC01778_201706251828569bc.jpg

いろいろなメニューがありすぎて、かえって選びづらいけど、それはそれでリピート客には楽しい。特徴が見えにくくならないようがんばってほしい。
s-DSC01765_20170625184051f63.jpg

【住所】  綾瀬市小園1030-2
【電話】  0467-78-1801
【営業時間】11:00~15:00 17:00~21:30
【定休日】 無休
【アクセス】車で:
【駐車場】 店舗前2台 店の横に4台


【席数】  カウンター8席 テーブル1卓4席 壁向かい席2席
【メニュー】ゴマ坦々麺820円 鶏醤油らーめん700円
      とんこつ醤油大盛770円 とんこつ醤油670円
      塩とんこつ670円 スパイシー麺780円
      鶏醤油らーめん大盛800円
      とんこつ醤油チャーシュー大盛980円 とんこつ醤油チャーシュー880円
      塩とんこつチャーシュー880円
      つけめん770円
      煮干し醤油らーめん750円
      魚介とんこつ700円
      みそらーめん770円 塩らーめん750円
      つけめん大盛870円
      冷し塩らーめん800円 油そば700円
      ざるらーめん660円 
      あやせブタッコリ~麺780円

      メンマ100円 ネギ150円
      のり100円 味玉100円
      ワンタン3コ100円 チャーシュー210円
      ギョーザ4コ200円 ギョーザ6コ300円
      ブタッコリ~ギョーザ4コ250円
      肉みそごはん160円 とりマヨごはん160円
      チャーシューごはん160円 チャーシューごはん160円
      ライス(大)160円 ライス(小)100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-11

相模大野 肉屋的濃厚そば 麺屋沼田

平成29年5月11日(木) 12:27訪問
濃厚鶏×鰹つけめん800円を食す。

今日は相模大野で仕事。仕事を終えて、お疲れ様ラーメンを食う。さあて、どこにしようか。ふらふらと駅前まで戻ってきて、このビルに吸い込まれてみた。相模大野モアーズ。飲食店は6階にある。
s-DSC01743_20170625100721ac0.jpg

この日は辛麺真空という店がちょうど開店した日で、店員が懸命に呼び込みをしていた。決して涼しくはないので、大量に汗をかくことが予想される辛麺はやめておこう。

そして、消去法で残ったのはあと1軒。おっとこちらは肉酒場。ちとボリュームがありすぎ。
s-DSC01745_201706251007231c1.jpg

こっちこっち。肉屋的濃厚そば。何が肉屋的かはわからない。
s-DSC01746_20170625100724dac.jpg

メニューは、こんな感じ。ちなみに右が肉酒場で左が麺屋。どちらも同じ経営で隣り合っている。厨房どうしもつながっているようだ。
さあて、何を食うか。普段なら濃厚醤油鶏白湯らーめんか肉屋の肉そばを選ぶのだが、今日はどちらもあまり気分がのらない。そこで、右下のつけめんを選択した。
s-DSC01747.jpg

入口近くに食券自販機があるので、食券を購入してカウンター席に座り、厨房にいる元気な女性店員に食券を渡す。
カウンターにはこんな解説が貼ってある。肉屋が創ったラーメン屋なので、肉にこだわりがあるみたい。
s-DSC01748.jpg

さらに調味料は黒七味やフルーツ酢など個性的なとり揃えが並ぶ。ほかに激辛ニラ、自家製辛味、白胡麻、刻みニンニクにホワイトペッパー。
s-DSC01749.jpg

そして、少し時間がかかって俺のつけめんができあがり。魚粉が海苔の上にのるスタイルはありがちかな。麺の上にチャーシューが2種類。さすが肉屋的。
s-DSC01751_20170625102154470.jpg

では、食ってみよう。
s-DSC01752_20170625102156ada.jpg

スープは濃厚な鶏白湯に鰹節粉が混じっていて、甘みのバランスがいい。普通にうまい。
s-DSC01753_20170625102157a11.jpg

長~い穂先メンマはちょうどいい固さと味付け。
s-DSC01754_201706251021586c1.jpg

2種のチャーシューは、まずは鶏から食ってみよう。癖がなくて、柔らかい。さすが肉屋のチャーシュー。
s-DSC01755.jpg

もう一方のチャーシューは、炙りの入った香ばしい仕上げ。もっと大きいとうれしい。
s-DSC01756_20170625103318b96.jpg

麺は普通盛りだとあっさりと終わるくらいの量。スープ割りをお願いすると、専用の容器に入れて提供してくれる。
s-DSC01760_201706251033197f0.jpg

さっぱりと魚介風味にしあがって、うまい。
s-DSC01761.jpg

完食してごちそうさま。
s-DSC01762.jpg

肉屋的濃厚そばは、結局濃厚鶏白湯の店だった。
s-DSC01763_20170625103324f2d.jpg

【住所】  相模原市南区相模大野3-9-1 相模大野モアーズ 6F
【電話】  042-705-3464
【営業時間】11:00~15:00 18:00~24:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:小田急線相模大野駅から徒歩1分くらい。北口に出て、右方向にあるモアーズの6階。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター10席
【メニュー】濃厚醤油鶏白湯らーめん900円 肉屋の肉そば880円
      濃厚鶏白湯らーめん700円 沼田の台湾まぜそば900円
      濃厚鶏×鰹つけめん800円 濃厚鶏×鰹辛つけめん850円
      淡麗鶏骨醤油らーめん700円ほか

