--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-03-07

上永谷 天下一品 上永谷店

平成30年3月7日(水) 12:10訪問
ギョーザ定食980円を食す。

ふとした瞬間にどろっとしたスープのここのラーメンを思い出すことがある。久しぶりに思い出したら、どうしても食ってみたくなった。ちなみに大好物というわけではない。
s-DSC02163_20180321173501c49.jpg

元気だけど、少しつっけんどんな女性店員にカウンター席を案内され、先客の間に割って入るように座った。

さて、何にしようか。たまには定食にしてみよう。ここは迷わずギョーザ定食を口頭で発注した。
ラーメンはこってりとあっさりと中間が選べるのだが、これも迷いなくこってりを選択した。
s-DSC02164_20180321173503d48.jpg

少し待って、全員集合。
s-DSC02166_20180321173506c8a.jpg

このとろみのあるスープがたまに会いたくなる魔性のこってりスープ。味わうというより、怖いもの見たさみたいな感情を持ちながら麺に絡めて食ってしまうんだよな。
s-DSC02167_201803211735072ca.jpg

薄いけど、大きさは妙に立派なチャーシュー。味は普通。
s-DSC02168_20180321173509992.jpg

ギョーザは、冷凍ものと思われ、いわずもがな。スープは故なき罪悪感で、完飲しなかった。
s-DSC02169_2018032117350066d.jpg

また、忘れた頃に食いたくなるかな。しかし、いつの間にか駐車場がなくなっていたので、コインパーキング400円払って食うのはちと高いかな。1,000円以上の会計で一部駐車サービスがあるようだ。

住所】  横浜市港南区上永谷2丁目11-1
【電話】  045-840-5307
【営業時間】11:00~18:00      
【定休日】 毎週木曜日 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄上永谷駅徒歩5分。改札を出たら、右折し階段を下り、一方通行路を左へ。 信号を右に曲がり、目の前の環状2号を渡ると大きなマンションがあるが、そこの1階。
      車で:環状2号線を新横浜方面から磯子方面へ向かい、上永谷駅入口交差点のすぐ近くの左側。あらかじめ左車線に寄っておいた方が、よい。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター7席。テーブル4人×2席
【メニュー】ラーメン並720円 大860円
      チャーシューメン並920円 大1,060円
      キムチラーメン並870円 大1,010円
      ネギラーメン並840円 大980円
      煮玉子ラーメン並820円 大960円
      メンマラーメン並820円 大960円
      ◇トッピング
      チャーシュー200円 煮玉子100円 メンマ100円
      キムチ150円 ネギ120円 のり100円

      ライス並180円 大230円 小150円
      ギョーザ310円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-03-04

北久里浜 はまんど横須賀

平成30年3月4日(日) 12:06訪問
あご出汁ラーメン930円を食す。

3月の限定ラーメンを食いにやってきた。日曜日の昼時は満席で、店内で空くまで待つことにする。
s-DSC02142_20180318110425622.jpg

今月の期間限定は、アゴ出汁ラーメン。あごだしは、いわゆる飛魚でとった出汁のことだ。しゃくれじゃない。
s-DSC02143_20180318110426477.jpg

価格改定のお知らせ。3月1日から全麺類一律20円の小幅値上げだそうです。
s-DSC02145_20180318110429438.jpg

店内で待って、ようやくカウンターに案内された。今回も中盛りで発注。そして、カウンターに俺のラーメンがのせられた。いつものことながら麺を覆い尽くす具の数々。素敵だ。
s-DSC02146_201803181104445b7.jpg

黄金色の透明なスープ。飲んでみると、やっ、このスープはうまい。見た目にかかわらず、はっきりとしたうまみが広がる。雑味がなくって、うまい。
s-DSC02147_20180318110446c54.jpg

これまたいつものように長めの細麺。啜りが楽しい。具が多いので、スープと麺と具を食うバランスを考えないといけないのだ。
s-DSC02148_20180318110447f37.jpg

春らしくたけのこ。
s-DSC02150_2018031811044965c.jpg

これも春らしいなばな。
s-DSC02152_20180318110452bfa.jpg

柔らかくて、噛みごたえが優しい白キクラゲ。これが好きなんだよな。
s-DSC02151_201803181104503e4.jpg

これも好き。ばらのり。スープに適当に溶かして啜ると、潮の香が広がる。
s-DSC02154_20180318110431fdb.jpg

ここのラーメンにのるのはめずらしいと思う、クコの実。ちょっとしたアクセント。
s-DSC02155_20180318110432ec9.jpg

アクセントといえば、これ。柚子。適度なタイミングでスープに絡めると、独特の風味がアゴ出汁スープとよく合うんだよな。
s-DSC02153_20180318110453801.jpg