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-09

鴨宮 小田原らーめん いしとみ

平成29年5月9日(火) 13:44訪問
ワンタンメン900円を食す。

「今度、(飲みに)行こうぜ」とつい軽く言っても、ほとんど果たされない約束。同じようにいつか行こうと思っている店ほど、なかなか足を運べないものだ。ということで、今日は出張の足を少しのばして、この店にやってきた。小田原系の名店、いしとみ。
s-DSC01742_20170621233808a53.jpg

こんな時間でも、しっかりと先客がいる。しかも食っている間もぽつりぽつりと客がやってくる。さすがの人気店。引き戸を引いて、店内に入ると手慣れた感じの女性店員と厨房にはこれも手慣れた感のある調理担当の男性店員の2人体制。この後の仕事もあるので、軽めにワンタンメンを口頭で発注。

麺茹では、大きな鍋に麺を直接泳がせて、湯切りは平ざるで行う。昔はみんなこうだったんだけど、最近はほとんどがいわゆるデポで湯切りなので、かえって新鮮に映る。手際よく仕上げて、カウンターにのせられた。写りは悪いけど、カウンターの使いこんだ具合が歴史をかんじさせる。
s-DSC01733_20170622231334ec7.jpg

麺が見えないたっぷりのスープにもやし、のり、三つ葉、にメンマ、そして刻みネギ。
s-DSC01734_20170621233810335.jpg

では、濃い色のスープからいただくことにする。表面の油を混ぜながら、口に運ぶ。久しぶりに味わう小田原系。出しゃばらないけど、しっかり存在感のある豚骨のスープに独特の醤油味がたまらない。とがりすぎず、かといって小田原系の代表選手として、決して控え目すぎることもなく、老成されたバランス感がたまらない。
s-DSC01735_20170621233811982.jpg

そして、この麺。この縮れがたまらない。これは、よく茹でたほうがいい具合だ。だから、麺固めでなどと発注してはいけない。あくまで、店の嗜好に合わせるべきだ。
s-DSC01736_20170621233812f45.jpg

チャーシューも黒ずんでいるが、このスープと相性がとてもいい味付け。というより、チャーシューの煮汁をタレにしているかのようだ。ややパサパサ感はあるが、それもまたこのラーメンに合っている。
s-DSC01737_20170621233814606.jpg

そして、小田原系といえば、このワンタン。たっぷりの餡に大きい皮のぷにっとした感触がたまらない。ショウガ風味の中身もおいしくって、ボリュームもたっぷり。麺をすすり、スープを飲み、タイミングを見計らってこのワンタンを食うときが至福の瞬間だ。
s-DSC01738.jpg

濃い色合いのメンマは、色と同じくやや濃い目の味付け。でもうまい。
s-DSC01739.jpg

次の仕事が控えていることもあり、あまりゆっくりもできずなかったので、残念ながらスープは残した。
s-DSC01740.jpg

でも、この時間でも、いやこの時間だからか、腹ペコさんはいるもので、フルスペックのチャーシューワンタンメンの大盛りの客もいた。

久しぶりの小田原ラーメンだったが、今日は本当にラッキー。すっきりとして、コクのあるスープに独特の縮れ麺。そして、餃子を想わせるワンタンにチャーシュー。値千金の役者ぞろいの小田原ラーメン。
ごちそうさまでした。
s-DSC01741_20170622232549b1c.jpg

【住所】   小田原市酒匂1-23-31
【電話】   0465-47-2783
【営業時間】 11:30~20:00頃
【定休日】  水曜日
【アクセス】 電車で:JR東海道線鴨宮駅より徒歩15分くらい。改札を出て南口に出る。階段を下りたら、左に進む。線路と平行するように走るバス通りを左に進み四叉路を右に進む。少し進んで西湘高校入口交差点を左折して少し進んだ左側。
【駐車場】  南側の月極駐車場に3台、北側に約50m離れて4台

【席数】   カウンター15席

【メニュー】ラーメン700円 支那竹ラーメン850円
      ワンタンメン900円 チャーシューメン1,000円      
      チャーシューワンタンメン1,100円 
      ワンタン800円 チャーシューワンタン1,050円
      みそラーメン750円 みそチャーシューメン1,050円
      ねぎらーめん800円 ねぎわんたんめん1,050円
      ねぎちゃーしゅう1,100円 ねぎちゃーしゅうわんたんめん1,250円
      ねぎみそらーめん850円 ねぎみそわんたんめん1,100円
      ねぎみそちゃーしゅうめん1,150円 ねぎみそちゃーしゅうわんたんめん1,300円
      チャーハン・カレーライス700円
      ライス200円 半ライス100円
      ギョウザ400円
      ゆでワンタン400円

      ギョウザセット(ラーメン+ギョウザ+半ライス)950円
      カレーセット(ラーメン+半カレー)950円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。