では、次は肉シリーズ。いつものチャーシュー。気のせいかだんだん小さくなっていくように思える。まあ、不足だったら、追加すればいいんだけどね。
s-DSC02158_20180318110437334.jpg

そして、ゆで鶏。このスープにぴったり。柔らかくて、癖がなくうまい。
s-DSC02157_2018031811043588e.jpg

これも好物のつみれ。今回は鶏ではなく、豚ひき肉。よって表記も豚肉団子となっていた。
s-DSC02159_20180318110438e7c.jpg

香辛料が効いていて鶏よりも荒々しい印象のうまさだ。
s-DSC02160_20180318110440fe6.jpg

もちろん、いつもの玉子半分もしっかり入っている。
s-DSC02156_20180318110434ddc.jpg

スープ、麺、時々具で食っていたら、具が余りそう。そのくらい基本がうまいのに、この大盤振る舞いの具だくさん。しかも中盛無料で、もう腹いっぱい。世の中、少ない種類の具材を大量に投入して腹一杯にするいわゆる大盛りメニューはあるが、ここまでいろいろな種類のうまみを一杯で味あわせてくれて、しかも満腹は、唯一無二ではなかろうか。謙虚だけど、大胆な仕事ぶりが好きなんだよな。

もちろん、敬意を表して完食。ごちそうさまでした。
s-DSC02161_20180318110441f1b.jpg

風が強くて寒いので、早く入れるといいね。
s-DSC02162_201803181104431af.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
マップコード 306 576 899*74
【駐車場】 隣地に2台分

【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-03-01

下永谷 環2家

平成30年3月1日(木) 11:35訪問
ラーメン680円+味玉100円を食す。

2月はいつも以上に内勤が多くて、ラーメンは結局4杯しか食べられなかった。
そして、3月は初日から外出。幸先がいい。駐車場も案外空いていた。
s-DSC02134_20180304155508bae.jpg

やはり食券は色付きのプラスチック札に限る。俺はオレンジの食券に味玉。
s-DSC02136_20180304155608fb6.jpg

「何かお好みありますか?」。
「油少なめの麺固めで、お願いします」。

以前と違って、テボという深ざるで麺を茹でるので、麺の固さにあまり順番は関係しないのかもしれない。5人前のドンブリがセットされて、やがて俺のラーメンがカウンターにのせられた。
s-DSC02137.jpg

油少なめなので、あっさり。早めに3点セットをのせる。大好きなおろし生姜に、ブラックペッパー、仕事なんて気にしない、行者ニンニク。これがうまい。やはり、ベースの豚骨スープが力強いからだな。
s-DSC02138_201803041555119f5.jpg

そして、チャーシューメンにしなかったことを公開するくらいスモーキーでうまいチャーシュー。
s-DSC02139_20180304155512706.jpg

味玉は意外と普通だった。
s-DSC02140_20180304155513d6e.jpg

すみません。最後は少しスープを残して、ごちそうさま。
s-DSC02141_20180304155506058.jpg

【住所】   横浜市港南区下永谷3-3-21
【電話】   045-825-3195
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:環状2号線を新横浜から磯子方面に向かい、国道1号を越え、環2水田交差点の手前、左側。
【駐車場】 店横に5台+4台

【席数】  カウンター20席
【メニュー】ラーメン680円 中盛ラーメン780円 大盛ラーメン910円
      チャーシューメン780円 中盛チャーシューメン950円
      大盛チャーシューメン1,030円

      辛みそネギ150円 のり100円
      味玉100円 キャベツ150円
      きくらげ100円 玉ネギ100円
      
      ライス120円 ライス中盛+50円
      玉子まぶし丼140円 野菜畑200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-02-27

横浜 本丸亭

平成30年2月27日(火) 14:22訪問
本丸塩らーめん850円+塩煮たまご100円を食す。

仕事で横浜にやってきた。あまり楽しくない仕事が続くので、こんな時にはうまいラーメンだ。
久しぶりにやってきた。
s-DSC02132_2018030414554683a.jpg

本丸亭といえば塩ラーメン。今日の一杯は、やはり店名のついた塩らーめんに煮たまごをプラス。

あまり待たずにカウンターに置かれた。

スープがうまい。コクと広がりがたまらない。

春菊は最初に浸しておく。

縮れ麺のコシとぷりっとした食感がスープにぴったり。
s-DSC02127_20180304145538352.jpg

柔らかで肉厚のチャーシューはあっさりのスープに力強い味わい。
s-DSC02128_2018030414553982a.jpg

一つだけ入っているワンタンが、品よくこのラーメンをまとめている。
s-DSC02129_2018030414554155a.jpg

半熟の煮玉子もあっさりとした味にしあがっていて、とろりとした黄身が何とも好みだ。
s-DSC02130_201803041455438ef.jpg

至福の一杯。ごちそうさまでした。
s-DSC02131.jpg

【住所】  横浜市神奈川区鶴屋町1-7-2
【電話】  045-314-0890
【営業時間】11:00~15:00 17:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:JR・京浜急行横浜駅きた西口から 徒歩5分くらい。鶴屋橋を渡り、郵便局を左手にみながら直進。鶴屋町2丁目交差点を右折した右側。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター12席
【メニュー】本丸塩らー麺850円 赤丸塩らー麺950円
      鶏三昧塩らー麺1,050円 梅鶏塩らー麺1,050円
      海老ワンタン入り塩らー麺1,150円
      チャーシュー入り塩らー麺1,250円
      ゆず つけ麺950円
      大盛150円
      ◇トッピング
      塩煮たまご100円 バター100円 コーン100円 春菊100円
      紀州南高梅100円 のり100円
      白髪ねぎ200円 肉ワンタン200円 バターコーン200円
      鶏チャーシュー200円
      海老ワンタン300円 辛味ねぎ300円 鶏つくね300円ほ
      ◇天心
      本丸焼き餃子450円 ネギたっぷり焼き餃子600円
      水餃子500円 肉ワンタン皿400円 海老ワンタン皿600円
      
      ミニまんま丼300円 お茶漬けセット200円 ごはん150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-02-18

北久里浜 はまんど横須賀

平成30年2月18日(水) 12:01訪問
ねぎ味噌ラーメン890円を食す。

ラーメンが嫌いになったわけじゃない。体が拒否しているわけでもない。塩分制限があるわけでもない。
なのに、なぜかラーメンを食う機会が遠のいてしまっていた。
そして、ようやくやってきた、いつものはまんど。店内は満席で、J:○○Mというロゴの入ったバッグを下げた日曜日もお仕事をされている勤労者の後に並んだ。
s-DSC01909_20180301211216d19.jpg

約10分待って店内に入れた。日曜日の昼時はもっとも混む時間なのだ。入る前から決めていた、2月の限定メニューの食券を購入。ここで、またしばらく待つ。
s-DSC01911_20180301211218a8a.jpg

たくさんのメニューを手際よく作る様は相変わらずで、待つのは麺の茹で時間×注文数に近い。毎度のことながら、中盛で発注。

どんな味噌ラーメンが出来るのか、とても楽しみ。そして、カウンターにのせられた。相変わらずの具だくさん。一体どれだけの具が乗っているのやら。
s-DSC01912_20180301211220ced.jpg

濃厚な色合いにもかかわらず、意外とさらっとしたスープなのだが、後から軽やかな辛味が追いかけてきて、やはり一筋縄でいかないタイプだ。
s-DSC01913_201803012112213dc.jpg

あえて味噌ラーメンに平打ち麺をもってくるようなところがこの店の魅力だ。
それで、合うのかって?
スープが先か、麺が先か。どちらから先に作るかって?それは歌の歌詞と曲のようなもの。作詞も作曲も同一人なので。
s-DSC01914_20180301211222837.jpg

じゃあ、乗っているものを紹介する。まずは、ねぎみそ。ネギに辛味噌をあえて、すりごまをかけてある。ピリ辛なので、味噌によく合う。
s-DSC01918_201803012112286d2.jpg

そして、これも味噌ラーメンならではの具。豚ひき肉にザーサイと玉ネギの炒め物。これも味噌の味わいを広げてくれる。
s-DSC01917_20180301211227324.jpg

まだまだあるぞ。わかめ。
s-DSC01915_201803012112241be.jpg

これも意外といいアシストのにら。
s-DSC01916_201803012112252ca.jpg

きくらげ。
s-DSC01919_20180301211230629.jpg

チャーシューにのったおろし生姜も少しずつスープに溶かして味わうと、これまた美味。
s-DSC01923_20180301211236240.jpg

もちろん、いつものチャーシューも変わらぬうまさ。
s-DSC01924.jpg

食いながら気がついた。この味噌スープのコクがあるのは、この背脂のせいなんだ。軽やかだけど、しっかりコクがあって、辛味を支えていけるスープだ。
s-DSC01921_20180301211233c85.jpg

スープに埋没して、その背脂がついちゃった玉子。でも、うまし。
s-DSC01922_20180301211234b03.jpg

今回もさまざまな具を楽しみながら、腹いっぱいになった。作り手に感謝しつつ、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC01925_20180301211239e88.jpg

味噌ラーメン堪能して、汗と鼻水で垂らして店を出ると、寒風を耐え忍びつつ、一杯のラーメンを求める外待ち客4名。「お先に~」。
s-DSC01926_2018030121121312e.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
マップコード 306 576 899*74
【駐車場】 隣地に2台分

【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。